ひとつのIDでさまざまな施設の順番待ち・予約が可能

EPARKグループ

住田 憲祐先生

スガモ駅前整形外科

東京都豊島区巣鴨1-14-3 藤ビル2階

医院HP

メッセージ

腰や膝、股関節等の整形外科的な痛みやしびれ等の症状を薬や注射ではなく、根本的に治療する事を心がけております。特にAKA-博田法を主体としたリハビリを専門にしております。従来の整形外科にAKA-博田法の考え方を取り入れ、より良質な医療情報を提供できるよう努めてまいります。
【関連医療機関】
のぞみ整形外科内科クリニック
所在地:千葉県流山市南流山1-18-13
医院HP:https://www.nozomi-clinic.info/

望クリニック
所在地:東京都豊島区巣鴨1-14-3藤ビル地下1階
医院HP:https://www.nozomi-clinic-japan.com/

専門科目

整形外科
リハビリテーション科

経歴

2005年 帝京大学医学部卒業
2012年 のぞみ整形外科内科クリニック開院
2017年 スガモ駅前整形外科開院
2020年 医療法人社団のぞみ会理事長
    スガモ駅前整形外科 院長
    のぞみ整形外科内科クリニック 院長
    望クリニック 副院長

資格・所属学会など

日本整形外科学会 所属
日本AKA医学会 指導医
日本プライマリケア学会 認定医

執筆・監修記事

病気

  • 肋間神経痛

    肋間神経痛とは、胸の部分の神経が障害されて痛みを感じる症状のことです。肋間(ろっかん)は肋骨と肋骨の間のことを指します。肋間神経は背中から肋骨にそって伸びています。この神経を障害することでおこる痛み全般のことを肋間神経痛とよびます。

    更新日: 公開日:

  • 圧迫骨折

    圧迫骨折とは、外からの衝撃を受けたり、骨がもろくなっていたりすることによって、背骨の一部が押しつぶされるように変形した状態を指します。腰や背中が痛みますが、自覚症状のないこともあります。背骨の変形した部分をコルセットやギプスで固定し、安静にすることで治療しますが、治りが悪い場合には手術を…

    更新日: 公開日:

  • 脊柱側弯症

    脊柱側弯症(せきちゅうそくわんしょう)とは、脊柱(せきちゅう)がねじれて曲がる病気です。「脊柱」を略して、「側弯症」と呼ばれることも多くあります。 成長期に進行することが多いため、容姿にコンプレックスを抱くようになるなど、精神的にも悪影響を与える恐れがあります。

    更新日: 公開日:

  • 手根管症候群

    手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)とは、手首から手の指先へ通っている正中神経(せいちゅうしんけい)が圧迫されることで、手の指に痛みやしびれ、こわばりがおこる病気です。手の使い過ぎによっておこることが多いとされています。

    更新日: 公開日:

  • ばね指

    バネ指とは、手の指の関節を動かす「腱(けん)」とその周辺に炎症がおこることで、痛みが出たり、指の曲げ伸ばしがしにくくなったりする病気です。 主な原因は手の指の使いすぎですが、老化、ホルモンのバランス、ほかの病気などが原因となることもあります。 薬や簡単な手術で痛みを取ることができます…

    更新日: 公開日:

コラム