ひとつのIDでさまざまな施設の順番待ち・予約が可能

EPARKグループ

VDT症候群

目次
  1. 概要
  2. 症状
  3. 原因
  4. 検査内容と主な診療科目
  5. 治療方法と治療期間
  6. 治療の展望と予後
  7. 発症しやすい年代と性差
医師

【執筆ドクター】

 板東 浩 先生

概要

VDT症候群(Visual Display Terminal syndrome)とは、パソコンやワープロなどのコンピューターを、長時間見続けて作業すること(VDT作業※)で発症する病気です。
眼の疲労や身体の不調、心的不調があらわれます。

そのためVDT症候群は、パソコンで作業する人が発症しやすい病気です。
長時間同じ姿勢でモニターを見続けることで、身体に悪影響をもたらします。
モニターを見続ける、同じ姿勢を取り続けることで眼の疲れ、肩こり、頭痛などが起き、血流が悪くなります。身体の不調が長く続けば、うつ病を発症することもあります。症状が多岐にわたるため、何科を受診すべきか迷うことがあると思いますがVDT症候群の専門領域は眼科になります。

※VDT作業とは
「事務所において行われるVDT作業(ディスプレイ、キーボード等により構成されるVDT (Visual Display Terminals)機器を使用して、データの入力・検索・照合等、文章・画像等の作成・編集・修正等、プログラミング、監視等を行う作業)」
下記のガイドラインにおいて、VDT作業における安全衛生管理が策定されました。

症状

症状としては、眼の痛み、ドライアイの他、肩や首、背中の痛み、手のしびれ、充血、睡眠不足、思考の低下。
またそれに対してのストレスからくる身体や心の不調などがあげられる

眼の症状

・眼の痛み
・ドライアイ
・眼のかすみ
・充血

身体の症状

・肩こり
・首の痛み
・頭痛
・背中の痛み
・手のしびれ
・胃炎

心の症状

・ストレス
・睡眠不足
・ぼうっとする
・気分が落ち込む

原因

VDT症候群の原因は、眼の酷使、長時間同じ姿勢でいることによる血流不良、眼や身体の不調による心的ストレスである。
パソコンやスマホなどのモバイル端子、ゲーム機などの見すぎは視力低下の原因となり、近くのものを長時間見続けるときは、時々目を休める必要がある。

これはカメラのレンズに相当する水晶体と水晶体を支える毛様体筋に関係している。水晶体は水とたんぱく質でできており、弾力性を持つ組織である。
毛様体筋によって厚みを変え、ピント調整をしている。水晶体は、近いものを見るときは膨らみ、遠くを見るときは薄くなる。

近くのものを長時間見続けていると水晶体が膨らんで元に戻らなくなってしまい、毛様体筋が緊張して、近視が進む原因になる。

検査内容と主な診療科目

VDT検診を受ける。職場の配置前と定期的に業務歴や既往歴、自覚症状、視力検査をおこなう。眼科的検査の他には筋骨格的検査を行なう。定期健診を受けることが重要だが、個別の症状としては眼科を受診することが多い。症状が多岐にわたるため他の科目も合わせて受診する可能性もある。

治療方法と治療期間

日頃の予防が重要となる。

作業中は時々遠くを見て目を休め、毛様体筋の緊張をほぐす、1時間ごとに5~10分の休憩を取り、遠くの景色を眺めたり、目を閉じたりするなどの対策が考えられる。
テレビゲームなどが好きなお子さんには、近視にならないようにするために保護者が注意する。
時間を制限するか、15~20分やったら少し遠くを見るなどで対策する。

勉強やゲームなどの物事に集中するあまり、つい対象となるものと距離が近づくと、姿勢が悪くなってしまう。
そうすると毛様体筋が緊張するため近視が進みやすくなる。

理想的なのは、目とパソコンや本などの対象物を40㎝程度あけること。寝転がってテレビを見たり、読書をしたりするのも避ける。
斜めから見ることになり、対象物と左右の目との距離感に差が出て、左右の視力が変わり、ものがぼやけて見えてしまう。

VDT症候群の予防法

厚生労働省では、2002年にVDT労働環境のためのガイドラインを策定している。また眼精疲労が労災認定された事例もある。
しかし、最近は普段の生活の中に目の疲労を引き起こす原因があるため、労働環境だけではなく自己管理による目の健康を維持する努力が必要となってきた。

睡眠

眼に負担をかけない時間を作り、眼を休める。
目を休めることで眼の疲れ、充血も回復します。眠る前のテレビやパソコン、スマートフォンはできるだけ見ないようにする。
至近距離でものを見ようとすると眼の筋肉が緊張状態になる。

また、最近話題の「ブルーライト」は覚醒の作用があり、LEDや紫外線とくに朝日に多く含まれている。
眠る前は覚醒するのではなくリラックスできる明るさの照明、落ち着く音楽や香りなどで、心地よい眠りの環境を整え、しっかり休息する。

外に出る、動く

できるだけ遠くのものを見て眼の緊張をほぐすようにする。また、同じ姿勢を続けないように、時々は身体を動かす。

休日家の中にいると、どうしても近くのものを見てしまい、またパソコンの前に座ってしまう、なんとなくスマートフォンを眺めてしまうという人も多い。
身体は休めていても、眼は働き続けている。外に出てリフレッシュすることも、眼を休めることにつながる。
少し身体を動かすと、適度な肉体疲労のおかげで睡眠の質も改善される。

コンタクトレンズやメガネを利用する

自分の眼やライフスタイルにあったコンタクトレンズやメガネを利用することで、眼への負担や眼の疲労からくる身体的・精神的ストレスを緩和する。
大切なのは自分にあったものを選ぶことである。眼科を受診し、きちんと視力を測った上でコンタクトレンズやメガネを選ぶようにする。

老眼鏡を使用する

携帯電話の画面を見るときや新聞を読むとき、遠く離して見ないとピントが合わない老眼の人もいる。水晶体は若い時は膨らんだり、薄くなったりして、ピントを合わせる調節力をもっている。しかし、加齢と共に水晶体の弾力性が落ち、ピントが合わせづらくなる。これが老眼である。
残念ながら水晶体の弾力性を維持するためにできることは今のところなく、加齢と共に進む老眼を止めることはできない。

40代から始まる傾向にあるが、30代半ばから症状が出てくる方もいる。
近くのものが見えづらくなって不自由を感じ始めたら、我慢せず老眼鏡をかける。無理してかけないでいると頭痛や肩こりに悩まされることもある。

治療の展望と予後

治療や対策をせずにいると眼科的な疾患や精神疾患の可能性もある。また近視など根治の難しい症状もある。予防が重要である。

発症しやすい年代と性差

VDT作業へ従事する労働者には年代や性別問わず発症の可能性がある。作業時間に関わらず9割程度の労働者がし機能の症状をうったえるとされている。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

医院名を入力してください
メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):