ひとつのIDでさまざまな施設の順番待ち・予約が可能

EPARKグループ

性器からの不正出血症状から病気を調べる

「性器からの不正出血」症状は、主に生理ではない期間に女性器より出血が確認できます。腹痛や発熱などの体調不良を伴うこともあります。不正出血が症状としてある人の中には、腹部にしこりや腫れが確認できる場合もあります。出血は、ナプキンを当てないと足りない量からトイレに行って排尿時にティッシュで女性器を拭い、そこに出血を確認できる程度などの状態があります。
疑われる病気は、子宮筋腫、子宮内膜炎、子宮体がん、子宮頸がん、ポリープなどが考えられます。
主な受診科目は、婦人科、産婦人科です。
医院・クリニックでは「性器からの不正出血」と訴える場合には問診、触診、超音波診断、画像診断(MRI)、血液検査、腫瘍マーカーなどを実施する可能性があります。
症状によって考えられる病気は年齢や持病歴によってさまざまです。
症状がひどい、症状が続くなどございましたら、お早めに地域の医院を受診するようにしてください。

性器からの不正出血症状に関する記事