ひとつのIDでさまざまな施設の順番待ち・予約が可能

EPARKグループ

脱力・体の力が入らない症状から病気を調べる

「脱力・体の力が入らない」症状は、主に体から力が抜けてぐったりすること、手・腕に力が入らない(箸が持てない、字がうまく書けないなど)、足に力が入らない(立ちたくても立てない、足が持ち上がらない、歩けないなど)、何事にもやる気が起きない、体がだるく感じるなどの状態にあたります。
疑われる病気は、感冒(風邪症候群)、流行性感冒(インフルエンザ)、頚椎症、胸郭出口症候群、脳卒中などが考えられます。
主な受診科目は、内科、整形外科、脳神経外科です。
医院・クリニックでは、風邪症候群が疑われる場合には問診、触診、聴診で診断することが多く、インフルエンザが疑われる場合には問診、検査キットを使ったインフルエンザ迅速検査、頚椎症や胸郭出口症候群が疑われる場合には問診、レントゲン検査、CT検査、MRI検査など、脳卒中が疑われる場合には問診、頭部CT検査、頭部MRI検査などを実施します。
症状によって考えられる病気は年齢や持病歴によってさまざまです。
症状がひどい、症状が続くなどございましたら、お早めに地域の医院を受診するようにしてください。

脱力・体の力が入らない症状に関する記事