子宮筋腫

子宮筋腫の基本情報

 

子宮筋腫とは?

子宮筋腫は、子宮にできる良性腫瘍です。良性なので転移することは無く、子宮筋腫自体が生命にかかわることもありません。ただし、放置すると10kgを超えるほど大きくなる恐れもあります。大きくなると、不正出血などの自覚症状が出てきます。そのため、鉄欠乏性貧血などの原因になっている場合もあります。また不妊の原因になることもあります。

子宮筋腫の基礎知識

病名

子宮筋腫

別名

特になし

症状

初期は無症状。筋腫の拡大に従って過多月経、不正出血、腹部圧迫症状、不妊症など。筋腫の発生部位により粘膜下筋腫(ねんまくかきんしゅ)、筋層内筋腫(きんそうないきんしゅ)、漿膜下筋腫(しょうまくかきんしゅ)に分類される。
粘膜下筋腫では、早期から過多月経や不正出血、不妊症などの症状が起こりやすい。

罹患者数

30代以上女性の20~30%

発症しやすい年齢と性差

女性のみ

原因

原因は不明であるが、エストロゲンにより増悪すると考えられている。

受診の必要性

初期には症状がないことから、定期的な婦人科検診を受診しておくことが必要。
過多月経や繰り返す不正出血、原因不明の貧血などで診断されることも多い。
婦人科、産婦人科での受診が望ましい。

検査内容

内診、超音波、MRI

治療可否

子宮全摘術、筋腫核出術、GnRha。低用量ピルやジエノゲスト、IUSは過多月経の軽減を期待し使用されることがあるが、子宮筋腫への適応は無い。
粘膜下筋腫については、TCR(経頸管的摘出術:けいけいかんてきてきしゅじゅつじゅつ)の適応となる事がある。

治療法

子宮全的術による根治術。筋腫核出術では再発の可能性が低くはない。
薬物療法は根治術ではなく術前の筋腫の縮小、もしくは閉経まで継続することで症状を軽減させることを目的とする。
現在はUAE(子宮動脈塞栓術)やFUS(MRガイド下収束超音波治療)などの侵襲(しんしゅう)の少ない新しい治療法も行われているが、術後の妊娠出産への安全性は確立されておらず、さらに十分な検討が必要である。

治療期間

閉経まで。根治手術ではその限りではない。

■医師が推薦する情報サイト

婦人科疾患の診断治療管理 腫瘍と類腫瘍

■参考サイト

婦人科疾患の診断治療管理 腫瘍と類腫瘍

 

子宮筋腫は原因不明の良性腫瘍 (しゅよう)

子宮筋腫は子宮の内側や周りの膜、筋肉に良性の腫瘍ができる病気です。はっきりとした原因はわかっておりませんが、女性ホルモンのエストロゲンの影響で発症するという説があります。

腫瘍は女性ホルモンが増えると大きくなり、放っておくと10cm以上にふくれあがりますが、あくまで良性の腫瘍です。がんのような悪性ではないため、他の部位に転移することもありません。腫瘍が大きくなると、月経異常や痛みを伴い、他の器官への負担を掛けますが、直接命に関わる病気ではありません。

平成26年にとった厚労省の統計では、1日の受診患者数が約1万2千人、総患者数10万4千人となっており、女性特有の病気のなかでは多い数字です。女性にとって無視できない病気といえます。

【参考】厚生労働省大臣官房統計情報部 患者調査(傷病分類編)

子宮筋腫は原因不明の良性腫瘍 (しゅよう)

子宮筋腫の種類

子宮筋腫は、腫瘍のできる場所や形状の違いで種類が異なります。種類については下の表にあるとおりです。

筋層内筋腫(きんそうないきんしゅ)

子宮筋腫患者の6~7割がこのタイプといわれています。子宮の筋肉(子宮筋層)にできる筋腫です。

複数かつ、大きくなりやすいのが特徴です。筋腫が小さいときは自覚症状がほとんどありませんが、大きくなると子宮内膜の面積が増え、月経の期間や量に異常が出ます。

【参考】E.婦人科疾患の診断・治療・管理-8.腫瘍と類腫瘍

漿膜下筋腫(しょうまくかきんしゅ)子宮を包む漿膜(しょうまく)という部分にできる筋腫です。子宮の外側にでき、コブのように大きくなったり、イクラのように何個もできたりすることがあります。あまり症状は見られず、気づかないことが多いですが、大きくなると周りの器官を圧迫し、下腹部痛や腰痛などの症状がおこります。
粘膜下筋腫(ねんまくかきんしゅ)

子宮の内側にある子宮内膜にできます。子宮筋腫のなかでは患者数が少ないものの、出血が多くなるのがこのタイプです。

子宮内膜に腫瘍ができるために、小さな物でも月経過多や不正出血を引き起こします。他にも月経とは関係なく黄色く水っぽいおりもので気が付く場合もあります。

また、子宮内膜がでこぼこになるため、受精卵が着床しにくくなり、不妊につながる可能性もあります。

筋腫分娩(きんしゅぶんべん)

粘膜下筋腫が茎のように細長くなって子宮内にぶら下がることがあります(有形粘膜下筋腫:ゆうけいねんまくかきんしゅ)。

この筋腫が異物を押し出そうとする人間本来の作用によって子宮から膣に押し出されてしまうのが筋腫分娩です。押し出されるときに陣痛に近い痛みを伴います。

この状態になると、月経とは関係なく出血が続きます。また、膿が混じった大量の出血の場合もあります。

多発性筋腫数種類の子宮筋腫ができている状態です。10個以上の筋腫ができることもありますが、命に関わることはありません。
頸部筋腫(けいぶきんしゅ)

子宮の入り口である子宮頚部に筋腫ができるタイプで、ごくまれに見られます。

筋腫が大きくなると、尿道を塞いだり、反対に膀胱を圧迫して頻尿になることがあります。

手術の際に出血が多くなり、手術で摘出しにくい筋腫です。
また、妊婦の場合、産道がふさがれ、帝王切開が必要となることがあります。

有茎漿膜下筋腫(ゆうけいしょうまくかきんしゅ)漿膜下に筋腫ができる際、茎のような細長い部位ができてぶら下がるような形状になっている筋腫です。この筋腫も珍しいタイプですが、茎部分がねじれると血流が滞り、激痛を引き起こします。これを「茎捻転(けいねんてん)」といいます。
【執筆】高橋 誠治 先生
都道府県から病院・クリニックを探す
病院・クリニックを探す
病気スコープ編集部
2017年12月23日

情報リクエスト

病気スコープは、ユーザーの皆様が求めている情報を可能な限りお届けしたいと思っています。
「掲載されている病気についてより深く知りたい」「新しい情報として掲載してほしい病気がある」どちらの場合も、お気軽にリクエストしてください。
皆様の期待に応え続けることで、より信頼できるサイトとして成長して参ります。

どちらの情報をリクエストしますか?

または

※個別のご病気や治療法などの医療行為にかかわるお問合せには、
お答えできませんのでご了承ください。

送信完了

リクエストいただきありがとうございました。
いただいたご意見を元に、より信頼していただけるサイトとして成長して参ります。