ひとつのIDでさまざまな施設の順番待ち・予約が可能

EPARKグループ

水ぼうそう

水痘

目次
  1. 概要
  2. 症状
  3. 原因
  4. 検査方法と主な診療科目
  5. 治療方法と治療期間
  6. 治療の展望と予後
  7. 発症しやすい年代と性差

概要

水ぼうそうとは?

水ぼうそうの正式名称は水痘です。
子どもがなりやすい感染症で強い感染力を持ちます。
症状は、発熱のほか、皮膚に小さな赤い発疹や水ぶくれができます。
予防にはワクチン接種が大切です。
高い確率で予防することができるので、できるだけ受けておきましょう。

主に子供が感染する病気で9歳以下に多くみられます。
健康な子供であれば、この病気に感染しても軽症ですむことがほとんどです。
子供が発症した場合は小児科での受診が推奨されます。

一方、他の病気などで免疫機能が低下しているような場合、症状が悪化することがあるので注意が必要です。
また、大人になってから感染すると子供が感染した場合より、熱が高くなるなど重症化する場合が多いことが知られています。主な診療科目は皮膚科です。

症状

水ぼうそうの症状は、全身に小さな赤い発疹(ほっしん)や水疱(すいほう)が現れ、強いかゆみや発熱がみられる。

発疹

最初に赤くて小さい発疹が、体の中心あたりに複数現れる。それから半日くらいの間に頭、顔、腕、足などの全身に広がる。
また、口の中やまれにまぶたと目の結膜に現れることもある。

発疹は短時間で強いかゆみを伴う水疱に変わる。最初の発疹が現れてから数日の間に新しい発疹が次々と現れて、水疱に変わる。水疱は、さらに数日経つと乾いてかさぶたに変わるため、病気のピーク時には、発疹と水疱、かさぶたが入り混じった状態になる。そして、すべてのかさぶたが自然にはがれ落ちるまで約3週間かかる。

水疱を潰したり、かさぶたをかきむしったりすると細菌感染を起こして化膿する場合があるので注意する必要がある。
水疱にはウイルスがたくさん含まれている。直接手で触れないようにし、触れた場合は、すぐに手を洗う必要がある。

発熱

発疹が現れると、同時に発熱する。熱はそれほど高くなく、37~38度が2~3日間続く。
新しい発疹が現れなくなると熱は徐々に下がる。

原因

水痘・帯状疱疹(たいじょうほうしん)ウイルスの感染による皮膚感染症が水ぼうそうである。
水痘帯状疱疹ウイルスは気道粘膜から体内に入り、鼻咽頭やリンパ節で増殖し、4~6日で発症する。その後、さらに他の器官へ広がり、増殖する。

1度自然感染により発症すると免疫ができ、獲得した免疫により発症しなくなる。この免疫は生涯続くとされている。

検査方法と主な診療科目

検査

水ぼうそうは、問診と視診以外に特別な検査はないが、幼児や小児は家族が経過を把握して、しっかりと医師に伝えることが大切である。
小児が発症した場合は小児科で診療を受ける。成人している場合は皮膚科に受診できる。
また、確定診断のために血液検査でウイルスの抗原や抗体を調べたり、水疱からウイルスを特定したりすることもある。

診断

発疹、水疱、かさぶた、またはそれに伴う強いかゆみ、発熱、年齢という特徴的な症状により診断される。
水ぼうそうは法定伝染病とされているため、医師の許可が出るまで幼稚園や小学校は休まなければならない。主な診療科目は皮膚科である。

治療方法と治療期間

水ぼうそうの治療には、対症療法と抗ウイルス療法がある。

対症療法

かゆみを抑える治療

「フェノール亜鉛華軟膏の外用」「抗ヒスタミン薬の使用」
外用薬は水疱を破らないように注意して、丁寧に塗る。
水疱が破れても、手で直接触れないように綿棒を使うとよい。

細菌感染を防ぐ治療

「抗生物質の使用」
かゆみで皮膚をかきむしったりした場合、細菌感染で化膿することがあり、その際には抗生物質が使用される。

抗ウイルス療法

抗ウイルス薬(アシクロビル・バラシクロビル)の使用

抗ウイルス薬は、体内でウイルスが増殖するのを抑制する作用がある。
発症48時間以内に服用すると、発疹や水疱が少なくなり軽症ですむ。
抗ウイルス薬は、必ず医師の指示を守って服用する。

治療上の注意とケア

水ぼうそうを治療する上で注意しておきたいポイントと、ケア方法には下記のようなものがある。

●発疹や水疱をかきむしらないようにするため、子供の爪は短く切る。できれば手袋をするとよい。子供の手にもウイルスがついている場合があるので、よく洗って清潔にする。

●食事は食欲があれば何を食べてもかまわないが、口の中に発疹があると痛むので喉越しのよいヨーグルト、ゼリー、麺類などにする。

●水疱がかさぶたになるまでは入浴を控える。お尻や外陰部にできた水疱は、かさぶたになりにくいのでシャワーなどで洗い流し、清潔にして他の細菌感染を起こさないようにする。

●水疱が潰れると衣類や寝具が汚れる。下着やパジャマ、シーツや枕カバーなどはこまめに替えるようにする。

●水疱が現れている間は、人への感染力を持っている。全ての水疱がかさぶたになるまでは外出を控える。

市販の解熱剤には、アスピリンなど子供に強い副作用(ライ症候群:激しい嘔吐や痙攣(けいれん)などが起こり、生命の危険がある病気)が現れる可能性のある成分が入っているため、服用する場合は必ず医師に相談する。

治療の展望と予後

水ぼうそうは、ウイルスに感染してから症状が現れるまで約2週間の潜伏期間がある。
また、水ぼうそうが治ったからといってウイルスがいなくなるわけではない。ウイルスは、知覚神経の神経節に隠れていつまでも潜伏し続ける。

数十年後、加齢による体力低下、または大きなストレスや病気などで体の免疫力が低下すると、ウイルスは神経節から出てきて増殖しようとする。このため「帯状疱疹」が起こると考えられている。

水ぼうそうは、冬から春にかけて流行がみられ、保育園や幼稚園などで集団発生する場合がある。子供が水ぼうそうに感染した場合、治るまで他の子供たちとの接触は避けるようにする。

予防法の第一は、水ぼうそうのワクチン接種を受けることである。
このワクチンは副作用がほとんどなく安全性が高く、推奨される。

ワクチンは1歳から接種できる。定期接種(※)が受けられる期間は無料、他の場合は自費となる。
一方、このワクチンは、免疫をつくる作用があまり強くないため、効果は100%ではない。接種後に1~2割程度に感染がみられる場合があるが、軽症ですむとされている。
また、アトピー性皮膚炎などで皮膚の弱っている場合、水ぼうそうにかかると症状が重くなるため、ワクチン接種が推奨される。また妊婦は水ぼうそうのワクチン接種が禁じられている。家族内に妊婦・授乳をしている人がいる場合は医師に相談する。

*ワクチンの定期接種については厚生労働省や自治体の情報を確認する。

発症しやすい年代と性差

水ぼうそうは非常に感染力が強く、ワクチンが使用されるようになるまでは(1995年)、子供の約90%が15歳までにこの病気にかかるといわれていた。

現在では、ワクチンの普及で年間の水ぼうそう患者数は約70%も低下したといわれている。
家庭内接触した場合の発症率は90%と報告されている。
罹患者のほとんどは9歳以下である。

性差に関しては報告がない。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):