ひとつのIDでさまざまな施設の順番待ち・予約が可能

EPARKグループ

夜間・休日に電話1本で医師がご自宅へ

急な発熱時など往診(自宅で診察・処方)の無料電話相談を受付しています。

0066-98090-0345523(無料電話相談)

夜間・休日に電話1本で医師ご自宅へ

今すぐ電話する無料電話

しきゅうぽりーぷ子宮ポリープ

しきゅうないまくぽりーぷ/しきゅうけいかんぽりーぷ子宮内膜ポリープ/子宮頚管ポリープ
更新日:2022/08/03 公開日:2020/02/13 view数:17,066
目次
  1. 子宮内膜ポリープとは
  2. 子宮ポリープの症状
  3. 子宮ポリープの診療科目・検査方法
  4. 子宮ポリープの原因
  5. 子宮ポリープの予防・治療方法・治療期間
  6. 子宮ポリープの治療経過(合併症・後遺症)
  7. 子宮ポリープになりやすい年齢や性別

子宮内膜ポリープとは

子宮にできる隆起性病変であるポリープをいいます。不性出血の原因となることが多く、子宮のどこにできるかによって呼び方が違います。

子宮内膜ポリープ

子宮内膜ポリープとは、子宮内膜表面から突出した結節で、40~50代に多い疾病です。大きさはさまざまです。不正出血がおこり、そのために、貧血となる場合がありますが、多くは良性です。経腟超音波検査に異常がみられた場合、子宮内膜ポリープの存在を疑います。不妊の原因にもなりえます。

子宮頚管ポリープ

子宮頚管ポリープ(しきゅうけいかん~)とは、子宮頚管の粘膜に組織が増殖したもので、大きさは3mm~1cmほどです。その多くは良性です。

子宮ポリープの症状

重い生理痛や、月経過多、不正出血、貧血を伴うことがあります。ただし、自覚症状がないことも多く、定期検診や、不妊症に対しておこなわれる検査で、偶然発見されることも多くあります。

子宮内膜ポリープ

子宮内膜の変形が着床の妨げとなって、不妊症の原因となることもあります。

子宮頚管ポリープ

不正出血や、性交時出血、また、おりものに膿(うみ)が混ざっていることもあります。

子宮ポリープの診療科目・検査方法

婦人科を受診してください。
子宮内膜ポリープも、子宮頚管ポリープも多くは良性で、悪性化することはほとんどありません。ただし、稀にポリープではなく、悪性の腫瘍であったり、前がん病変であったりすることもあるため、ポリープを切除して病理組織診断をおこないます。

どちらのポリープも超音波検査やMRIで疑われた場合、子宮鏡(ファイバースコープ)で詳しく検査します。子宮内膜が増殖する前、つまり、生理直後の検査が有効です。

子宮ポリープの原因

原因は明らかではありませんが、女性ホルモンとの関係が深いとみられています。また、慢性的な炎症、出産時の刺激なども原因の一つと考えられています。

子宮内膜ポリープ

エストロゲン(卵胞ホルモン)の増加や、感受性の高さがポリープの成長を促進させていると考えられています。

子宮頚管ポリープ

原因ははっきりとはわかっていません。慢性的な炎症によっておこることがあります。

子宮ポリープの予防・治療方法・治療期間

自然治癒はしないため、見つかったら切除するのが原則です。ただし、不正出血、月経困難など自覚症状がない場合や、不妊に影響していない場合は、経過観察(1年に1度程度)とすることもあります。不妊の患者さんに対する子宮鏡下の子宮内膜ポリープ摘出術は、妊娠率を高めるとする報告が多く寄せられています。

ポリープを切除する手術は、先端にメスを付けた子宮鏡を膣から挿入し、そのまま切除します。よほど大きなものでなければ、外来の処置室での切除が可能です。数分で終わりますので、入院の必要はありません。また、切除したポリープに対しては、病理組織診断をおこないます。

子宮ポリープの治療経過(合併症・後遺症)

切除後は少量の出血が続くこともあるため、激しい運動や性交渉は控えてください。

切除後や、経過観察の場合でも、不正出血や、おりものの増加、性交時の出血などがみられた場合には、婦人科の受診が必要です。
取り除いても、また再発する可能性があります。

子宮ポリープになりやすい年齢や性別

すべての女性に発症する恐れがあります。
子宮内膜ポリープは、とくに40~50代の女性に多くみられます。
子宮頚管ポリープは、30~50代の出産を経験した女性に多くみられます。

執筆・監修ドクター

石野 博嗣
石野 博嗣 医師 石野医院 副院長 担当科目 婦人科/内科

経歴1999年 日本医科大学産婦人科教室入局 日本医科大学付属病院 産婦人科研修医
2001年 国立横須賀病院(現 横須賀市立うわまち病院) 産婦人科
2002年 東京都保健医療公社 東部地域病院 婦人科
2003年 日本医科大学付属病院 女性診療科・産科 助手代理
2004年 日本医科大学付属第二病院 女性診療科・産科 助手
現在 石野医院の副院長

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):

関連する病気

子宮ポリープ以外の病気に関する情報を探したい方はこちら。

関連カテゴリ

子宮ポリープに関連するカテゴリはこちら。