ひとつのIDでさまざまな施設の順番待ち・予約が可能

EPARKグループ

杉村久理 先生

杉村 久理先生

江北ファミリークリニック

東京都足立区江北5丁目-1-1

医院HP

メッセージ

当クリニックでは、地域のお子さまから高齢者の方まで、幅広い年齢層の患者さまに親しみを持っていただけるよう、分かりやすくて、ていねいな説明を行っております。治療をしていく上で、患者さま一人ひとりとの関係性を築くことが大切です。皆さまの笑顔と貢献できていると感じられる瞬間が何よりの喜びです。

地域医療の拠りどころとして相談していただけるよう、そして、患者さまの笑顔を引き出せるよう、しっかりと皆さまの健康をサポートしてまいります。

専門科目

内科
小児科
アレルギー科
呼吸器内科

経歴

産業医科大学医学部 卒業
順天堂大学医学部公衆衛生学教室 研究員
McGill University Occupational Health 留学

資格・所属学会など

日本救急医学会認定 救急科専門医

執筆・監修記事

病気

  • 食物アレルギー

    食物アレルギーは、「特定の食物が原因物質となるアレルギー疾患」です。蕁麻疹(じんましん)、発赤などの皮膚症状を中心に、さまざまな症状をきたします。腹痛などの消化器症状、喘息(ぜんそく)のような呼吸器症状が出るケースもあります。

    更新日: 公開日:

  • 突発性発疹

    突発性発疹は、「生後6か月~2歳ころの乳幼児」が高い確率で罹患するウイルス感染症です。38~40℃の高熱を伴いますが、高熱が出るわりに本人はある程度、元気なことが多いと言われています。ただ、ごくまれに髄膜炎、脳炎などの合併症をきたして危険な状態になる例もあります。

    更新日: 公開日:

  • COPD

    COPDは日本語名で慢性閉塞性肺疾患(まんせいへいそくせいはいしっかん)といいます。肺に慢性的な炎症がおこることで気道が狭まり、呼吸困難を招く病気です。喫煙の習慣を続けることによって発症します。炎症によって肺胞が壊れてしまうと治すことはできないため、治療によって肺をもとに戻すことは難しい症状で…

    更新日: 公開日:

  • 気管支喘息

    気管支喘息(きかんしぜんそく)は、「子どものアレルギー疾患」の1つとして広く知られています。成長するにつれて減少しますが、全員が改善するわけではありません。小児期に比べて、罹患率はずっと低いですが、成人の気管支喘息も存在します。「子どものアレルギー疾患」としては、ほかにアトピー性皮膚炎、食…

    更新日: 公開日:

  • ヘルパンギーナ

    ヘルパンギーナは子どもが夏にかかりやすい代表的な感染症の一つです。原因はコクサッキーウイルスやエンテロウイルスなどに感染することでおこります。症状はのどに水ぶくれができ、発熱などをおこします。のどに水ぶくれができ、発熱などをおこします。効果的な治療薬が開発されていないため、安静にすること…

    更新日: 公開日:

  • アレルギー性鼻炎

    アレルギー性鼻炎の原因は、「ほこり」「ダニ」などのハウスダスト、さらに花粉が主体となります。治療においては、一般的に「鼻水、鼻詰まり、くしゃみを抑える薬」「アレルギー反応を抑える薬」などを使用します。

    更新日: 公開日:

  • 手足口病

    手足口病は「子どもの夏風邪」の1つです。「発熱」「身体のだるさ」など、いわゆる「風邪の症状」が出ますが、より特徴的なのは皮膚症状です。「手のひら」「足の裏」「口の中」に水疱が現れる傾向にあります。このような特徴から「手足口病」と呼ばれています。 ただし、症状の現れ方には個人差があります。

    更新日: 公開日:

コラム