ひとつのIDでさまざまな施設の順番待ち・予約が可能

EPARKグループ

体がほてる症状から病気を調べる

「体がほてる」症状は、主に熱があるわけではないのに顔や胸など体の一部、あるいは全身がいきなり熱を帯びて熱くなる、体が熱くなりぼーっとする、冷えとほてりの両方を感じる冷えのぼせ、ホットフラッシュ、多汗、発汗などの状態にあたります。
疑われる病気は、高血圧症、甲状腺機能亢進症、真性多血症、更年期障害、自律神経失調症などが考えられます。
主な受診科目は、内科、循環器内科、内分泌内科、血液内科、婦人科、心療内科です。
医院・クリニックでは、高血圧症が疑われる場合には問診、血圧測定、血液検査、尿検査、画像検査(CT/MRI)など、甲状腺機能亢進症が疑われる場合には問診、血液検査、心電図、超音波検査などです。真性多血症が疑われる場合には問診、血液検査、骨髄検査、超音波検査、遺伝子検査など、更年期障害が疑われる場合には問診、内診、血液検査など、自律神経失調症が疑われる場合には問診、除外診断、自律神経機能検査、心理テストなどを実施する可能性があります。
症状によって考えられる病気は年齢や持病歴によってさまざまです。
症状がひどい、症状が続くなどございましたら、お早めに地域の医院を受診するようにしてください。

体がほてる症状の病気

体がほてる症状に関する記事