ひとつのIDでさまざまな施設の順番待ち・予約が可能

EPARKグループ

咳が出る症状から病気を調べる

咳が出る

「咳が出る」症状は、主に喉に違和感をあり、「コンコン、ゴホゴホ」といった喉に何かが引っかかったような息(咳)を出します。風邪やインフルエンザにより喉に炎症が起き、咳が出ることもあります。また、空気の乾燥、緊張により喉が乾燥してしまい、咳が出ることもあります。咳は、自分で止めることは難しく、出始めると止まらないこともあります。このような場合多くは、気管支炎や気管支喘息などの状態にあたります。
疑われる病気は、感冒(風邪症候群)、肺炎、気管支喘息、COPD、咳喘息などが考えられます。
主な受診科目は、内科、呼吸器内科です。
医院・クリニックでは咳が出るが疑われる場合には問診、聴診、レントゲン検査など、感冒(風邪症候群)が疑われる場合には、問診、聴診、触診、胸部レントゲン検査など、肺炎が疑われる場合には、問診、聴診、迅速検査、レントゲン検査、呼吸機能検査(スパイロメトリー)、血液検査、CT検査など、気管支喘息、COPD、咳喘息が疑われる場合には、問診、聴診、レントゲン検査、血液検査、呼吸機能検査(スパイロメトリー)、気道過敏性試験などを実施する可能性があります。
症状によって考えられる病気は年齢や持病歴によってさまざまです。
症状がひどい、症状が続くなどございましたら、お早めに地域の医院を受診するようにしてください。

咳が出る症状に関する記事