ひとつのIDでさまざまな施設の順番待ち・予約が可能

EPARKグループ

おたふくかぜ

流行性耳下腺炎

目次
  1. 概要
  2. 症状
  3. 原因
  4. 検査内容と主な診療科目
  5. 治療方法と治療期間
  6. 治療の展望と予後
  7. 発症しやすい年代と性差

概要

おたふくかぜとは?

流行性耳下腺炎はおたふくかぜやムンプスともよばれます。
ご存知の通り、顔の頬の部分が腫れて、発熱するウィルス感染症です。

しかしながら、発熱については熱が上がらないケースもあり、また頬の腫れは両側とは限らず片側のみの場合もあります。
実際に腫れているのは、耳のそばにある耳下腺(じかせん)という組織です。

学校感染症のひとつで、おたふくかぜと診断された場合は頬の腫れが消えるまで出席停止になります。

治療については対症療法となりますが、現在は予防用のワクチンが開発されているので、未然に予防策がとれるようになりました。

症状

潜伏期間は2~3週間、症状が出現してからは1~2週間で改善する。

自他ともに認められる症状は、頬の腫れと発熱であるが、頬の腫れは両側とは限らず片側のみの場合もある。

また、発熱の症状がみられないケースもあり、確定診断のためには必要に応じて血液検査を行う。

頬の腫れについて、実際に腫れる可能性があるのは耳下腺をはじめ、舌下腺(ぜっかせん)・顎下腺(がくかせん)といった唾液を分泌する組織である。

これらの組織が腫れるのと同時に痛みを伴うこともある。

原因

原因となるのはムンプスウイルスである。

感染経路は、接触・飛沫によるもので感染力は強い。
特に子供の場合、日常生活の中で衛生的な対策を講じることは現実的にはなかなか難しい。
仮に手洗いやうがいを徹底していたとしても、たとえば、遊びの中で子供同士の接触があったり、くしゃみや咳をしたり、ということはごく普通に考えられる。

仮にまだ症状が現れていない潜伏期間中の患者が集団の中にいた場合は、この時点ですでに感染源となり得る。

検査内容と主な診療科目

流行性耳下腺炎は、耳下腺炎との判別を要するなどの理由で、確定診断をするために、必要に応じて血液検査が行われる。

唾液を採取して検査することもできるが、結果が出るまでに時間がかかる。

感染力が強く、髄膜炎や睾丸炎などの重篤な合併症を引き起こす可能性もあるため、疑わしい症状がある場合は速やかに医療機関にかかるべきである。

主な診療科目は、子供が感染するケースが多いため小児科、子供でなければ内科、あるいは耳鼻咽喉科も専門領域である。

治療方法と治療期間

治療は、症状に応じた対症療法となる。安静に努めるとともに、高い熱があれば解熱鎮痛剤の服用、そして栄養と水分の補給を行う。

1~2週間で症状は軽快するが、学生の場合は、学校保健安全法によりその間の学校は出席停止となる。

治療の展望と予後

流行性耳下腺炎は、対症療法で症状が軽快するケースがほとんどだが、中には合併症を引き起こす可能性もあるので注意が必要である。

合併症としては、髄膜炎・睾丸炎・乳腺炎などが知られている。

妊娠早期で罹患すると流産することもある。

発症しやすい年代と性差

厚生労働省が発表している平成26年患者調査(傷病分類編)によると、流行性耳下腺炎の総患者数は3000人である。女性よりも男性に多く、小学生以下の子供が罹患しやすい。

しかしながら、大人も同じように感染する可能性があるため、予防策としてワクチン接種を検討する価値は大いにあるだろう。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):