症状から病気を調べる

症状から病気を調べる

破傷風

【執筆】大利 昌久 先生破傷風とは? 破傷風(はしょうふう)は破傷風菌による感染症です。転倒するなどで土中にいる菌が血液中に入ると感染します。致死率の高い病気ですが、日本ではジフテリアなどと同様、ワクチンの普及により感染して発症することが非常に少なくなりました。しかし、未だに発症した場合は命に関わる病気であることには変わりがありません。そのため、破傷風の症状が確認された場合は感染を確認する前に治療を開始する必要があります。 また最近では海外で薬物乱用者が注射器などから感染している例

ジフテリア

【執筆】大利 昌久 先生ジフテリアとは? ジフテリアはジフテリア菌による感染症です。以前は日本でも流行し、死亡率も約5~10%と危険な病気でした。現在は予防接種の普及によってほとんど確認されなくなりました。しかし、世界的には、まだ流行しているエリアがあり、海外旅行の際は訪問するエリアによっては注意が必要です。 ジフテリアに感染すると潜伏期間を置いて症状が出ます。だるさや発熱、のどにできる偽膜(ぎまく)などが特徴です。特に、偽膜の形成で気道が塞がれることや偽膜がはがれ落ちて同じく気道

点頭てんかん

点頭てんかんとは? 点頭てんかんはちょうど座れるくらいになった赤ちゃんに多く確認されるてんかんです。点頭とは「うなずく」という意味があり、てんかんの症状がうなずいているように見えるため、点頭てんかんと呼称されています。原因は遺伝や胎児期に起因するもの、脳障害、原因不明のものがあります。 後遺症として知的障害があらわれる可能性もあり、点頭てんかんの症状が疑われる場合は早急に診療を受けることが望ましいです。 点頭てんかんの基礎知識 病名 点頭てんかん 別名 ウエスト症候群。

側頭葉てんかん

側頭葉てんかんとは? 側頭葉てんかんとは、大脳葉の側頭葉とよばれる場所に起因しておこるてんかんのことです。また、側頭葉てんかんは病変が側頭葉の内側か外側かよっても症状が異なります。側頭葉は、言語処理や記憶処理、聴覚処理、物事の判断、感情の制御などにかかわる機能を持つため、てんかんのような異常をきたすと精神症状(既視感、未視感、恐怖感、離人感)を引きおこしたり、言語障害をおこしたり、応答がないことや覚えていないということ(意識減損)もあります。さらに側頭葉てんかんで、特徴的な症状として挙げ

房室ブロック

房室ブロックとは? 房室ブロックは心臓の組織内で信号の伝達が遅れたり、途絶えたりして心臓の拍動(はくどう)が乱れる症状のことです。 正常な心臓は、電気刺激によって興奮を起こし、拍動します。 その電気刺激の伝達が心房から心室へうまく届かなくなることで、心臓の動きが遅くなったり、一時的に止まったりします。 症状が軽く、治療の必要がないものもありますが、程度によってはペースメーカを埋め込む必要があります。原因の多くは加齢による心筋組織の変性ですが、他にも先天性心疾患や心筋症、薬の副作

発作性上室性頻拍

発作性上室性頻拍とは? 発作性上室性頻拍(ほっさいせいじょうしつせいひんぱく)では突然、脈拍が早くなったりします。それにより胸が苦しくなったり、息苦しくなるなどの症状がおこります。心臓の筋肉(心筋)の動きは微量の電気信号で動いています。この電気信号の乱れによって発作性上室性頻拍がおこります。心臓の動きに異常がおこることで脈が乱れたりといった症状が出るのです。 発作性上室性頻拍は発生する場所などにより、さらに分類されます。 命にかかわることは少ないですが、患者さんの職業などによっては

本態性高血圧

【執筆】守島 亜季 先生本態性高血圧とは? 本態性高血圧(ほんたいせいこうけつあつ)は、原因がはっきりせず、 もともと高血圧になりやすい体質であることや遺伝的な要素のほか、塩分の取りすぎ、運動不足、過度な飲酒、喫煙といった生活習慣に起因するもの、ストレスが原因で引き起こされると考えられています。これに対して、疾患や薬の副作用による高血圧で、原因がはっきりしているものを二次性高血圧といいます。 高血圧だからといって何かしらの症状を自覚することはほとんどありませんが、心臓や血管などの疾

二次性高血圧

【執筆】守島 亜季先生二次性高血圧とは? 二次性高血圧(にじせいこうけつあつ)は他の疾患が原因でおきている高血圧のことです。そのため、改善するためには原因になっている疾患を治療する必要があります。 原因にはホルモン分泌異常や慢性腎臓病、薬剤の副作用などがあります。また睡眠時無呼吸症候群なども高血圧の原因となります。 一方で、生活習慣や体質が原因と考えられるが、原因がはっきりしない高血圧を本態性高血圧といいます。二種類の高血圧は、原因によって治療の方法が変わるため何が原因で高血圧

急性心不全

急性心不全とは? 急性心不全(きゅうせいしんふぜん)は心臓の機能が低下して全身へ血液を送り出せなくなる病気です。 心臓疾患の中でも突然おきる心不全を急性心不全と言います。 それに対して何かしらの疾患により慢性的におこるものが慢性心不全です。 急性心不全の症状は呼吸困難や息切れが主な症状です。重症化すると「血圧低下」や、それに伴う「ショック症状」、また「意識障害」などがおこることもあります。症状が疑われる場合は早急に治療を受ける必要があり、緊急性の高い病気と言えます。心不全がおこ

脳卒中

 脳卒中とは? 脳卒中(のうそっちゅう)とは、脳の血管が詰まったり、破れてしまうことによっておこる病気の総称です。「脳梗塞」や「くも膜下出血」「脳出血」も脳卒中に分類されます。典型的な症状としては「激しい頭痛」や、血管の障害される個所によって「体のしびれや麻痺」「言葉が出てこない、どもる、理解できない」「目がかすむ、二重に見える」「ふらつく、力が入らない」などの症状がおこります。 脳卒中が疑われる場合は早急に診断を受け、治療をすることで、後遺症を軽減できる可能性があがります。 脳

情報リクエスト

病気スコープは、ユーザーの皆様が求めている情報を可能な限りお届けしたいと思っています。
「掲載されている病気についてより深く知りたい」「新しい情報として掲載してほしい病気がある」どちらの場合も、お気軽にリクエストしてください。
皆様の期待に応え続けることで、より信頼できるサイトとして成長して参ります。

どちらの情報をリクエストしますか?

または

※個別のご病気や治療法などの医療行為にかかわるお問合せには、
お答えできませんのでご了承ください。

送信完了

リクエストいただきありがとうございました。
いただいたご意見を元に、より信頼していただけるサイトとして成長して参ります。