眠れない・ストレスの病気一覧

症状から調べる

男性更年期障害

男性更年期障害とは? 男性更年期障害は、男性ホルモンの低下によって発症します。原因の多くは加齢によるものと言われていますが、環境の変化やストレスなども要因になります。男性ホルモンの分泌は20代をピークに年齢を重ねるにつれて少なくなります。40代以降になると男性ホルモンの分泌不足によって自律神経のバランスが崩れやすくなり、男性更年期障害の症状があらわれます。抑うつ的な症状や怒りっぽくなる、常に眠い、眠れないといったものから、皮膚がたるむなどの症状まで様々です。 男性の場合は女性の閉経と異

慢性疲労症候群

慢性疲労症候群とは? 慢性疲労症候群(まんせいひろうしょうこうぐん)は、原因不明の疲労感が日常的におこる症状です。体温が高くなり、筋肉痛や気分の落ち込み、認知症のような症状がおこることもあります。あくまで慢性的に疲労した状態とは異なりこうした症状が確認されます。ストレスや遺伝など原因について推測されていまるものはありますが解明されていません。 さまざまな疾患には当てはまらず、原因も不明なため効果的な治療法もありません。そのため、あくまで対処療法的な治療となります。 慢性疲労症候群の基

摂食障害

摂食障害とは? 摂食障害(せっしょくしょうがい)は、主に2つの症状があります。食事を極端にとらなくなる「拒食症」と食事を大量に摂取することがやめられない「過食症」です。 日常の出来事に影響されて食事を受け付けなくなったり、逆に食べ過ぎてしまうということは誰にでもあります。そうした行動が極端になったものが摂食障害です。 10代の女性に多く、「痩せていること」が評価される社会背景からの影響など、心理的要素が摂食障害に大きく関係しています。栄養失調や糖尿病、他の精神疾患との合併症などをおこす

不眠症

不眠症とは? 不眠症(ふみんしょう)は、睡眠障害のひとつで「不眠障害」と診断される症状です。不眠症はなかなか眠れない「入眠障害」、睡眠中に目が覚める「中途覚醒」、早朝に目覚める「早朝覚醒」に分けられます。生活のリズムが乱れたり、精神的なストレスなどがきっかけとなることが多く、症状を何度も繰り返す状態が不眠症です。 こうした症状は「今日も眠れないかもしれない」「また途中で目覚めて熟睡できないのでは」と睡眠に対して不安に感じるなどでさらに症状が繰り返され悪循環を起こします。 不眠症の基礎

更年期障害

更年期障害とは? 更年期障害は、40~50代の女性におこる症状です。卵胞ホルモンなどの女性ホルモンの分泌が低下することで、さまざまな症状がでることを更年期障害と呼びます。更年期障害の症状は人によって異なり、のぼせや動悸、めまい、イライラや不安感が消えない、眠れないなど幅広いことが知られています。こうした症状は3~5年程度でしだいに終息していきます。 更年期障害の基礎知識 病名 更年期障害 別名 - 症状 血管運動神経症状である、顔のほてり・のぼせ(ホットフラッシュ)、異常な

バセドウ病

【監修】板東 浩 先生(医学博士、内科医) バセドウ病は女性に多い、甲状腺の病気 バセドウ病は、甲状腺ホルモンが過剰に分泌され、甲状腺機能が活発になりすぎる自己免疫疾患の一つです。 甲状腺ホルモンの分泌量が過剰になり、血液中の甲状腺ホルモンの量が多い状態を甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)と呼びます。 バセドウ病は、甲状腺機能亢進症の代表的な疾患です。 反対に、甲状腺ホルモンの分泌量が低下する病気を、橋本病と呼びます。 発症の男女比は1:4~5 バセドウ病を

うつ病

【監修】板東 浩 先生(医学博士、内科医)うつ病は、多くの人が経験する精神疾患の1つです。 日本では生涯有病率(一生の間にうつ病にかかる人の割合)が3~7%とされています。 おおよそ20人に1人くらいが、人生で1回はうつ病になる計算です。 うつ病の定義と診断基準 アメリカ精神医学会の「DSM-5(精神障害の診断と統計マニュアル:第5版)」によれば、うつ病の正式名称は「大うつ病性障害」となっています。 誰でも、一時的に気持ちが落ちこむことはありますが、普通は時間の経過ととも

五月病(季節性うつ)

【監修】板東 浩 先生(医学博士、内科医)世間でいうところの五月病は、精神的な疲弊のサインかもしれません。一部は「季節性情動障害(季節性うつ)」に進展する恐れもあり、決して軽んじることはできないのです。 また、気力低下に加えて、あまりに気分の落ちこみが激しい場合は、「うつ病」「適応障害」などメンタルの病気を疑う必要も出てきます。 うつ病とは 眠れない、食欲がない、一日中気分が落ち込んでいる、何をしても楽しめないなど、このような「気分が落ち込む」「憂うつ」が長期にわたって続いている

血清尿酸値

【監修】北村 聖 先生(東京大学医学教育国際協力研究センター教授)血のなかにある尿酸という成分が高いと、高尿酸血症という病気になることが考えられます。 肥満体型で食事量が多い人は注意が必要です。 肥満体型の人は他の生活習慣病にもかかりやすいため、合併症にも気をつけましょう。 血清尿酸値、気にしていますか 近年、食生活の欧米化などのライフスタイルの変化に伴い、血清尿酸値の高い人が増加傾向にあります。 血清尿酸値が高くなると高尿酸血症を発症し、放っておくと関節などに激痛を伴

睡眠障害

【監修】板東 浩 先生(医学博士、内科医)睡眠障害は不眠症や過眠症など、意識の覚醒と睡眠リズムの異常で起こる病気の総称です。 日中眠くなったり、夜眠れなくなったりと、タイプはさまざまです。 主な改善方法は睡眠時間を確保すること、覚醒リズムを整えること、睡眠の質を上げることなどが挙げられます。 あなたはどのタイプ?睡眠障害のタイプ 睡眠障害は大きく5つのタイプに分類されます。 入眠障害眠りにつこうと布団にはいってもなかなか寝付けない、寝付けないことでさらに眠れないの

病気スコープ編集部
2018年7月13日

情報リクエスト

病気スコープは、ユーザーの皆様が求めている情報を可能な限りお届けしたいと思っています。
「掲載されている病気についてより深く知りたい」「新しい情報として掲載してほしい病気がある」どちらの場合も、お気軽にリクエストしてください。
皆様の期待に応え続けることで、より信頼できるサイトとして成長して参ります。

どちらの情報をリクエストしますか?

または

※個別のご病気や治療法などの医療行為にかかわるお問合せには、
お答えできませんのでご了承ください。

送信完了

リクエストいただきありがとうございました。
いただいたご意見を元に、より信頼していただけるサイトとして成長して参ります。