股間・お尻の病気一覧 | 病気スコープ

股間・お尻の病気一覧

部位から調べる

直腸がん

直腸がんとは? 直腸がんは直腸にできる大腸がんのひとつです。大腸がん全般に共通して、進行するまで無症状のことが多く、血便などの症状が確認されてから発見された場合、かなり進行している可能性があります。早期であれば治療が可能なため、他のがん同様、定期的な検査を受けることが重要です。便潜血検査で陽性判定が出た場合は早めに医療機関を受診しましょう。 治療方法はがん切除や人口肛門など様々な方法がありますが、がんの進行状況を考慮して選択されます。可能な限り患者さんのQOLを意識した治療が求められま

前立腺肥大症

前立腺肥大症とは? 前立腺肥大症は、加齢に伴って前立腺の体積が大きくなることです。肥大が尿道や膀胱など、他の臓器に影響をあたえることで症状がおこります。前立腺の肥大は加齢にともなってほとんどの男性におこり、80歳代の男性90%に確認されています。 前立腺肥大症は、必ずしもすべての症例に対して治療が必要なものではありません。しかし、頻尿や尿がでないといった場合は治療が必要です。また、時には腎不全など他の病気の原因になることもあります。前立腺の肥大がおこるメカニズムは解明されていません。

外痔核

外痔核とは? 外痔核(がいじかく)は、一般的にいぼ痔とよばれます。同じいぼ痔でも肛門の歯状縁の内側にできるいぼ痔を内痔核、肛門外縁部にできるものが外痔核です。肛門の外側の皮膚には痛みを感じる神経があるため強い痛みを感じます。長時間同じ姿勢で血の巡りが悪くなることや排便時に無理な力がかかることが主な原因です。 外痔核であれば、強く痛むような場合でもほとんどは塗り薬によって数日で改善に向かいます。無理せず早急に医療機関を受診することが推奨されます。 外痔核の基礎知識 病名 外痔核

胆道閉鎖症

  胆道閉鎖症とは? 胆道閉鎖症(たんどうへいさしょう)は胆汁の通り道である胆道が閉じてしまう病気です。胆汁は消化を助ける働きがあり、胆のうから胆道を通って十二指腸で働きます。しかし、胆道が詰まってうまく流れなくなることで肝臓に滞留し黄疸などの症状がおこります。その状態を放置すると肝硬変や脳出血をおこすこともあり、胆汁性肝硬変症になれば回復が難しくなります。 胆道閉鎖症は生後まもなくの子供におこることが多い病気で、生まれつきの場合や生後すぐになんらかの原因によって胆道が詰まることがありま

糖尿病神経障害

糖尿病神経障害とは? 糖尿病神経障害(とうにょうびょうしんけいしょうがい)は糖尿病を起因にした神経障害です。高血糖の状態が続くと神経伝達に影響が出て末梢神経に障害が出ます。指先などにしびれや痛みを覚える場合もありますが、感覚が鈍くなり、何も感じなくなる場合もあります。 糖尿病性のこうした神経障害は「糖尿病性腎症」、「糖尿病性網膜症」と並ぶ糖尿病の三大合併症とよばれる典型的な症状です。治療には血糖コントロールがもっとも重要です。 糖尿病神経障害の基礎知識 病名 糖尿病神経障害 別

膀胱癌(ぼうこうがん)

膀胱がんとは? 膀胱(ぼうこう)がんは、尿をためるための臓器である膀胱にできるがんです。がんは初期では膀胱の粘膜にできます。また痛みを伴わずに血尿がおこるのも特徴です。進行していくと頻尿や下腹部に痛みが出現します。がんができることで膀胱炎などになる場合もあります。また膀胱がんが広がることで尿管口をふさぐと水腎症になり背中に鈍い痛みを感じるようになります。 がんが膀胱の筋層まで深くなると転移する可能性があります。リンパ節や肺、骨などに転移しやすく、膀胱がんの進行状態を示すステージによって

精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)

精索静脈瘤とは? 精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)は男性にのみおこる症状です。精巣付近の陰嚢部(いんのうぶ)の静脈に小さなこぶ(静脈瘤)ができる症状のことです。自覚症状がないことも多くありますが、痛みがあったり、左右の陰嚢の大きさが違うということで気づく場合もあります。 静脈瘤が原因で精巣内の温度上昇などがおこることもあります。その影響で「精子が少なくなる」「DNAが欠損する」といったことがおこり、不妊の原因になることがあります。精索静脈瘤は手術によって治療することが可能です。

食物アレルギー

食物アレルギーとは? 食物アレルギーは、「特定の食物が原因物質となるアレルギー疾患」です。蕁麻疹(じんましん)、発赤などの皮膚症状を中心に、さまざまな症状をきたします。腹痛などの消化器症状、喘息(ぜんそく)のような呼吸器症状が出るケースもあります。 同時に複数のアレルギー症状が出た状態をアナフィラキシーといいます。もっともリスクが高いのは、血圧が急激に低下(ショック症状)するアナフィラキシーショックです。 食物アレルギーの基礎知識 病名 食物アレルギー 別名 なし 症状

性器ヘルペス

性器ヘルペスとは? 性器ヘルペスは、男女ともに発症する病気です。性器に痒みや違和感が伴う約1~2ミリの水ぶくれが複数出現します。また、水ぶくれが破れて炎症を起こして、傷がえぐれた状態(潰瘍状態:かいようじょうたい)になることがあります。20~30歳代の男女に多く、女性が1.5倍程度で、発症率が高いとされています。男性は泌尿器科、女性は婦人科を受診します。 性器ヘルペスの情報まとめ 病名 性器ヘルペス 別名 陰部ヘルペス 症状 初発、再発の2つのタイプがあり、一般的には初発例

ループス腎炎

ループス腎炎とは? ループス腎炎(じんえん)は、自己免疫疾患のひとつ、全身性エリテマトーデス(※1)の症状としておこる腎臓病です。もともとループスとはオオカミを意味します。全身性エリテマトーデスによって起こる赤い発疹がオオカミに噛まれた後に似ているためで、全身性エリテマトーデスの英語での名称をそのまま仮名表記すると「システミック・ループス・エリテマトーデス」といいます。 腎炎は全身性エリテマトーデスの患者さんの多くに見られる症状です。また全身性エリテマトーデスは完治が難しい病気のため、

情報リクエスト

病気スコープは、ユーザーの皆様が求めている情報を可能な限りお届けしたいと思っています。
「掲載されている病気についてより深く知りたい」「新しい情報として掲載してほしい病気がある」どちらの場合も、お気軽にリクエストしてください。
皆様の期待に応え続けることで、より信頼できるサイトとして成長して参ります。

どちらの情報をリクエストしますか?

または

※個別のご病気や治療法などの医療行為にかかわるお問合せには、
お答えできませんのでご了承ください。

送信完了

リクエストいただきありがとうございました。
いただいたご意見を元に、より信頼していただけるサイトとして成長して参ります。