症状から病気を調べる | 病気スコープ

症状から病気を調べる

症状から病気を調べる

近視

近視とは? 近視(きんし)は、本来、網膜で合うはずのピントがその手前であっている状態のことです。近視になるパターンは2つあります。ひとつはレンズの役割をする水晶体から網膜までの距離(眼軸)が長いため、網膜の手前にピントがきてしまう軸性近視と呼ばれる場合です。もう一つは水晶体の屈折率が高くなり、手前にピントがきてしまう屈折性近視です。 近視の原因ははっきりとはわかっていません。遺伝による体質的なものと環境的な要因によって発症すると考えられています。近視の基礎知識 病名 近

遠視

遠視とは? 遠視(えんし)は、眼のピントが遠くで合った状態です。眼球は角膜、前房、水晶体、硝子体の順で光を通し、網膜というスクリーンで焦点を結んでものを認識します。その際に対象物との距離に合わせて、レンズの役割をする水晶体の厚さを眼の筋肉を使って、網膜に焦点が合うように調節しています。遠視では普段は網膜に合わなければいけないピントが、さらに後ろのほうで合っている状態です。近くのものを見るためにはピントの調節に必要以上の力を使わなくてはならないため、目を酷使することになります。 また、勘

アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎とは? アレルギー性結膜炎は、眼の白目部分に位置する結膜がアレルギー反応によって炎症をおこして、赤く充血する症状が特徴です。結膜は、抗菌作用のある粘液や涙を分泌して、細菌などの異物から目を守る働きがあります。その結膜にアレルギー抗原が付くことで異物を排除しようとしてくしゃみやかゆみといったアレルギー反応がおきます。アレルギー性結膜炎には、スギやブタクサなどの花粉に反応しておこる季節性のものと、ハウスダストなどが原因になる通年性のものがあり、年々、罹患者数が増加傾向にある

加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性症とは? 加齢黄斑変性症(かれいおうはんへんせいしょう)は、網膜の中心部にある黄斑が障害されて視界がかすんだり、ものが歪んで見えたり、視力が低下する眼の疾患です。黄斑は網膜の中心部にある直径1.5㎜~2㎜ほどの器官でこの黄斑にピントを合わせることで文字を読み取ることやものをはっきり認識することができます。加齢黄斑変性症は、加齢によって老廃物が網膜に溜まることが原因といわれています。また、喫煙で発症のリスクが高まります。 加齢による症状のため根本的に治療することは難しいですが

医師が提案する5つの熱中症予防対策|2018年度夏の特集

重症度別!熱中症の症状 熱いところに居た後の体調不良は全て、熱中症の可能性があります。 従来から熱けいれん、熱失神、熱疲労、熱射病という症状による病名(国際分類)が使用されてきましたが、熱疲労の中にも生命にかかわるような状態が含まれることを懸念し、我が国では2015年に日本救急医学会が重症度による分類(Ⅰ度、Ⅱ度、Ⅲ度)が提唱され、全体を総称して「熱中症」と呼ぶようになりました。 重症度Ⅰ度、Ⅱ度、Ⅲ度、それぞれの状態で起こりうる症状を解説します。Ⅰ度(応急処置と見

直腸がん

直腸がんとは? 直腸がんは直腸にできる大腸がんのひとつです。大腸がん全般に共通して、進行するまで無症状のことが多く、血便などの症状が確認されてから発見された場合、かなり進行している可能性があります。早期であれば治療が可能なため、他のがん同様、定期的な検査を受けることが重要です。便潜血検査で陽性判定が出た場合は早めに医療機関を受診しましょう。 治療方法はがん切除や人口肛門など様々な方法がありますが、がんの進行状況を考慮して選択されます。可能な限り患者さんのQOLを意識した治療が求められま

頻発月経

頻発月経とは? 頻発月経(ひんぱつげっけい)は女性の月経周期が通常よりも短くなる(24日以内)月経不順の一つです。思春期と更年期に多くみられ、一時的な頻発月経の場合は治療が必要ないこともあります。ですが、成熟期の20代から40代の女性に頻発月経の症状がある場合は卵巣機能不全、黄体機能不全、多嚢胞性卵巣症候群などの疾患が原因でホルモンの分泌異常を引き起こしている可能性があり、原因となる疾患の治療が必要です。将来的に妊娠を望む人や頻発月経を繰り返す人は、病気による不正出血の可能性もあるため産

糖尿病性網膜症

糖尿病性網膜症とは? 糖尿病性網膜症は、糖尿病の代表的な合併症のひとつです。高血糖が原因で網膜の毛細血管に障害が起き、血管の閉塞や出血などおきます。眼底出血がおこったり、網膜剥離などの目の障害をおこすことがあります。 放っておくと症状が進行するため、早期に発見して治療を開始することで症状を軽度で抑えます。糖尿病の患者さんは自覚症状がなくても眼科で検査を受けることが重要です 糖尿病性網膜症の基礎知識 病名 糖尿病性網膜症 別名 なし。糖尿病網膜症と表記することもある。 症状

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは? 腰椎椎間板(ようついついかんばん)ヘルニアは腰椎の関節の間にあり、可動域でクッションの効果をもつ椎間板(ついかんばん)という部分の組織が外に飛び出る症状のことです。椎間板は弾力のある組織ですが、老化や、大きな力がかかるなどさまざまな原因によって壊れてしまうことがあります。 ヘルニアは「飛び出る」という意味があり、組織が飛び出て神経を刺激することがあります。刺激する場所によって症状が異なり、主に痛みやしびれなどの症状がおこります。 椎間板ヘルニアの基礎知識 病名

尿膜管遺残

尿膜管遺残とは? 尿膜管遺残(にょうまくかんいざん)は生後に自然と閉じるはずの尿膜管という管が閉じないままの状態をいいます。尿膜管は胎児のころにへそと膀胱をつないでいる管です。多くは出生時に尿膜管は閉じて紐状になります。尿膜管が閉じずに管のまま、あるいは袋状になって残ると尿膜管遺残となります。 尿膜管遺残であっても特に症状がでないことがありますが、尿膜管から起因する炎症がおきると腹痛やへそから膿が出る、へそ周辺が腫れるなどの症状があらわれます。またごくまれに、遺残した尿膜により悪性腫瘍

情報リクエスト

病気スコープは、ユーザーの皆様が求めている情報を可能な限りお届けしたいと思っています。
「掲載されている病気についてより深く知りたい」「新しい情報として掲載してほしい病気がある」どちらの場合も、お気軽にリクエストしてください。
皆様の期待に応え続けることで、より信頼できるサイトとして成長して参ります。

どちらの情報をリクエストしますか?

または

※個別のご病気や治療法などの医療行為にかかわるお問合せには、
お答えできませんのでご了承ください。

送信完了

リクエストいただきありがとうございました。
いただいたご意見を元に、より信頼していただけるサイトとして成長して参ります。