ひとつのIDでさまざまな施設の順番待ち・予約が可能

EPARKグループ

夜間・休日に電話1本で医師がご自宅へ

急な発熱時など往診(自宅で診察・処方)の無料電話相談を受付しています。

0066-98090-0345523(無料電話相談)

夜間・休日に電話1本で医師ご自宅へ

今すぐ電話する無料電話

ホルモンの病気を調べる

「ホルモンの病気から病気を調べる」では、ホルモンの病気に関わる病気について一覧で調べることができます。

ホルモンとは、甲状腺から分泌される物質のことで、身体のさまざまな器官の新陳代謝の働きを担っています。甲状腺以外では、副腎から分泌するホルモンの異常で高血圧を引き起こすことがあります。
食べていないのに太る、イライラするなどの症状はホルモンバランスが崩れている可能性があります。

ホルモンに関連する病気には、「橋本病」「甲状腺機能亢進症(バセドウ病)」「粉瘤」「子宮筋腫」「原発性アルドステロン症」「アジソン病」「下垂体腺腫」「先端巨大症(アクロメガリー)」「副腎腫瘍」「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう・にきび)」が挙げられます。そのほか「中枢性尿崩症」「腎性尿崩症」「子宮肥大」「乳がん」「子宮体がん」「うつ病」「甲状腺機能低下症」「悪性リンパ腫」などが挙げられます。

主な診療科目は、内分泌内科、内科、婦人科、産婦人科です。

ホルモンの病気は多様で、症状によって考えられる病気も年齢や持病歴によってさまざまです。症状が重い場合や症状が続く際には、早めに地域の病院を受診してください。

ホルモンに関連する病気を以下の病名一覧から選択すると、病気の症状・原因・治療などの詳しい情報や、何科を受診すればよいかなどを知ることができます。

病気一覧

ホルモンの病気に関する医師が執筆・監修した記事はこちら。

他の種類から調べる

ホルモンの病気以外の種類から病気の情報を探したい方はこちら。

よく見られている病気

アクセス数の多いよく見られている病気はこちら。

新着コラム

医師が執筆・監修した病気に関するコラムはこちら。

コラムランキング

アクセス数の多い病気に関するコラムのランキングはこちら。