股間・お尻の病気一覧

部位から調べる

血栓性外痔核

【執筆】藤解 邦生 先生血栓性外痔核の情報まとめ病名 血栓性外痔核別名 いぼ痔症状 痛み、腫れ、硬く触れる。罹患者数 痔核の罹患率は4~55%とされる。発症しやすい年齢と性差 男女に差はなく、30歳代に多い。原因 下痢や便秘などの排便習慣や、香辛料、アルコールの飲みすぎも原因とされる。長時間同じ姿勢をとり続けた場合も発症する場合がある。受診の必要性 痛みや腫れがある場合は肛門科を受診する。

食中毒

【監修】板東 浩 先生(医学博士、内科医) 食中毒は、食事に由来する体調不良 食中毒は、「食事が原因の体調不良」を指しています。 食べ物自体はもちろん、食品添加物、調理器具、容器、包装などが原因の場合も含みます。 また、「食事に由来する体調不良」という条件を満たしているなら、胃腸症状ではなくても食中毒です。 「食品衛生法―第58条」では「食品、添加物、器具もしくは容器包装に起因して中毒した人(または、その疑いがある人)」を「食中毒患者等」と呼んでいます。 食中毒患者は胃腸症状

急性胃腸炎

【監修】板東 浩 先生(医学博士、内科医) 急性胃腸炎は、胃腸に発生する急性の炎症 急性胃腸炎は、嘔吐・下痢・腹痛を主な症状とする一過性の病気です。ウイルス・細菌などによる「感染性胃腸炎」、アレルギーなどを原因とする「非感染性胃腸炎」の2種類に大別することができます。感染性の急性胃腸炎 この記事では、主に感染性胃腸炎を扱います。「何に感染したか」によって、さらに細分化することができます。▼ウイルス性胃腸炎 ノロウイルス、ロタウイルス、腸管アデノウイルスなどが主

大腸がん

【監修】板東 浩 先生(医学博士、内科医) 大腸がんとはそもそもどんな病気? 大腸がんとは、大腸にできるがんのこと 大腸がんは食べ物などの水分を吸収し、そのほかの成分を肛門へ運ぶ役割を持つ「大腸」にできるがんのことを指します。 がんが発生する場所で名前が異なり、小腸から直腸の手前あたりにできたがんは「結腸がん」といい、便の出口に近い部分にできたがんは「直腸がん」と呼びます。 大腸がんには良性の腺腫(せんしゅ)と呼ばれるポリープががん化するケースと、正常な粘膜が直接がん化するケースが

梅毒

【監修】板東 浩 先生(医学博士、内科医)梅毒は昔から流行っていた性病の1つ 梅毒は近年、全国的に感染者が増加している性病です。 NIID国立感染症研究所がおこなった感染症発生動向調査(2015年)によれば、2008~2014年の患者報告数は計6,745例(男性は5,262例、女性は1,483例)(2015年1月15日集計暫定値)となっており、各年の報告者数は以下の通り増加傾向を示しています。また、東京都感染症情報センターの統計をみても、2011年の梅毒感染者報告数が248

坐骨神経痛

【監修】板東 浩 先生(医学博士、内科医)坐骨神経痛とは? 坐骨神経痛は、下半身に広がる坐骨神経がさまざまな要因で刺激を受け、下半身にしびれや痛みを引き起こす症状です。 さまざまな要因とは、坐骨神経に影響を及ぼす病気や外傷が挙げられます。 原因がはっきりと分かっている場合、病気の症状の一つとして坐骨神経痛という名前を用いることがあります。また、原因が分からない場合は、症状ではなく病気として扱われることもあります。しびれや痛みは腰からお尻、太もも、ふくらはぎ、足先ま

子宮頸がん

【監修】板東 浩 先生(医学博士、内科医)子宮頸がんは早期治療をおこなうことで治る見込みはあります。 しかし、他の部位にがんができることもあるため、注意が必要です。 30~40代で発症する傾向にありましたが、近年は若い人が発症する傾向にあります。 子宮頸がんの基礎知識そもそも「がん」とは? 「がん」は日本人の2人に1人はかかる病気です。 人間の身体は多くの細胞からできており、健康的な細胞に過度な負担をかけるようなストレスや強い刺激を与え過ぎると、一部が「がん細胞

子宮体がん

【監修】板東 浩 先生(医学博士、内科医) 子宮体がんは子宮がんの1つ 子宮体がんは、「子宮がん」の種類の1つで、別名「子宮内膜がん」とも呼ばれます。子宮体がんは子宮の内側にある子宮内膜でがん細胞が発生する病気です。もう1つの子宮がんは「子宮頚がん」といい、子宮の入り口である子宮頚部、子宮上皮にがん細胞ができます。 二つの子宮がんの違いは、がん細胞ができる場所だけでなく、根本的な原因が違うことです。子宮体がんの原因はエストロゲンという女性ホルモンの分泌が影響しますが、子宮頚がんの原因はヒ

子宮筋腫

【監修】板東 浩 先生(医学博士、内科医) 子宮筋腫は原因不明の良性腫瘍 (しゅよう) 子宮筋腫は子宮の内側や周りの膜、筋肉に良性の腫瘍ができる病気です。はっきりとした原因はわかっておりませんが、女性ホルモンのエストロゲンの影響で発症するという説があります。 腫瘍は女性ホルモンが増えると大きくなり、放っておくと10cm以上にふくれあがりますが、あくまで良性の腫瘍です。がんのような悪性ではないため、他の部位に転移することもありません。腫瘍が大きくなると、月経異常や痛みを伴い、他の器官への負

慢性便秘

【監修】板東 浩 先生(医学博士、内科医) 高齢になると男性にも増える慢性便秘 慢性便秘は高齢者に多い病気です。60代以上では男性の患者様が増加し、80代以上になると女性よりも男性の方が多くなります。 原因①:食事・水分の摂取量の減少 高齢になればなるほど食事の量、水分の摂取量が減るためです。 当然便は硬くなり、排便の頻度は2~3日に1回に減少していきます。 筋肉も衰えて便が出しにくくなる方が多くなります。 原因②:筋肉の衰え 便は直腸や肛門といった便の出口に到達すると周辺

情報リクエスト

病気スコープは、ユーザーの皆様が求めている情報を可能な限りお届けしたいと思っています。
「掲載されている病気についてより深く知りたい」「新しい情報として掲載してほしい病気がある」どちらの場合も、お気軽にリクエストしてください。
皆様の期待に応え続けることで、より信頼できるサイトとして成長して参ります。

どちらの情報をリクエストしますか?

または

送信完了

リクエストいただきありがとうございました。
いただいたご意見を元に、より信頼していただけるサイトとして成長して参ります。