ひとつのIDでさまざまな施設の順番待ち・予約が可能

EPARKグループ

爪の病気を調べる

「爪の部位から病気を調べる」では、爪の病気に関わる病名を一覧で探すことができます。

爪の病気の症状は、爪がでこぼこしている、爪に黄ばみがある、爪が変色・変形する、爪に黒い線ができるなどさまざまな症状があります。そのほかにも、爪の付け根の皮膚が茶色になる、爪が剥がれる、爪に縦線ができたと訴える人もいます。また生まれつき爪がないという人もいます。
爪に症状が出るときは、甲状腺や貧血などの病気のサインになっている可能性があります。

爪の病気で疑われる病気は「爪水虫」「爪白癬」「爪下血腫」「爪甲色素線条」「爪変色」「黄色爪症候群」「緑色爪症候群」「爪甲縦裂症」「爪甲剥離症」「匙状爪」「爪真菌症」の可能性が考えられます。このほか「急性爪囲炎」「陥入爪」「正中爪変形」「糖尿病足病変」「無爪症」の可能性もあります。

爪の病気の主な診療科目は、皮膚科です。

爪の病気の種類や爪の病気になる人の特徴は多様で、考えられる病気も年齢や持病歴によってさまざまです。
爪に違和感がある、また症状が重い場合や症状が続く際には、早めに地域の病院を受診してください。

爪に関連する病気を以下の病名一覧から選択すると、病気の症状・原因・治療などの詳しい情報や、何科を受診すればよいかなどを知ることができます。

病気一覧

爪の病気の部位に関する医師が執筆・監修した記事はこちら。

他の部位から調べる

爪の病気以外の部位から病気の情報を探したい方はこちら。

部位から調べる 一覧

よく見られている病気

アクセス数の多いよく見られている病気はこちら。

新着コラム

爪の病気部位に関する医師が執筆・監修したコラムはこちら。

コラムランキング

アクセス数の多い病気に関するコラムのランキングはこちら。