耳鼻いんこう科の病気一覧

騒音性難聴

騒音性難聴とは? 騒音性難聴(そうおんせいなんちょう)は大きな音が出る場所で長年、作業を続けると、騒音によって内耳が障害され、だんだんと耳が聞こえにくくなる疾患です。 耳鳴りがおこることもあります。4000Hzあたりの音がきこえない聴覚障害(dip)が確認されます。 他にもイヤフォンやヘッドフォンなどを大音量で長時間使用を続けることで発症することもあります。 特に治療法はないため予防が主になります。仕事で音が大きく避けることが難しい場合は耳栓をするなどの予防が重要です。 騒

声帯結節

声帯結節とは? 声帯結節(せいたいけっせつ)は声の出しすぎなどで、のどの奥にある声帯にできる結節です。結節によって声帯の振動に影響が出て、「声が枯れる」「声が出ないなどの症状がおこります。よく似たものに声帯ポリープがありますが、これは粘膜下の筋肉組織によるものです。それに対し、結節は表皮細胞が分厚くなるという違いがあります。 無理な大声を出していると声帯結節ができやすくなります。治療は大声を控えるなどの保存的治療法がほとんどですが、まれに手術をして切除する患者さんもいます。また同じよう

急性扁桃炎(きゅうせいへんとうえん)

【執筆】小形 章 先生急性扁桃炎(きゅうせいへんとうえん)の情報まとめ病名 急性扁桃炎(きゅうせいへんとうえん)別名 扁桃腺炎症状 咽頭痛、発熱、嚥下時痛(えんげじつう)、首のリンパ節の腫れ。罹患者数 -発症しやすい年齢と性差 筆者の診療経験として小児と青年期に多く男女差はない印象。原因感冒、疲労がきっかけで溶連菌(※1)、肺炎球菌(※2)などの細菌やウィルスの感染が原因となり発症する。

滲出性中耳炎

【執筆】小形 章 先生滲出性中耳炎の情報まとめ病名 滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)別名 -症状 難聴(軽度)、耳閉塞感罹患者数 不詳発症しやすい年齢と性差 小児と高齢者。 男女差はない。原因 耳管閉塞(狭窄)、急性中耳炎後、副鼻腔炎(※1)、アデノイド増殖症(※2)。受診の必要性 幼児、小児の難聴を放置すると言語発達に影響が出たり、コミュニケーションに障害がでる可能

良性発作性頭位めまい症

【執筆】小形 章 先生良性発作性頭位眩暈症(りょうせいほっさせいとういめまいしょう)の情報まとめ病名 良性発作性頭位眩暈症(りょうせいほっさせいとういめまいしょう)別名 耳石によるめまい症状 頭を動かしたとき(起床、寝返り、振り向きなど)に起きる短時間の(回転性)めまい、嘔気、嘔吐。罹患者数不明発症しやすい年齢と性差 成年に多く、小児に少ない。原因 内耳にある耳石が三半規管に入り込み、

慢性副鼻腔炎

慢性副鼻腔炎とは? 慢性副鼻腔炎(まんせいふくびくうえん)は蓄膿症(ちくのうしょう)とも呼ばれる鼻の病気です。副鼻腔内に粘性の高い鼻水が慢性的につまった状態になり、鼻水が出てきたり、鼻での呼吸ができない、またそれによって頭が重いなどの症状が出ます。 この病気に悩まされている人は数多くいますが、鼻茸(びじょう)とよばれるポリープができてしまうと手術が必要となる場合もあります。 慢性副鼻腔炎の情報まとめ 病名 慢性副鼻腔炎 別名 蓄膿症 症状 どろっとした鼻汁、鼻づまり、にお

急性中耳炎

【執筆】小形 章 先生急性中耳炎の情報まとめ病名 急性中耳炎別名 中耳炎症状 耳痛(耳の痛み)、発熱、難聴、耳漏(じろう:耳だれ)罹患者数 -発症しやすい年齢と性差 乳幼児に多いが成人もかかる。 男女差はない。原因 感冒(※1)、副鼻腔炎(※2)。 膿性鼻汁(のうせいびじゅう)の細菌、ウィルスが耳管を通って中耳に感染を起こす。受診の必要性 小児の発熱の原因となっていることが

急性咽頭炎

【執筆】小形 章 先生急性咽頭炎の情報まとめ病名 急性咽頭炎(きゅうせいいんとうえん)別名 のど風邪症状 咽頭痛(喉の痛み)、嚥下時痛(えんげじつう:飲み込んだときの痛み)、発熱、体のだるさ、痰がらみ、咳、悪化すると息苦しさ、首のリンパ節が腫れることもある。罹患者数 不明発症しやすい年齢と性差 年齢性別による違いはない。原因 感冒(ウィルス感染)が主だがときに溶連菌(※1)などの細菌感染によるも

シェーグレン症候群

【執筆】 大田 幹 先生シェーグレン症候群の情報まとめ病名 シェーグレン症候群別名 -症状 分泌腺の機能低下からくる眼や口の乾燥、嚥下困難、齲歯、口内炎など。 また分泌腺以外の症状として、肺炎、関節炎、腎炎、皮疹、リンパ増殖性疾患など多彩な症状を示す。罹患者数 受診していない患者が相当数いると考えられるが、約10-30万人と推定される。発症しやすい年齢と性差 男:女=1:17と女性が多い。 罹患者は4

咳喘息(せきぜんそく)

咳喘息(せきぜんそく)とは? 咳喘息(せきぜんそく)は、気管支喘息でとは異なり咳が慢性的に出る症状です。その名前も咳を主症状とした喘息だからです。 「夜になると出る」「季節によって出る」などの傾向があることもあります。原因は花粉やハウスダストや温度差などでアレルギー症状が原因とされています。慢性化すると治療が難しくなるので早めに治療を開始するのが重要です。 咳喘息(せきぜんそく)の基礎知識 病名 咳喘息(せきぜんそく) 別名 - 症状 咳嗽(がいそう※1)が就寝時や深夜、

情報リクエスト

病気スコープは、ユーザーの皆様が求めている情報を可能な限りお届けしたいと思っています。
「掲載されている病気についてより深く知りたい」「新しい情報として掲載してほしい病気がある」どちらの場合も、お気軽にリクエストしてください。
皆様の期待に応え続けることで、より信頼できるサイトとして成長して参ります。

どちらの情報をリクエストしますか?

または

※個別のご病気や治療法などの医療行為にかかわるお問合せには、
お答えできませんのでご了承ください。

送信完了

リクエストいただきありがとうございました。
いただいたご意見を元に、より信頼していただけるサイトとして成長して参ります。