ひとつのIDでさまざまな施設の順番待ち・予約が可能

EPARKグループ

熱が出る症状から病気を調べる

熱が出る

「熱が出る」症状は、主に体温が平常よりも高くなる、寒気・悪寒を伴った発熱、咳・のどの痛みを伴った発熱、頭痛を伴った発熱、鼻水・たんを伴った発熱、息切れを伴った発熱、倦怠感を伴った発熱、数日間続く高熱などの状態にあたります。
疑われる病気は、感冒(風邪症候群、風邪)、流行性感冒(インフルエンザ等)、白血病、熱中症、デング熱、悪性リンパ腫、髄膜炎などが考えられます。
主な受診科目は、内科、血液内科、神経内科です。
医院・クリニックでは、風邪が疑われる場合には問診、触診、聴診で診断することが多く、インフルエンザが疑われる場合には問診、検査キットを使ったインフルエンザ迅速検査、白血病・悪性リンパ腫が疑われる場合には血液検査、骨髄検査、超音波検査、CT検査などを実施する可能性があります。
症状によって考えられる病気は年齢や持病歴によってさまざまです。
症状がひどい、症状が続くなどございましたら、お早めに地域の医院を受診するようにしてください。

熱が出る症状に関する記事