帯状疱疹

帯状疱疹を発症したら診するべき科目とタイミングは?

【監修】板東 浩 先生(医学博士、内科医)

 

帯状疱疹を発症したら皮膚科か内科を受診します。
問診と視診で診断が下る場合が多いです。

帯状疱疹を診てもらう病院に通うタイミング

初期症状が出たら病院に通うことが大切

帯状疱疹は痛みや発疹など、初期段階で病院に通うことが重要です。
早いうちから治療を進めることで重症化や後遺症・合併症のリスクを軽減させ、治療期間を短くすることにもつながります。

初期の痛みだけがある段階では診断が難しいものの、片側だけに帯状の発疹や痛みが現れることが診断への手がかりになります。

帯状疱疹を診てもらう病院に通うタイミング

帯状疱疹で受診するべき科目:皮膚科を受診

水ぶくれや痛みなどが皮膚の症状が主なため、内科ではなく皮膚科を受診しましょう。
症状がはっきりせず帯状疱疹なのか疑問がある場合は、内科でも診てもらえます。

検査の大半は問診と視診で済む場合が多く、状況に応じて水疱(すいほう)を採取し、顕微鏡でウイルスを詳しく調べることもあります。

受診時に先生に伝えるべき情報

皮膚科で診てもらうときは、以下の2点を説明してください。

  • ①過去に水ぼうそうになったことがあるか
  • ②水疱自体にかゆみや痛みがあるか

この2つを話すことで医師も診断しやすく、治療をスムーズに進めることができます。
また、症状が顔や頭部にある場合は合併症を伴う危険もあるので、眼科や耳鼻科もあわせて受診することをおすすめします。

板東浩先生
 【監修医】医学博士 / 内科医: 板東浩 先生
 1957年生まれ。
 1981年 徳島大学を卒業。
 ECFMG資格を得て、米国でfamily medicineを臨床研修。
 抗加齢医学、糖質制限、プライマリ・ケア、統合医療などの研究を行う。
 
都道府県から病院・クリニックを探す
病院・クリニックを探す
病気スコープ編集部
2017年10月24日

情報リクエスト

病気スコープは、ユーザーの皆様が求めている情報を可能な限りお届けしたいと思っています。
「掲載されている病気についてより深く知りたい」「新しい情報として掲載してほしい病気がある」どちらの場合も、お気軽にリクエストしてください。
皆様の期待に応え続けることで、より信頼できるサイトとして成長して参ります。

どちらの情報をリクエストしますか?

または

※個別のご病気や治療法などの医療行為にかかわるお問合せには、
お答えできませんのでご了承ください。

送信完了

リクエストいただきありがとうございました。
いただいたご意見を元に、より信頼していただけるサイトとして成長して参ります。