ひとつのIDでさまざまな施設の順番待ち・予約が可能

EPARKグループ

「こころの症状」から病気を調べる

「こころの症状」は、ストレスなどにより全身の倦怠感や、朝起きたときから疲れを感じる、眠い、無性にイライラする、等の症状があらわれる事があります。メンタルに関わる病気は、精神障害とも呼ばれていますが、うつ病以外にもさまざまな種類があります。

たとえば、「やる気が出ない」「妄想」「不安になる」などが挙げられるほか、「憂鬱」「幻聴が聞こえる」「無気力」「幻覚が見える」「気が滅入る」「ストレスを感じる」「気分が高揚する」といった症状もみられます。

こころの症状で疑われる病気は「不安障害」「社会不安障害」「心的外傷性ストレス障害(PTSD)」「パニック障害」「強迫性障害」「自律神経失調症」「醜形恐怖症」「嘔吐恐怖症」「統合失調症」「適応障害」「非定型うつ病」「うつ病(鬱病)」などがあります。
特にうつ病の場合は、泣くなどの初期症状があらわれたり、ひたすら寝る、顔つきが変わるなどの変化があらわれる事があります。何か気になる事があれば、医師に診断をしてもらうとよいでしょう。

「こころの症状」は多様で、症状によって考えられる病気も年齢や持病歴によってさまざまです。症状が重い場合や症状が続く際には、早めに地域の病院を受診してください。

こころの症状に関連する病気を以下の病名一覧から選択すると、病気の詳しい情報を知ることができます。

他の症状から調べる

こころの症状以外の症状から病気の情報を探したい方はこちら。

症状から調べる 一覧

よく見られている病気

アクセス数の多いよく見られている病気はこちら。

新着コラム

「こころの症状」に関する医師が執筆・監修した記事はこちら。

コラムランキング

アクセス数の多い病気に関するコラムのランキングはこちら。