ひとつのIDでさまざまな施設の順番待ち・予約が可能

EPARKグループ

虫刺され

目次
  1. 概要
  2. 症状
  3. 原因
  4. 検査方法と主な診療科目
  5. 治療方法と治療期間
  6. 治療の展望と予後
  7. 発症しやすい年代と性差
医師

【執筆ドクター】

 板東 浩 先生

概要

虫刺されとは?

人を刺す虫は身の回りに多数存在しています。蚊や蜂、ムカデといった代表的な虫の、刺されたときの症状を今一度理解しておきましょう。
じんましん、アトピー性皮膚炎、脂漏性皮膚炎といった皮膚疾患としっかり区別することが大切です。虫刺されは「虫に刺されないようにすること」で予防できますから、虫刺されの季節―夏が来る前にしっかり対策しておきましょう。

症状

虫さされとは、刺咬症(しこうしょう)といい、皮膚が虫に刺されたり触れたりした箇所にできるピンク色や赤色の盛り上がった発疹です。
日常的な「虫さされ」※は、大きく4つに分けることができます。

1.刺されるとかゆみを引き起こす

蚊、ダニ、ノミ

2.刺されると痛さ、かゆみを引き起こす

アブ、ブヨ

3.刺されると痛み、ショック症状を引き起こす

蜂、ムカデ

4.触れると皮膚が炎症を起こす

毛虫
※砂漠のサソリや、クラゲやヒトデといった海洋生物は除きます。

蚊による症状は唾液によるアレルギー反応によっておこる痒みである。ブヨに刺されると、半日ほどで赤く腫れて激しいかゆみが続く。蚊が媒体となり、感染するジカ熱がある。ジカウイルスを持った蚊に刺されると発症し、妊婦が感染した場合、胎児が小頭症になる可能性がある。日本国内での感染報告はまだないが、渡航先で感染することもある。
アブに刺されると、強い痛みを感じる。注入される唾液によってしだいに患部に激しい腫れと痒みの症状があらわれる。
イエダニはまれに人間に寄生することもあり、血を吸われると激しいかゆみを引き起こす。マダニは感染症を媒介することもあるため、刺されると「ダニ媒介感染症」を引き起こす恐れがある。ツメダニは屋内に生息するダニで、まれに人間を刺す。刺されると、痒みを伴う赤い発疹が出る。
ムカデは噛まれると激痛が走って患部が腫れ、しびれを引き起こす。時間をおいて腫れや発熱の症状をおこすことがある。
また、「アナフィラキシーショック」を起こすこともある。
蜂の被害は秋の野外レジャーで多く、刺されると患部に激しい痛みを伴い、赤く腫れる。初めて刺された場合は通常1日以内に症状は治まるものの、2回目以降は蜂の毒に対するアレルギー反応があらわれる。人によってはショック症状として「アナフィラキシーショック」を起こし、しびれる、意識喪失、血圧低下などで死に至ることもある。
蝶や蛾の幼虫(ケムシ/イモムシ)の毛に触れることで、腫れて痒みを起こすことがある。これは、有毒毛を持つケムシに触れた場合に起こる皮膚炎によるものである。

原因

白と黒のシマシマ模様が特徴のヒトスジシマカ、日本脳炎を媒介するアカイエカなど、日本には約100種類の蚊が生息していると言われている。また、蚊は虫刺されだけでなく、フィラリアなどを媒介することもある。
痒みの原因は、血を吸う時に血が固まらないよう注入する唾液である。
唾液によるアレルギー反応によって痒みがおこる。
成虫は普段、花の蜜や果実の汁を吸っているが、栄養が必要になる産卵の時期に人間や家畜など動物の血を吸う。血を吸うのはメスの蚊のみで、オスは吸わない。

ブヨ・アブ

ブヨもアブも、メスだけが人間や家畜などの動物の血を吸う。蜂とは異なり、自ら人間に寄ってくる。

ダニ

ダニは地球上のあらゆる場所に生息しており、日本では約2000種類が知られている。ダニは成虫になると足の数が8本になるため、昆虫(アリなど)よりクモの仲間に近い生物。日常で害が多いのはイエダニで屋外に生息しており、ネズミやペットに寄生する。屋外に生息するダニでは、マダニにも注意が必要である。

クモ

ほとんどのクモが捕食のために毒を持っている。
日本には、人を死に至らしめるほどの猛毒を持つクモはいないものの、「カバキコマチグモ」や「セアカゴケグモ」は強い毒を持っているので注意が必要である。
「カバキコマチグモ」は山地を問わず草むらや水田、山林など至る所に生息している。

ムカデ

ムカデは夜行性で、落ち葉や朽ち木の下など暗い場所に住んでいる。
そのため目はほとんど退化しているが、ニオイや振動に敏感で、素早い動きもあわせもっている。ムカデの種類によってはかなり強い毒を持っており、トカゲやヒキガエルなどを捕食する。

人間を刺す蜂の代表的なものはアシナガバチ、スズメバチです。
日常生活を送る中でミツバチに刺されることは一般的に少なく、刺されるケースは稀である。

ケムシ

ケムシの有毒毛には毒針毛(どくしんもう)と毒棘(どくきょく)があり、毒針毛はドクガ類(ドクガ、チャドクガなど)、毒棘はイラガ類(イラガ、ヒロヘリアオイラガなど)の幼虫にある。
これらに触れると、激しい痒みを伴う症状があらわれる。
洗濯ものなどに毒針毛が付いていて、知らずに服をきたことで痒みをおこすこともある。

検査方法と主な診療科目

軽症であれば受診の必要はない。虫刺されの後に、高熱やじんましんが出た、症状が長引く、範囲が広い、かゆみや痛みが強いなどの場合は皮膚科を受診する。ハチなどではアナフィラキシーに注意する。

治療方法と治療期間

刺されてしまった場合は患部を清潔にし、炎症にあわせて市販の虫さされ薬、抗菌薬やステロイドの塗り薬を使い分ける。ブヨやアブに刺された場合の治療では、抗生物質とステロイド剤、痛み止めなどで治療する。
マダニに刺された場合、ダニの体をむりに剥がすのはよくない。マダニの体液が皮膚に流れ込んだり、口器(節足動物の口)が皮膚に残ったりすることで炎症を起こす。
クモに噛まれタ場合は傷跡からクモの種類を特定することはできないため、詳しい診断のためにはクモを持参する必要がある。
ケムシによる場合は掻きむしると発疹の範囲が広くなってしまうことがあるので注意する。
虫刺されを防ぐためには、以下のことに気をくばる。
・屋内に虫を入れない
⇒網戸の設置や、忌避剤の活用
・屋外では長袖、長ズボンを着用する
・殺虫剤や虫除けを使用する
・刺されてしまったときに備えて、かゆみ止めを携帯する

治療の展望と予後

子供はかゆみを我慢できず、皮膚を掻き壊してしまうことがあるので注意が必要である。傷つけられた皮膚に病原体が感染し、とびひ(正式には「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」に発展することがある。家庭内に兄弟がいたり、保育所に通っていたりすると感染を広めてしまうことも考えられる。
とびひを予防するためには、肌を清潔にし、入浴後は軟膏を塗ってガーゼで保護する。
爪を短く切りそろえるなどの対策も有効である。
アナフィラキシーなどがおこる場合は生命に関わる場合もあるため注意が必要である。

発症しやすい年代と性差

年代や性差に関わらず、原因生物が生息する地域に住んでいる、あるいは旅行する場合は誰でも虫刺されがおこる可能性がある。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):