ひとつのIDでさまざまな施設の順番待ち・予約が可能

EPARKグループ

先天性疾患の病気を調べる

「先天性疾患から病気を調べる」では、先天性疾患に関わる病気について一覧で調べることができます。

先天性疾患とは生まれたときから持っている病気のことを指します。先天性疾患を持って生まれる赤ちゃんの確率は、出生数全体の3~5%といわれており、原因は染色体や遺伝子の変化、赤ちゃんのときの環境によるものが多いとされています。

先天性疾患に関わる病気には、「吃音(きつおん)」や「口唇口蓋裂」「道化師様魚鱗癬」「先天性心疾患」「ダウン症候群」「筋ジストロフィー」「ターナー症候群」「1型糖尿病」「クラインフェルター症候群」など、さまざまな種類があります。そのほか「先天性風疹症候群」「レット症候群」「歌舞伎症候群」「毛巣洞」「色覚異常」「エーラスダンロス症候群」「コケイン症候群」「ヌーナン症候群」「神経線維腫」などが挙げられます。

主な診療科目は、小児科、産婦人科、小児外科、整形外科です。また、部位によって診療科目が異なります。成人後も支援・治療が必要になる場合があります。

先天性疾患は多様で、症状によって考えられる病気も年齢や持病歴によってさまざまです。症状が重い場合や症状が続く際には、早めに地域の病院を受診してください。

先天性疾患に関連する病気を以下の病名一覧から選択すると、病気の症状・原因・治療などの詳しい情報や、何科を受診すればよいかなどを知ることができます。

病気一覧

先天性疾患に関する医師が執筆・監修した記事はこちら。

よく見られている病気

アクセス数の多いよく見られている病気はこちら。

新着コラム

医師が執筆・監修した病気に関するコラムはこちら。

コラムランキング

アクセス数の多い病気に関するコラムのランキングはこちら。