ひとつのIDでさまざまな施設の順番待ち・予約が可能

EPARKグループ

上半身の病気を調べる

「上半身の部位から病気を調べる」では、上半身の具体的な部位から病気を一覧で探すことができます。

上半身の部位の病気には、首や肩、腕や指など体のあちこちが痛くなる病気や、上半身が痩せていく病気、肩や手などが痺れる病気、といったさまざまな種類があります。また、症状が軽い病気から重い病気、難病に指定されている病気もあります。

たとえば上半身の病気には、「首の病気」「肩の病気」「腕・肘の病気」「手・手首の病気」が挙げられます。このほか、「指の病気」「胸・乳房の病気」「お腹の病気」「背中の病気」があります。

上半身の病気で考えられるのは、「頚椎捻挫(寝違え)」「VDT症候群」「胸郭出口症候群」「石灰沈着性腱板炎(せっかいちんちゃくせいけんばんえん)」や、「関節リウマチ」「腱鞘炎」「汗疱」「手湿疹」「ばね指」「ガングリオン」「肋間神経痛」などがあります。このほか「乳腺炎」「急性胃腸炎」「胃潰瘍」「狭心症「変形性脊椎症」「帯状疱疹」などもあります。

上半身の病気は多様で、部位によって考えられる病気も年齢や持病歴によってさまざまです。
上半身に違和感がある、また症状が出ている、症状が続くなどありましたら、お早めに地域の病院を受診してください。

上半身に関連する病気を以下の部位一覧から選択すると、病気の詳しい情報を知ることができます。

他の部位から調べる

上半身の病気以外の部位から病気の情報を探したい方はこちら。

部位から調べる 一覧

よく見られている病気

アクセス数の多いよく見られている病気はこちら。

新着コラム

上半身の病気部位に関する医師が執筆・監修したコラムはこちら。

コラムランキング

アクセス数の多い病気に関するコラムのランキングはこちら。