粉瘤とは? | 病気スコープ
粉瘤

粉瘤の説明

【監修】板東 浩 先生(医学博士、内科医)

粉瘤(ふんりゅう)は良性の皮下腫瘍

粉瘤はアテロームや表皮嚢腫(ひょうひのうしゅ)とも呼ばれます。
代謝によって落ちる垢や角質が表皮の内部に溜まってしまい、顔やお尻だけでなく全身に大小さまざまな袋のようなもの(膿疱/のうほう)ができる病気です。
袋を圧迫して中身を出すと、臭いのある粘り気のある物質が出ます。

発症者に男女差はなく、年齢問わず発症する病気です。

粉瘤の種類

粉瘤の主な種類は以下のようなものがあります。

外毛根鞘嚢腫(がいもうこんしょうのうしゅ)

顔面や頭部に発生することが多いアテロームで、特に髪の毛があるところには増殖性外毛根鞘腫ができやすいとされます。

多発性毛包嚢腫(たはつせいもうほうのうしゅ)/脂腺嚢腫(しせんのうしゅ)

腕や首、わき、胸に発生することが多いです。思春期や若年成人期に発症している人が多いため、ホルモンバランスが原因と考えられています。
また、出てくる膿は黄色い粘液で、通常の粉瘤と違い臭いを発しないのが特徴です。

粉瘤の種類

炎症性粉瘤(えんしょうせいふんりゅう)

粉瘤に細菌が混じり、炎症を起こして赤くなったものです。痛みを伴います。

外傷性表皮嚢腫(がいしょうせいひょうひのうしゅ)

足の裏や手のひらにできる嚢腫で、外傷によって皮膚の一部が皮膚の下にめくりこんでできます。タコやウオノメと間違えやすい症状です。

毛包腫(もうほうしゅ)

10mm以下のドーム状の丘疹(きゅうしん)で、顔面の特に鼻近くにできるものです。
中央に角化性小陥凹(かくかせいしょうかんおう)があり、羊毛に似た複数の幼弱毛が生えています。

板東浩先生
 【監修医】医学博士 / 内科医: 板東浩 先生
 1957年生まれ。
 1981年 徳島大学を卒業。
 ECFMG資格を得て、米国でfamily medicineを臨床研修。
 抗加齢医学、糖質制限、プライマリ・ケア、統合医療などの研究を行う。
 

情報リクエスト

病気スコープは、ユーザーの皆様が求めている情報を可能な限りお届けしたいと思っています。
「掲載されている病気についてより深く知りたい」「新しい情報として掲載してほしい病気がある」どちらの場合も、お気軽にリクエストしてください。
皆様の期待に応え続けることで、より信頼できるサイトとして成長して参ります。

どちらの情報をリクエストしますか?

または

※個別のご病気や治療法などの医療行為にかかわるお問合せには、
お答えできませんのでご了承ください。

送信完了

リクエストいただきありがとうございました。
いただいたご意見を元に、より信頼していただけるサイトとして成長して参ります。