ひとつのIDでさまざまな施設の順番待ち・予約が可能

EPARKグループ

強いストレスを感じる症状から病気を調べる

「強いストレスを感じる」症状は、主に気分が落ち込む、憂鬱な気分になる、疲れやすい、やる気が出ない、集中力が低下する、イライラする、落ち着きがなくなる、何に対しても興味が持てない、また、体に出る症状として発汗、動悸、呼吸困難などの状態にあたります。
疑われる病気は、うつ病、社会不安障害(SAD)、統合失調症、片頭痛、緊張性頭痛、気管支喘息、アトピー性皮膚炎などが考えられます。
主な受診科目は、心療内科、精神科、神経内科、呼吸器内科、皮膚科です。
医院・クリニックでは、うつ病や社会不安障害(SAD)、統合失調症などが疑われる場合には問診、心理検査、必要に応じて血液検査、尿検査、胸部レントゲン検査、心電図、頭部CT検査、頭部MRI検査など、気管支喘息が疑われる場合には問診、胸部レントゲン検査、呼吸機能検査、呼気ガス検査など、アトピー性皮膚炎が疑われる場合には問診、血液検査、皮膚テストなどを実施する可能性があります。
症状によって考えられる病気は年齢や持病歴によってさまざまです。
症状がひどい、症状が続くなどございましたら、お早めに地域の医院を受診するようにしてください。