鼻づまり・鼻みずの病気一覧

症状から調べる

花粉症

【監修】板東 浩 先生(医学博士、内科医)花粉症はスギやヒノキが花粉を出す2~5月に流行する傾向にあります。 スギやヒノキ以外にもブタクサやイネといった植物の花粉でも発症します。 そのため春だけでなく、夏、秋にかけて花粉症になる可能性はあります。 花粉症について花粉症ってどんな病気? 花粉症は名前のとおり花粉が関係して発症し、くしゃみや鼻みず、鼻づまりを引き起こしたり、目がかゆくなったり、のどが痛くなったりする病気です。 日本では4人に1人が発症しているとされてお

インフルエンザ

【監修】板東 浩 先生(医学博士、内科医)インフルエンザウイルスによって引き起こされる感染症で、風邪とは違い症状が急速に悪化するのが特徴です。 症状の特徴は、1~3日で38度を越える高熱、のどの痛み、頭痛、全身のだるさや関節痛などです。 流行時期は、季節性のインフルエンザの場合、11~12月頃から流行が始まり、1~3月頃にピークを迎えます。 インフルエンザとはどんな病気?インフルエンザとは、インフルエンザウイルスによって引き起こされる感染症です。 風邪はさまざまなウ

子どものアレルギー性鼻炎

【監修】北村 聖 先生(東京大学医学教育国際協力研究センター教授)アレルギー性鼻炎はハウスダストや花粉でアレルギー反応が起こり、鼻水やくしゃみが出る病気です。 子どもが発症すると集中力が低下し、学業に影響する場合があります。 乳幼児は呼吸がしにくくなり、食事も難しくなります。 鼻をいじる子どもは注意!アレルギー性鼻炎 ハウスダスト(※)や花粉などで鼻粘膜が刺激されて起こる鼻炎をアレルギー性鼻炎といいます。 最近では発症の低年齢化も進み、子どものアレルギー性鼻炎も多くみら

子供の夏の感染症

【監修】板東 浩 先生(医学博士、内科医)子どもが夏になりやすい感染症は、 ・手足口病 ・プール熱 ・ヘルパンギーナ ・溶連菌感染症 などがあります。 主にくしゃみや咳の症状があり、便からの感染やプールを介して感染します。 症状が治まるまで薬と対症療法でしっかり療養しましょう。 夏に子どもがかかりやすい感染症 夏に子供がかかりやすい感染症は、手足口病 や咽頭結膜熱(プール熱) 、ヘルパンギーナ 、溶連菌感染症(猩紅熱(しょうこうねつ))などがあ

アレルギー性鼻炎

【監修】北村 聖 先生(東京大学医学教育国際協力研究センター教授)アレルギー性鼻炎の原因は、ほこりやダニといったハウスダスト、花粉が主なものとなります。 治療は鼻水、鼻詰まり、くしゃみを抑える薬や、アレルギー反応を抑える薬を使用します。 なるべく原因に接触しないように過ごすことが大切です。 アレルギー性鼻炎ってどんな病気? かぜでもないのに、くしゃみや鼻水がとまらない。鼻もつまり鼻水が出る。そんな症状が起こったら、アレルギー性鼻炎かもしれません。 アレルギー性鼻炎は、ア

鼻づまり

【監修】板東 浩 先生(医学博士、内科医)鼻がつまる症状で考えられるのは、鼻炎や鼻腔炎です。 原因はウイルスによるもの、アレルギーによるものが考えられます。 病気以外にも外傷で鼻が曲がる、先天的に鼻の構造が異常であることが考えられます。 治療は薬を用いて鼻水を抑え、通りを良くします。 説明 つらい鼻の悩みである鼻づまりやくしゃみなどの症状は、「一年中こんなもの」と見過ごされがちです。鼻の病気には「鼻炎」と「副鼻腔炎(蓄膿症)」があります。 原因を特定することで症状の

情報リクエスト

病気スコープは、ユーザーの皆様が求めている情報を可能な限りお届けしたいと思っています。
「掲載されている病気についてより深く知りたい」「新しい情報として掲載してほしい病気がある」どちらの場合も、お気軽にリクエストしてください。
皆様の期待に応え続けることで、より信頼できるサイトとして成長して参ります。

どちらの情報をリクエストしますか?

または

送信完了

リクエストいただきありがとうございました。
いただいたご意見を元に、より信頼していただけるサイトとして成長して参ります。