ひとつのIDでさまざまな施設の順番待ち・予約が可能

EPARKグループ

頭部の感覚の鈍さ症状から病気を調べる

「頭部の感覚の鈍さ」症状は、主に頭にモヤがかかったように感じ、痛いわけではなく、なんとなく重い、すっきりしなく感じます。 自分で触ると直接的に触っているのではなく、オブラートに包まれている部分を触られているように感じます。頭部の感覚が鈍くなるとブラシで頭部をこすったり、指で掻いたりする加減を感じにくく傷に成る程こすってしまうなどの状態にあたります。
疑われる病気は、脳梗塞、慢性硬膜下血腫、脳出血、頭部神経痛、感覚障害などが考えられます。
主な受診科目は、神経内科、脳神経外科です。
医院・クリニックでは頭部の感覚の鈍さが疑われる場合には問診、CT検査、MRI検査など、脳梗塞、慢性硬膜下血腫、脳出血、頭部神経痛、感覚障害が疑われる場合には、問診、触診、CT検査、MRI検査などを実施する可能性があります。
症状によって考えられる病気は年齢や持病歴によってさまざまです。
症状がひどい、症状が続くなどございましたら、お早めに地域の医院を受診するようにしてください。