ひとつのIDでさまざまな施設の順番待ち・予約が可能

EPARKグループ

アトピー性皮膚炎

目次
  1. 概要
  2. 症状
  3. 原因
  4. 検査内容と主な診療科目
  5. 治療方法と治療期間
  6. 治療の展望と予後
  7. 発症しやすい年代と性差
医師

【執筆ドクター】

 板東 浩 先生

概要

アトピー性皮膚炎とは?

アトピー性皮膚炎は、あちこちの皮膚に原因のはっきりしない炎症が現れる病気です。Ⅰ型アレルギーと呼ばれるアレルギー反応(即時型アレルギー)による症状と考えられています。赤ちゃんから大人まで、幅広い世代が罹患します。
気管支喘息、アレルギー性鼻炎、食物アレルギーなどと並んで、広く知られるアレルギー疾患の1つです。
皮膚の炎症を伴い、かゆみのある湿疹が主な症状となり、よくなったり悪くなったりを繰り返します。
湿疹はおでこや目をはじめ、口、耳まわり、首やわき、手足の関節の内側に出やすく、かゆいからという理由でかき壊してしまうと、湿疹の範囲が拡大してしまう恐れがあります。
乳児の場合、頭や顔にできることが多く、まれに腕や足にも症状が見られます。患部の状態はじゅくじゅくしており、乾燥している範囲は少なくなっています。また、かゆみがないのが特徴です。
幼児期には首や腕、足といった関節部分に発症が見られるのが特徴です。赤ちゃんと比べて乾燥している部分が多くなり、ドライスキンとも呼ばれています。この頃になると湿疹にかゆみを感じるようになります。
成人の場合は主に上半身を中心に発症が現れます。顔に赤みを帯びることが多く、かゆみを伴います。患部は乾燥の範囲が広くなり、ザラザラとした質感になるのが特徴です。
家族の中に気管支喘息やアレルギー性鼻炎、食物アレルギーなどのアトピー体質を持つ人がいる場合、遺伝的な要因からアトピー性皮膚炎を発症することがあります。
患者自身が過去に何らかのアレルギーを患った場合も、病気にかかりやすい体質となっているため注意が必要です。
アトピー性皮膚炎は基本的になるべく早く、皮膚科を受診します。多くは診察・問診で診断をおこないますが、場合によっては血液検査、皮膚テストなどにより「何に対するアレルギーなのか」を調べます。
アレルギー反応が関与する皮膚症状にはアトピー性皮膚炎のほか、脂漏性皮膚炎、じんましんなどが存在します。掻き壊すと長期的には治りが悪くなるので早めに医療機関で治療を受けましょう。
皮膚への刺激もアトピー性皮膚炎を引き起こす一つの要因となります。皮膚を引っかくなどの物理的な刺激や、汗、汚れなどでも皮膚のバリア機能が損なわれます。

症状

アトピー性皮膚炎の代表的な症状としては、「湿疹」「かゆみ」「繰り返す」という3つがある。湿疹ではブツブツと盛り上がったり、赤みを帯びて水分の多いじゅくじゅくになったりとさまざまな状態が見られ、左右対称にできやすいとされている。
かゆみは乾燥や汗の刺激によって強くなる場合があり、かけばかくほど悪循環に陥るため、症状として何よりもつらいともいわれている。

治りづらく、慢性化しやすい

症状が現れてから大人は6か月以上、乳幼児では2か月以上続くと病院にて慢性と診断される。アトピー性皮膚炎はよい時と悪い時を繰り返す病気のため、治らずに慢性化しやすいのが特徴である。
症状をコントロールすることもアトピー性皮膚炎では大切となり、早い段階で炎症を抑え、肌の乾燥を防ぐためのスキンケアでうるおいを保つことも重要である。
悪化を防ぐため、お風呂に入ったときは体をゴシゴシ洗うことは避け、服や寝具はゴワゴワしていないものを選ぶなどして皮膚にはできるだけ刺激を与えないよう心がける。

重症度

アトピー性皮膚炎には、症状の度合いによって軽症から最重症までの重症度の目安が定められている。

軽 症

面積に関わらず、軽度の紅斑(こうはん),乾燥,皮膚の表層が角質片となってはがれ落ちる落屑主体(らくせつしゅたい)の病変など軽度の皮疹のみがみられる

中等症

紅斑,皮膚から盛り上がる米粒大ほどの発疹である丘疹(きゅうしん)、びらん(ただれ)、浸潤(しんじゅん:皮膚組織の内部深くまで進行すること)、同じ性質や大きさの発疹が長期間に渡って存在する苔癬化(たいせんか)など、強い炎症を伴う皮疹が体表面積の 10% 未満にみられる

重 症

強い炎症を伴う皮疹が体表面積の10%以上、30%未満にみられる

最重症

強い炎症を伴う皮疹が体表面積の30%以上にみられる
【引用】厚生労働科学研究・アトピー性皮膚炎治療ガイドライン2008

強いかゆみを伴う湿疹が長く続く

バリア機能の低下によって皮膚の内部にアレルゲンが侵入すると、免疫細胞はヒスタミンという物質を出す。ヒスタミンはかゆみや腫れを引き起こす原因物質となるため、我慢できないほどの強いかゆみや湿疹が現れる。
長く続く場合はアトピー性皮膚炎が進行している状態である。

皮膚の乾燥

アトピー性皮膚炎によって肌の水分を守るための角質層にすきまができ、水分が失われやすくなり乾燥肌になる。バリア機能が低下した乾燥肌の状態ではアレルゲン物質の侵入を防ぐことができず、アトピー性皮膚炎の症状が悪化する要因となる。

回復と悪化を繰り返す

アトピー性皮膚炎は、症状がよくなったり悪くなったりを繰り返すのが特徴。短期間で“治る”ということは難しく、根気よく治療をしていく必要があるため、症状を繰り返すのも判断のポイントとなる。

原因

アトピー性皮膚炎の原因は一つだけではなく、体質や環境などのさまざまな要因が重なって起こる多因子性の病気である。
どの要因が関係して病気が引き起こされているかは一人ひとりによって異なり、一つに絞って対策することが難しい。そのため、病院で検査をして原因をしっかりと把握し、対策することが重要である。

アトピー体質や皮膚のバリア機能の低下

体質に関する要因の一つに、アトピー体質や皮膚のバリア機能の低下があげられる。皮膚のバリア機能が低下することで、刺激や原因物質から肌を守ることができなくなり、皮膚の中への侵入してしまう。
その結果、アトピー性皮膚炎を新たに引き起こしたり、症状を悪化させたりすることにつながる。

アレルゲン(抗原)やストレス

環境に関する要因として、アレルゲン(抗原)やストレスが考えられる。アレルゲンにはダニやほこり、カビ、植物などがあり、それらによって皮膚が刺激されることで湿疹やかゆみが引き起こされる。
また、ストレスや寝不足、過労にも注意が必要である。ストレスなどは自律神経を乱し、心身に異常をきたしやすくなる。自律神経が乱れることで体の免疫系が過剰に働いてしまい、体のあちこちがかゆくなったり皮膚が炎症したりといったことにつながる。

接触しても感染はしない

アトピー性皮膚炎は、アレルギー体質や環境によって起こる。アレルギー症状は遺伝的な要因や持って生まれた免疫力が関わる。感染症ではないため、同じお風呂やプールに入ったり、肌に触れたりすることで発症することはない。

検査内容と主な診療科目

病院を受診する際、大人は皮膚科、子供は小児科を受診する。

大人の場合は、子供の頃にアトピー性皮膚炎を患っていて再発している可能性が高いため、皮膚科を受診して皮膚の状態を診てもらう必要がある。

一方、子供の場合はほかのアレルギー疾患が隠れていることも考えられるため、小児科を受診して全体的に診てもらう必要があるが、皮膚の状態が悪化している場合は湿疹などを最初に治すため、皮膚科を紹介されることもある。

問診

アトピー性皮膚炎であるか、別の疾患の可能性があるかを病院で判断するため、下記の内容を問診時に伝える必要がある。

1.炎症が起こっている箇所

赤ちゃん・子供・大人によって異なる発症部位に炎症が起こっているか否かを確認することで、医師が正確な診断をする手助けになる。

2.かゆみの有無

アトピー性皮膚炎の主な症状は湿疹やかゆみのため、かゆみの有無をしっかりと伝えることが重要である。それによって、早期発見・治療へとつながる。

3.症状が続いている期間

アトピー性皮膚炎の症状は慢性化しやすいことも特徴のため、大人は6ヶ月以上乳幼児では2ヶ月以上症状が続いているかも診断材料となる。

検査方法

アトピー性皮膚炎の診断には、問診のほかに「血液検査」と「皮膚テスト」といった検査をおこない、原因などを特定していく。

1.血液検査

血液検査では「白血球数」や「好酸球数」、「血清総IgE値」、「アレルゲン特異IgE抗体価」を調べ、体内に作り出された抗体量を調べる。

白血球数

アトピー性皮膚炎では黄色ブドウ球菌が肌に多く存在しているため、白血球数は上昇する。白血球数の上昇を確認することで、アトピー性皮膚炎なのか否かを判断することが可能である。

白血球数の数値は湿疹や炎症が治まっていくにつれて、正常化していく。

好酸球数

白血球の一種でアトピー性皮膚炎は重症化するにつれて、好酸球(こうさんきゅう)の数が多くなる。好酸球数を診ることで、アレルギー体質があるかどうかの判断材料となる。

>・血清総IgE値

ダニや食物といったアレルゲンによって上昇する抗体が、血清総IgE値である。重症化するにつれて値が高くなるものの、血清総IgE値だけではアトピー体質と判断しきれない。

アレルゲン特異IgE抗体価

ダニや食物に特異的に反応するIgE抗体を判断するためにおこなう検査が、アレルゲン特異IgE抗体価である。どの物質がアレルギーを引き起こしているかの原因把握に役立ち、適切な治療をおこなうために必要な検査である。

・皮膚テスト

皮膚テストでは「プリックテスト」や「パッチテスト」をおこない、アレルギーの原因物質を調べる検査方法である。

・プリックテスト

液化したアレルゲンを皮膚にたらし、アレルギー反応を起こすか判断するテストがプリックテストである。針で少しだけ皮膚に傷をつけることで肌への浸透を促し、赤みや湿疹の大きさでアレルギーの強さや原因を判断していく。数十分程度で結果が判明するのが特徴である。

・パッチテスト

アレルゲンを塗ったシートを皮膚に貼り、48時間後や72時間後の反応を見るテストがパッチテストである。重症化している場合や、治りにくい湿疹の原因把握に有効でプリックテストよりも詳しく検査することができる。

治療方法と治療期間

アトピー性皮膚炎の治療では、アレルギー反応や炎症の抑制、スキンケアを軸とした薬物療法が主な治療法となる。薬物療法は「外用療法」「内服療法」「保湿剤によるスキンケア」の3つがある。

1.外用療法

外用療法で使用される薬剤には、ステロイド外用薬や免疫抑制外用薬がある。
ステロイド外用薬は免疫反応を抑える働きがあり、軽微なものから重症まで複数の種類がある。医師から指示された量や期間を守ることが大切となり、中途半端に使用してしまうと症状を悪化させてしまう可能性もある。
免疫抑制外用薬にも免疫反応を抑える働きがある。ステロイド外用薬で症状が改善しない場合や、炎症が落ち着いてきた場合に処方される薬である。主に中等度のアトピー性皮膚炎に有効な治療薬である。

2.内服療法

内服療法では主に、かゆみを抑える働きがある抗ヒスタミン薬と、アレルギー反応や炎症を抑える働きがある抗アレルギー薬が投与される。アトピー性皮膚炎の症状は内服療法だけでは改善させることは難しく、外用薬の補助的な役割をしている。

3.保湿剤

アトピー性皮膚炎は皮膚の乾燥によって症状が悪化することもあるため、保湿剤を使って適度にうるおいを保つ必要がある。保湿剤にも保湿を目的としたものや、皮膚の保護を目的としたものがあり、軟膏やクリーム、ローションなどがあるので、医師とよく相談した上で処方してもらう。
お風呂などに入るときは刺激の少ない石けんを使用し、洗ったあとにすぐ保湿剤を皮膚に塗るなど、肌の乾燥を防ぐ。

予防

アトピー性皮膚炎では、日常生活から予防に気を配る必要がある。アトピー性皮膚炎が治ったとしてもアトピー体質は体に残り続けているため、さまざまなことに注意して過ごすことが重要である。

1.アレルゲンの回避

ダニやハウスダスト、花粉などアレルゲンとなる物質は再発のリスクにもつながるため、極力避ける。部屋の中を換気しながらこまめに掃除をおこない、アレルゲンを増やさないよう注意する。
花粉などは外出時に衣服に付着するため、外で十分に払ってから自宅に入るといったことも必要である。

2.肌を清潔に保つ

バリア機能が低下した皮膚からアレルゲンが侵入しないよう、肌を清潔に保つことも重要である。ボディーソープではなく刺激の少ない石けんを使用し、よく泡立てた上で手を使って優しく洗う。
泡が残ってしまうとバリア機能が低下した皮膚にとってはダメージになるため、しっかりと泡を洗い流す。
入浴後は早い段階で保湿剤などを使用して、皮膚をできるだけ乾燥させないようにする。

3.体や肌への刺激を減らす

体や肌への刺激はかゆみが増してしまうため、できるだけ少なくする。

服や寝具

服や寝具など、肌と接する機会の多いものは刺激(チクチクやゴワゴワ)がないものを選び、新品の場合は一度洗濯してから着る。

爪は短く切り揃える

皮膚に傷がつくとそこからさらにアレルゲンが侵入してしまうため、爪は短く切り揃えてできるだけ引っ掻かないように注意する。

食事

刺激物やアルコールはかゆみを悪化させる原因となるので、摂取はできるだけ控えて体自体への刺激を減らすよう努める。

ストレス

ストレスはアトピー性皮膚炎の症状を悪化させることにつながる。なかなか治らない、状態がよくならないからといって必要以上にストレスを溜めず、適度に気分転換をしながら治療にのぞむ。

治療の展望と予後

アトピー性皮膚炎はよくなったり悪くなったりを繰り返すため、なかなか完治が難しい。完治したという体験談を話す患者がいる一方、大多数の医師は完治しないという見解を示している。
完治させることは難しい病気ではあるが、引き起こす原因を理解し生活習慣を改善していくことで、症状を抑えて再発(悪化)させないようにすることは可能である。
アトピー性皮膚炎の症状が改善したあと、場合によって肌の角質化や皮膚萎縮などの後遺症が引き起こされる可能性がある。
治療に使用するステロイド外用薬によって色素沈着が起こり、肌が黒く角質化してしまうことがある。また、可能性は低いものの効果の強いステロイドは皮膚を薄く弱くしてしまう皮膚萎縮の副作用もあり、血管が網の目状に見える毛細血管拡張の症状が現れる可能性も考えられる。

再発のリスク

アトピー性皮膚炎はよい状態と悪い状態を繰り返すため、再発しやすい。よい状態が長く続き毎年決まった時期にのみ悪化する場合や、年間を通して症状が現れる場合など個人差がある。
再発するときは今までとは別の要因が複雑に絡み合って引き起こされている場合もあり、その都度原因を特定しながら対処していく必要がある。
合併症
アトピー性皮膚炎にはさまざまな合併症のリスクがある。大きくはアレルギー疾患と皮膚感染症、眼科的疾患といった3つに大きく分類される。

1.アレルギー疾患

アレルギー疾患による合併症には、「気管支喘息」や「アレルギー性鼻炎」などがある。

気管支喘息

空気の通り道である気道の粘膜が炎症を起こし、狭くなることで呼吸が苦しくなる呼吸器の病気が気管支喘息である。重症の場合は「話せない」「動けない」「呼吸ができない」などの発作を引き起こし、死につながる可能性のある病気である。

アレルギー性鼻炎

風邪でもないのにくしゃみや鼻水、鼻づまりが突然起こるのがアレルギー性鼻炎である。ダニやハウスダスト、カビなどがアレルゲンとなり、年中いつでも発症する。治療ではアレルゲンの除去と回避が重要となる。

2.皮膚感染症

皮膚感染症による合併症には、「伝染性膿痂疹」や「伝染性軟属腫」、「カポジ水痘様発疹症」などがある。

伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)

主に乳幼児や小児に対して、夏場に起こりやすい皮膚の感染症が伝染性膿痂疹である。四肢や体幹にかゆみを伴う水疱ができることが特徴である。
アトピー性皮膚炎によって皮膚のバリア機能が弱まっているため細菌が皮膚の中に侵入しやすくなり、合併症として発症することが多い。

伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)

幼少児に発症しやすく、一般的には「水いぼ」と呼ばれる皮膚疾患が伝染性軟属腫である。アトピー性皮膚炎によって皮膚のバリア機能が低下しているときに感染しやすく、治りかけのときにかゆみがでる。かき壊してしまうと手指にウイルスが付着し、ほかの部位へと広がってしまう。

カポジ水痘様発疹症(カポジすいとうようほっしんしょう)

0歳から5歳までに発症しやすく、突発性の発熱や全身の倦怠感、かゆみが現れるのがカポジ水痘様発疹症である。顔や目などに小さな水疱が広がっていく。アトピー性皮膚炎の合併症として引き起こされる場合、子供だけでなく大人も感染するリスクのある病気である。

3.眼科的疾患

眼科的疾患による合併症には、「白内障」や「網膜剥離」などがある。

白内障

目の中にある水晶体が白く濁り、悪化すると失明してしまうリスクのある病気が白内障である。白内障は通常高齢者に多い病気であるものの、アトピー性皮膚炎の合併症として起こる白内障では若年者も発症し、進行してしまう。
アトピー性皮膚炎の強いかゆみが顔に現れてしまうと、かゆみから叩いたりこすったりしてしまう。そして、外部からの刺激によって目にダメージが蓄積され、水晶体が濁ることで白内障の進行を早めてしまうことにつながる。

網膜剥離

目の奥にある網膜がはがれて視力が弱まり、最悪の場合は失明してしまう病気が網膜剥離である。アトピー性皮膚炎を起因とする合併症の網膜剥離は若年者に多く見られ、両目ともに起こる場合もある。
合併症としての網膜剥離では通常の網膜剥離とは異なり、周辺網膜だけが長期間に渡って剥離しているタイプが多く、自覚症状を感じにくいという特徴がある。また、並行して白内障の症状が現れていると、診断が遅れてしまうといったリスクも考えられる。

発症しやすい年代と性差

発症しやすい年代は0~5歳と21~25歳に多く、46歳以上の人にも発症が見られるなど、幅広い年齢の人がかかる可能性がある。
乳児・子供・大人など世代によって発症部位や患部の状態が異なる。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):