ひとつのIDでさまざまな施設の順番待ち・予約が可能

EPARKグループ

10代に多い病気を調べる

「10代に多い病気を調べる」では、10代に多い病気に関わる病名を一覧で探すことができます。

15歳から24歳までの青年期の中でも、10代は思春期であり、特に成長が著しくなる時期です。人間関係や将来への不安などさまざまなストレスが、精神障害や腹痛、めまいなどの病気・症状を引き起こす可能性があります。精神障害の場合は、症状が進行すると10代でも忘れっぽい、すぐ忘れるなどの症状がみられます。

10代に多い病気には、「喘息」「過換気症候群」「月経前症候群(PMS)」「起立性調節障害」「過敏性腸症候群」「胃腸炎」「骨肉腫」「うつ病」「統合失調症」などが考えられます。

主な診療科目は、内科や精神科、心療内科などで、症状に応じて診療します。病気や症状によっては、入院や手術が必要になる場合があります。

10代に多い病気は多様で、症状によって考えられる病気も年齢や持病歴によってさまざまです。症状が重い場合や症状が続く際には、早めに地域の病院を受診してください。

10代に多い病気に関連する病気を以下の病名一覧から選択すると、病気の症状・原因・治療などの詳しい情報や、何科を受診すればよいかなどを知ることができます。

病気一覧

10代に多い病気に関する医師が執筆・監修した記事はこちら。

よく見られている病気

アクセス数の多いよく見られている病気はこちら。

新着コラム

医師が執筆・監修した病気に関するコラムはこちら。

コラムランキング

アクセス数の多い病気に関するコラムのランキングはこちら。