股間・お尻の病気一覧

部位から調べる

胆道閉鎖症

  胆道閉鎖症(たんどうへいさしょう)は胆汁の通り道である胆道が閉じてしまう病気です。胆汁は消化を助ける働きがあり、胆のうから胆道を通って十二指腸で働きます。しかし、胆道が詰まってうまく流れなくなることで肝臓に滞留し黄疸などの症状がおこります。その状態を放置すると肝硬変や脳出血をおこすこともあり、胆汁性肝硬変症になれば回復が難しくなります。 胆道閉鎖症は生後まもなくの子供におこることが多い病気で、生まれつきの場合や生後すぐになんらかの原因によって胆道が詰まることがあります。眼球の白目の部分

糖尿病神経障害

糖尿病神経障害の基礎知識 病名 糖尿病神経障害 別名 - 症状 糖尿病の患者さんに高血糖状態が続くと、まず手足の先からしびれやピリピリとした痛み、感覚の異常などが現れる。 このまま放置しておくと、痛みやしびれのために夜眠れなくなったり、こむら返りが起きたり、他の自律神経症状なども現れる。 手足も症状がひどくなると、靴擦れなどの足の先の傷から感染、膿みが生じ、足の壊疽(えそ)を起こし、切断に至ることもある。 【感覚・運動神経障害での症状】 基本的には両手、両足に対称性に症

膀胱癌(ぼうこうがん)

膀胱癌(ぼうこうがん)の情報まとめ病名 膀胱癌(ぼうこうがん)別名 特になし症状 自覚症状の無い無症候性肉眼的血尿(※1)や健診で指摘されるような顕微鏡的血尿(※2)、頻尿・排尿時痛・残尿感を伴う膀胱刺激症状をみとめることが多い。 特に無症候性肉眼的血尿は膀胱がんでは最も多い症状であり、注意が必要である。罹患者数 日本での2008年における膀胱がんの年齢調整罹患率は10万人あたり、年7.2人。発症しやすい年齢と

精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)

精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)の基礎知識 病名 精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう) 別名 特になし 症状 解剖学的に殆どのケースが左側に起こり、多くは無症状で経過することが多い。 左陰のう上部の腫れ(透けて太くなった血管が見えることもある)、左陰のうの痛みや違和感、精巣発達障害による精巣の左右差(右が左より大きくなる)を自覚することもある。 成年男子では、不妊症精査で精索静脈瘤(※1)を指摘されることが多い。 罹患者数 成人男子全体の約15%にみられる。

食物アレルギー

【執筆】杉村 久理 先生 食物アレルギーは、「特定の食物が原因物質となるアレルギー疾患」です。蕁麻疹(じんましん)、発赤などの皮膚症状を中心に、さまざまな症状をきたします。腹痛などの消化器症状、喘息(ぜんそく)のような呼吸器症状が出るケースもあります。 同時に複数のアレルギー症状が出た状態をアナフィラキシーといいます。もっともリスクが高いのは、血圧が急激に低下するアナフィラキシーショックです。食物アレルギーの情報まとめ病名 食物アレルギー別名

性器ヘルペス

【執筆】古平 喜一郎 先生  性器ヘルペスは、男女ともに発症する病気です。性器に痒みや違和感が伴う約1~2ミリの水ぶくれが複数出現します。また、水ぶくれが破れて炎症を起こして、傷がえぐれた状態(潰瘍状態:かいようじょうたい)になることがあります。20~30歳代の男女に多く、女性が1.5倍程度で、発症率が高いとされています。男性は泌尿器科、女性は婦人科を受診します。性器ヘルペスの情報まとめ病名 性器ヘルペス別名 陰部ヘルペス症

ループス腎炎

【執筆】福田 真 先生ループス腎炎の情報まとめ病名 ループス腎炎別名 なし症状 腎炎のみでは無症状のことが多いが、進行すると浮腫が出現することがある。 その他の全身性エリテマトーデス(SLE)による臓器障害の症状(皮膚や関節、肺、神経、消化器の障害からくるもの)が出現しうる。罹患者数 SLEの患者数が推定6、7万人。 そのうちの約80%に腎炎を発症する。発症しやすい年齢と性差 20から40歳代に好発し

大腸ポリープ

【執筆】大田 幹 先生大腸ポリープの情報まとめ病名 大腸ポリープ(Colorectal polyp)別名 -症状 基本的に無症状。 便潜血検査の異常や大腸内視鏡検査時に偶然発見されることが最も多い。 非常に大きなポリープで腹痛や便通異常を感じ、また肛門に近い場所にできたポリープでは血便を自覚することもある。罹患者数 大腸ポリープとは、腸壁から発生して管腔内に突出する組織の総称であり、腫瘍性の腺腫(※1)、非腫瘍性の

勃起不全(ぼっきふぜん)

勃起不全(ぼっきふぜん)の基礎知識 病名 勃起不全(ぼっきふぜん) 別名 ED(erectile dysfunction) 症状 勃起しない状態、性交渉を行うにあたって満足な勃起が認められない、または維持できない状態。 罹患者数 日本では40~70歳での調査では軽症から重症まで合わせて34.5%の有病率。 発症しやすい年齢と性差 50歳代で30.1%、60歳代で51.1%、70歳代で75.6%の有病率。 加齢とともに増加する。 原因 器質性と心因性の大きな2つの原因

尖圭コンジローマ

尖圭コンジローマの情報まとめ病名 尖圭コンジローマ別名 特になし症状 単発または複数のカリフラワー状のイボが外性器の周辺に認められ、色は肌色から褐色まで、大きさも様々だが、男性では亀頭部、包皮、陰嚢など、女性では陰唇、腟の手前(腟前庭部)、腟、子宮頚部(※1)などに発症する。 時には肛門や尿道内にも認めることがあるが、一般的には痛みなどの自覚症状は乏しい。罹患者数 全年齢層では10万人に対して約30人。発症しや

情報リクエスト

病気スコープは、ユーザーの皆様が求めている情報を可能な限りお届けしたいと思っています。
「掲載されている病気についてより深く知りたい」「新しい情報として掲載してほしい病気がある」どちらの場合も、お気軽にリクエストしてください。
皆様の期待に応え続けることで、より信頼できるサイトとして成長して参ります。

どちらの情報をリクエストしますか?

または

※個別のご病気や治療法などの医療行為にかかわるお問合せには、
お答えできませんのでご了承ください。

送信完了

リクエストいただきありがとうございました。
いただいたご意見を元に、より信頼していただけるサイトとして成長して参ります。