眼が痛い・かゆいの病気一覧

症状から調べる

アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎とは? アレルギー性結膜炎は、眼の白目部分に位置する結膜がアレルギー反応によって炎症をおこして、赤く充血する症状が特徴です。結膜は、抗菌作用のある粘液や涙を分泌して、細菌などの異物から目を守る働きがあります。その結膜にアレルギー抗原が付くことで異物を排除しようとしてくしゃみやかゆみといったアレルギー反応がおきます。アレルギー性結膜炎には、スギやブタクサなどの花粉に反応しておこる季節性のものと、ハウスダストなどが原因になる通年性のものがあり、年々、罹患者数が増加傾向にある

ドライアイ

ドライアイとは? ドライアイは涙の量が減ってしまったり、涙の成分バランスが変わってしまうことで、「目が乾く」「目に異物感がある」などの症状がおこります。また「涙が止まらない」といった症状を訴える患者さんもいます。本来、涙は常時少しずつ分泌され、涙の膜で眼の乾燥を防いだり、異物から守り、栄養を運ぶ働きがあります。 しかし、デスクワークによるパソコンの長時間使用やスマートフォンの見すぎによる目への負担、コンタクトレンズの普及、花粉症によるアレルギー性結膜炎などが原因となり、涙の分泌量が減り

シェーグレン症候群

シェーグレン症候群とは? シェーグレン症候群は、唾液腺や涙腺などの体液を分泌する腺に白血球が侵入することでおこります。白血球によって腺が傷つけられて、口の中や眼球が乾燥します。こうした症状は目や口に限らず、鼻や気管支などでもおこる可能性があり、粘膜が乾燥することで組織が炎症をおこすこともあります。 難病に指定されており、原因はわかっていませんが、関節リウマチなどと同様に自己免疫疾患ではないかと考えられています。また、その他の自己免疫疾患と合併しておこることがあります。 シェーグレン症

結膜下出血

結膜下出血(けつまくかしゅっけつ)とは? 結膜下出血は、結膜という白目部分の膜にある血管が破れて、出血した状態をさしています。出血の状態によっては見た目でもわかるほど真っ赤になりますが、出血だけであれば痛みやかゆみはありません。主な原因としては眼をぶつけたことによる衝撃によるものが多いといわれています。その他にも、生活習慣の乱れによって血管が破れることでおこる場合もあります。 わりとよくおこる可能性のある症状といえますが、中には肝臓病、腎臓病、白血病といった内科的疾患が隠れている可能性

網膜剥離

網膜剥離とは? 網膜剥離(もうまくはくり)は、眼の中で光を感知して脳に信号を送る役割を持つ網膜がはがれてしまう症状のことです。網膜がはがれてしまうと視野障害が出ます。飛蚊症や光視症などの症状が発症初期におこり、そのまま放置していると進行して失明してしまうこともあります。 外傷などで強い力がかかって網膜剥離になる場合のほか、糖尿病の三大合併症とされる糖尿病性網膜症などの病気が原因でおこることもあります。 網膜剥離の基礎知識 病名 網膜剥離 別名 なし 症状 視界異常、視力低

先天性風疹症候群

先天性風疹症候群とは? 先天性風疹症候群(せんてんせいふうしんしょうこうぐん)は、母親が妊娠初期に風疹にかかることで、出生時に新生児が発症する症状のことです。胎児の時に風疹ウイルスに感染することで、先天性心疾患、難聴、白内障の三大症状がおこります。ほかにも網膜症、糖尿病を発症したり、発育遅延がおこる場合もあります。 風疹ワクチンの普及によって先天性風疹症候群は減少傾向にありますが、妊娠を望む場合は注意しなければならない病気です。 先天性風疹症候群の基礎知識 病名 先天性風疹症候群

白内障

白内障とは? 白内障は、「眼球内でレンズの役割を果たしている水晶体が白濁する病気」です。視力低下、視界のかすみなど、見え方にさまざまな問題が生じます。 老化に伴って白内障になる例も多く、これは加齢性白内障と呼ばれます。年齢と症状の程度に応じて、「点眼で進行を遅らせる」または「外科的手術で人口の眼内レンズを入れる」といった治療をおこないます。 紫外線・放射線などの悪影響で白内障リスクが上がるので、ふだんから「つば広の帽子」「UVカットのサングラス」などで目を保護しましょう。皮膚の日焼け

ジカ熱

【監修】板東 浩 先生(医学博士、内科医) ジカウイルスによって発症するジカ熱 ジカ熱は、ジカウイルスに感染することで発症する感染症です。 ウイルスを持つ蚊に刺されてから2~12日で発症することがあります。 症状として軽度の発熱、関節痛、頭痛、倦怠感といったものが出てきます。 しかしながら、ジカウイルス感染者の8割は発症しません。 妊婦がジカウイルスに感染すると胎児に胎内感染していまい、小頭症(しょうとうしょう)を引き起こすことがあります。 子どもの成長にも影響を及ぼすた

緑内障

緑内障とは? 緑内障(りょくないしょう)は、「眼球内の圧力(眼圧)が上がる、血流が悪くなるなど、様々な理由で視神経が障害される病気」です。だんだん視野が欠けていき、放置すると最終的に失明に至る危険もあります。ただし、進行はゆっくりで、本人もなかなか症状に気づきません。年齢が進むほど罹患率が上がり、日本眼科学会によれば、40歳以上の日本人は「20人に1人」の割合で緑内障に罹患しているようです。 緑内障に似た名前の病気として「白内障」がありますが、こちらは水晶体が白濁することが原因です。白

花粉症

【監修】板東 浩 先生(医学博士、内科医)花粉症はスギやヒノキが花粉を出す2~5月に流行する傾向にあります。 スギやヒノキ以外にもブタクサやイネといった植物の花粉でも発症します。 そのため春だけでなく、夏、秋にかけて花粉症になる可能性はあります。 花粉症について花粉症ってどんな病気? 花粉症は名前のとおり花粉が関係して発症し、くしゃみや鼻みず、鼻づまりを引き起こしたり、目がかゆくなったり、のどが痛くなったりする病気です。 日本では4人に1人が発症しているとされてお

病気スコープ編集部
2018年7月24日

情報リクエスト

病気スコープは、ユーザーの皆様が求めている情報を可能な限りお届けしたいと思っています。
「掲載されている病気についてより深く知りたい」「新しい情報として掲載してほしい病気がある」どちらの場合も、お気軽にリクエストしてください。
皆様の期待に応え続けることで、より信頼できるサイトとして成長して参ります。

どちらの情報をリクエストしますか?

または

※個別のご病気や治療法などの医療行為にかかわるお問合せには、
お答えできませんのでご了承ください。

送信完了

リクエストいただきありがとうございました。
いただいたご意見を元に、より信頼していただけるサイトとして成長して参ります。