ひとつのIDでさまざまな施設の順番待ち・予約が可能

EPARKグループ

中耳炎

目次
  1. 概要
  2. 症状
  3. 原因
  4. 検査内容と主な診療科目
  5. 治療と治療期間
  6. 治療の展望と予後
  7. 発症しやすい年代と性差

概要

中耳炎とは?

中耳炎は、「鼓膜の奥―中耳の炎症」です。基本的には、耳管と呼ばれる管を通して鼻から耳に細菌感染を起こす「急性中耳炎」を指します。耳は、外耳(がいじ)、中耳(ちゅうじ)、内耳(ないじ)に分けられ、中耳で起こった炎症を中耳炎といいます。風邪をひいたときなどに、「鼻の細菌が耳に入ってきて中耳炎を起こす」というメカニズムになります。

急性中耳炎の治りが悪い場合、中耳に滲出液が溜まる「滲出性中耳炎(しんしゅつせい-ちゅうじえん)」を起こすことがあります。

急性中耳炎が治った後、中耳に炎症などが原因で周囲の組織からしみ出した液体が溜まったままになることがあり、これを滲出性(しんしゅつせい)中耳炎といいます。滲出性中耳炎は、子供に多くみられる中耳炎です。

主な診療科目は耳鼻咽喉科になります。

症状

急性中耳炎では耳痛、難聴、耳閉感(じへいかん:耳をふさがれたような感じ)、耳鳴(じめい:耳なりのこと)、発熱、耳漏(じろう:耳だれのこと)などの症状が出る。
大人の場合は、発熱は少ないといわれている。

乳児の場合は症状を訴えることができないため、発熱の他、理由なく泣いたり、不機嫌になったり、耳を触ったり、食欲不振になる。様子を注意深くみておくことが大切。

滲出性中耳炎は中耳に膿ではなく、滲出液という液体がたまる。急性中耳炎のあとに発症することが多く、難聴や耳閉感,耳漏を伴う。
しかし、痛みはほとんどなく自然に治癒することが多い。

慢性中耳炎は長期にわたって細菌やウイルスが中耳にたまっており、中耳だけでなく鼓膜などにも影響を与えている状態の中耳炎。より強い難聴や耳漏が主な症状となる。

原因

中耳炎は、主に細菌が中耳に入り炎症を起こす。
成長途中の乳児や子供は、耳管(じかん)が未発達で十分な長さがなく、また角度も水平に近く、細菌などが侵入しやすい。
このため、風邪をひいたとき、鼻や喉(のど)に病気が起こったときなどは、特に中耳炎にかかりやすい。慢性中耳炎は急性中耳炎を繰り返していたり、長期間にわたって治療されずに炎症がおさまらない状態が続いたりすることなどが原因となる。

中耳は、耳管(じかん)といわれる通路で鼻や口から入ってきた空気が出入りできるようになっている。つまり、耳管は鼻に通じているためウイルスや細菌が侵入するルートにもなる。

検査内容と主な診療科目

中耳炎の診断は、ほとんどの場合、問診と視診が中心となる。
視診では、耳鏡(じきょう)という器具を使って耳内を観察し、鼓膜の異常や耳漏の有無などをみる。

乳児や幼児の場合は、家族が問診に答えるので、いつもと違う様子を具体的に伝えることが重要になる。

純音聴力検査とティンパノメトリー、鼓膜内視鏡検査、レントゲン、耳管機能検査がある。純音聴力検査は難聴の程度や障害が起こっている場所を調べる。ティンパノメトリーは鼓膜の動きや中耳の状態を調べる。耳管機能検査は耳管が気圧調節と不要物の処理のため、正常に開いたり、閉じたりしているかを調べる。レントゲン検査では鼻に炎症が起こっているかどうかを調べる。鼓膜内視鏡検査は耳のなかを観察し、状態を診る。膿や滲出液、腫瘍が存在している場合は中耳炎の疑いがある。

耳鼻咽喉科科を受診する。

治療と治療期間

治療は薬物療法が基本だが、鼓膜切開などの手術療法を行うこともある。鼓膜切開は、中耳に溜まった液体や膿(うみ)などを排出するために行う手術である。

また、鼓膜に開けた穴に小さなチューブを留置して、中耳に空気が入るような処置を行う場合もある。鼓膜は再生するので、耳が聞こえなくなる可能性は低い。

薬物療法

薬物療法では軽い中耳炎は、医師の処方による解熱鎮痛薬だけでも治るが、重い中耳炎は抗生物質の服用が中心となる。中耳炎の原因となる細菌は、その80%が肺炎球菌とインフルエンザ菌といわれ、最近では抗生物質に対する耐性菌が増えていることが問題となっている。

抗生物質を服用してもなかなか治らない場合は、耐性菌が疑われる。また、適切な抗生物質を使用しないと中耳炎が治らなくなるだけでなく、さらに薬剤耐性菌を増やすことになる。このため、耐性菌のことを考慮して治療を受けることが大切。

内服薬として使われる主な抗生物質:アモキシシリン、クラブラン酸カリウム・アモキシシリンなど

手術療法

手術療法としてはまず、鼓膜切開術がある。中耳に膿や液体が溜まっている場合、鼓膜切開をして溜まっているものを排出する。切開により鼓膜に開いた穴は自然にふさがる。

鼓室内チューブ留置術は滲出性中耳炎で行われる。鼓膜の内側に溜まった液体を排出させることが治療の目的になる。このため、鼓膜切開をしてチューブを差し込み、外耳と中耳との間に通路をつくる。チューブは、滲出性中耳炎の改善に伴って数ヵ月後には自然に耳の外に排出される。

滲出性中耳炎の治療法では通気療法もある。耳管から空気を中耳に送り、溜まった液体の排泄を促す。通気の方法には、鼻の入り口からゴムでできた器具を使って発声と同時に空気を送る方法と、細い金属製の管を鼻の奥に入れて、耳に空気を送り込む方法がある。

また日常でも注意する必要がある。痛みや発熱のある間は安静にし洗髪や入浴は、医師の許可を得るまで控える。鼻は強くかまず、左右別々にそっとかむ。また、鼻水をすする行為は、中耳炎を悪化させる場合がある。

医師から治ったといわれるまでは治療を続ける必要がある。自己判断で治療を中断すると慢性中耳炎になり、難聴を起こすことがある。

治療の展望と予後

急性中耳炎から重い合併症が起こることがある。
合併症では、耳の周囲の骨に起こる炎症や内耳まで感染が及ぶ内耳炎、脳や脊髄(せきずい)を包む髄膜(ずいまく)に炎症が起こる髄膜炎などが知られている。

また、急性中耳炎の再発を繰り返し、慢性中耳炎になると鼓膜(こまく)に穴が開く、鼓膜穿孔(こまくせんこう)が生じることがある。鼓膜穿孔になると正常な聴力が失われ、子供では呼びかけても気がつかなかったり、テレビの音を極端に大きくしたりするようになる。子どもが操作するテレビの音が極端に大きい場合、難聴が疑われる。

発症しやすい年代と性差

大人でもなるが、小児にとっては罹患頻度が高く日常的な疾患といえる。ボストンで行われた調査では3歳までに中耳炎を1度も罹患しなかったのは29%であった。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):