ひとつのIDでさまざまな施設の順番待ち・予約が可能

EPARKグループ

顔が腫れる・むくむ症状から病気を調べる

顔が腫れる・むくむ

「顔が腫れる、むくむ」症状は、主に顔が重い、熱を持って熱い、顔がだるいといった症状があります。これらの症状は、目の上や頬など一部に感じることもありますが、顔全体に感じることもあります。触るといつもより厚みがあるように感じ、鏡で確かめると顔全体、一部が赤い、いつもより腫れて大きく見えるなどの状態にあたります。
疑われる病気は、上顎洞がん、アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎、蕁麻疹、甲状腺機能低下症などが考えられます。
主な受診科目は、耳鼻咽喉科、皮膚科、内分泌内科です。
医院・クリニックでは顔が腫れる、むくむと訴える場合には問診、触診、CT検査、MRI検査など、上顎洞がんが疑われる場合には、問診、CT検査、レントゲン検査など、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹が疑われる場合には、問診、触診、血液検査など、接触性皮膚炎が疑われる場合には、問診、パッチテストなど、甲状腺機能低下症が疑われる場合には、問診、血液検査、超音波検査、CT検査やPET検査などを実施する可能性があります。
症状によって考えられる病気は年齢や持病歴によってさまざまです。
症状がひどい、症状が続くなどございましたら、お早めに地域の医院を受診するようにしてください。