心の病気一覧

部位から調べる

パニック障害

【監修】板東 浩 先生(医学博士、内科医) パニック障害とは? パニック障害とは、強い不安に駆られると突然動悸や息切れを起こしてしまう病気です。 発作的に動悸や息切れが起こりますが、すぐに治まります。そしてまた同じような場面に出くわすと発症するというパターンを繰り返します。 さらに症状が続くと、ありもしないことに不安を覚えたり、人前や人混みに出ることができなくなってしまいます。 他の精神障害を患うこともあるので、早めに治療するべき病気です。 病気の種類としては、「不安障害」の一つで

アスペルガー症候群

【監修】板東 浩 先生(医学博士、内科医) アスペルガー症候群の特徴 アスペルガー症候群は、発達障害の1つで、広い意味での「自閉症」に含まれます。 発達障害とは「生まれつき、脳の発達が普通と異なる」という意味です。アスペルガー症候群のほかにも、ADHD(注意欠陥・多動性障害)、LD(学習障害)などが広く知られています。ADHDは「注意力散漫で突発的な行動が目立つ」、LDは「特定分野の学習において習得能力が低い」などの特徴を有します。 次に自閉症は、「社会参加・対人関係の困難」「コミュニ

うつ病

【監修】板東 浩 先生(医学博士、内科医) うつ病の定義と診断基準 アメリカ精神医学界の「DSM-5(精神障害の診断と統計マニュアル:第5版)」によれば、うつ病の正式名称は「大うつ病性障害」となっています。 誰でも、一時的に気持ちが落ちこむことはありますが、普通は時間の経過とともに緩和されていきます。 このような一時的な憂うつを「抑うつ状態」と呼びます。抑うつ状態になっているだけでは、うつ病とは言えません。 うつ病―大うつ病性障害と診断されるには、以下の9項目のうち5項目が2週間以

自律神経失調症

【監修】板東 浩 先生(医学博士、内科医)自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経のバランスが崩れた状態です。 自律神経の乱れによって起こっていると考えられ、ほかの原因が見当たらない場合、心身に現れる不調を自律神経失調症と呼びます。 自律神経とは何か? 簡単に表現するなら、自律神経は「本人の意思と関係なく、自動的に身体の調子を整える神経」です。 「交感神経(=活発に動く方向に調節)」と「副交感神経(=リラックスする方向に調節)」が相互にバランスをとりながら、身体機能を調節し

統合失調症

【監修】板東 浩 先生(医学博士、内科医) 統合失調症とは? 統合失調症は、比較的、高頻度で見られる精神疾患の1つです。 生涯の中で統合失調症に罹患する確率は1%程度と考えられています。 100人に1人くらいの割合で、生涯に1度は統合失調症にかかることになります。 主な症状としては、「幻覚」「妄想」などが知られています。 幻覚は「存在しないものを知覚する症状」、妄想は「現実ではない物事を信じこむ症状」です。 これらは統合失調症の代表的な症状といえます。 ただ、幻覚・妄想

五月病(季節性うつ)

【監修】板東 浩 先生(医学博士、内科医) うつ病とは 眠れない、食欲がない、一日中気分が落ち込んでいる、何をしても楽しめないなど、このような「気分が落ち込む」「憂うつ」が長期にわたって続いている場合、うつ病の可能性があります。 うつ病は、精神的ストレスや身体的ストレスが重なることなど、さまざまな理由から脳の機能障害が起きている状態のことを言います。この状態になってしまうと、ものの見方が否定的・悲観的になり、自分がダメな人間だと感じてしまいます。 普段なら乗り越えられるストレスもより

急性アルコール中毒

【監修】板東 浩 先生(医学博士、内科医)お酒を飲む量によって吸収の速度と酔いの度合いが変わってきます。 飲める量に個人差はありますが、あまり大量かつ一気に飲むと急性アルコール中毒になりやすくなります。 もし中毒者が出た場合は、救急車を呼んで応急処置をしましょう。 飲んだお酒は体の中でどうなるのか1.お酒を飲むと、約20%のアルコールは胃の中で吸収され、残りは小腸でゆっくりと吸収されます。 2.次に肝臓で「アルコール脱水素酵素」という分解酵素がアルコールをアセト

秋バテ(季節性うつ)

【監修】板東 浩 先生(医学博士、内科医)季節性うつは、雨や台風が多い時期に気分が落ち込むことです。 気圧の変化で自律神経が乱れることがあります。 対策としてはお風呂にゆっくりつかったり、睡眠をしっかり取るといった、自律神経を整える行動が大切です。 気温の変化で起こる「秋バテ」とは? 秋は雨の日が多かったり台風などもきたり、気圧がとても乱れやすい季節です。気圧の変化は頭痛やめまい、食欲がなくなる、疲れやすい、だるい、立ちくらみがする、寝不足でボーっとするなど身体に様々な変化

睡眠障害

【監修】板東 浩 先生(医学博士、内科医)睡眠障害は不眠症や過眠症など、意識の覚醒と睡眠リズムの異常で起こる病気の総称です。 日中眠くなったり、夜眠れなくなったりと、タイプはさまざまです。 主な改善方法は睡眠時間を確保すること、覚醒リズムを整えること、睡眠の質を上げることなどが挙げられます。 あなたはどのタイプ?睡眠障害のタイプ 不眠症には大きく5つのタイプに分類されます。 入眠障害夜は必ず11時には床につくようにしているのに眠れない。本を読んだり、携帯電話をいじ

適応障害

【監修】板東 浩 先生(医学博士、内科医)適応障害はストレスが原因で起きる病気です。 うつ状態になり塞ぎ込んだり、非行に走るといった情緒面と行動面の変化が現れます。 ストレスを受けてから症状が現れる3ヶ月以内、社会的や職業的な障害が起きていると、診断基準に当てはまります。 説明 適応障害とは、生活が変化することにストレスを感じ、そのストレスに適応できずに生じる心の症状です。 「学校に行けない」「無気力でやる気が出ない」などの症状があらわれ、社会生活に影響します。悪いこと