胸・腹部の病気一覧

部位から調べる

房室ブロック

房室ブロックとは? 房室ブロックは心臓の組織内で信号の伝達が遅れたり、途絶えたりして心臓の脈動が乱れる症状のことです。 正常な心臓は、電気刺激によって興奮を起こし、脈動します。 その電気刺激の伝達が心房から心室へうまく届かなくなることで、心臓の動きが遅くなったり、一時的に止まったりします。 症状が軽く、治療の必要がないものもありますが、程度によってはペースメーカを埋め込む必要があります。原因は先天性心疾患や心筋症、薬の副作用によるもの、加齢による機能不全などの場合が考えられます

発作性上室性頻拍

発作性上室性頻拍とは? 発作性上室性頻拍(ほっさいせいじょうしつせいひんぱく)では突然、脈拍が早くなったりします。それにより胸が苦しくなったり、息苦しくなるなどの症状がおこります。心臓の筋肉(心筋)の動きは微量の電気信号で動いています。この電気信号の乱れによって発作性上室性頻拍がおこります。心臓の動きに異常がおこることで脈が乱れたりといった症状が出るのです。 発作性上室性頻拍は発生する場所などにより、さらに分類されます。 命にかかわることは少ないですが、患者さんの職業などによっては

急性心不全

急性心不全とは? 急性心不全(きゅうせいしんふぜん)は心臓の機能が低下して全身へ血液を送り出せなくなる病気です。 心臓疾患の中でも突然おきる心不全を急性心不全と言います。 それに対して何かしらの疾患により慢性的におこるものが慢性心不全です。 急性心不全の症状は呼吸困難や息切れが主な症状です。重症化すると「血圧低下」や、それに伴う「ショック症状」、また「意識障害」などがおこることもあります。症状が疑われる場合は早急に治療を受ける必要があり、緊急性の高い病気と言えます。心不全がおこ

肝性脳症

肝性脳症(かんせいのうしょう)は肝硬変や肝炎などで肝臓に障害がおこることで発症します。肝臓の機能低下によってアンモニアが解毒・分解されずに脳に回って脳に障害をおこします。 症状は「眠気」や「生活習慣の乱れ」など肝性脳症の症状として本人や周りの人が認識しづらいものから、「異常行動」や「昏睡」まで重症度によって様々です。肝性脳症では、鳥の羽ばたきのような動きをする「羽ばたき振戦」と呼ばれる特徴的な症状が手指に確認されます。 肝性脳症の症状が確認された場合は早急に治療を開始しないと命に関わるこ

肺塞栓症・肺梗塞

肺塞栓症とは? 肺塞栓症(はいそくせんしょう)は、主に静脈でできた血の固まり(血栓)によって、心臓から肺へ血液を送る血管(肺動脈)が詰まってしまう症状のことです。肺梗塞やエコノミークラス症候群は肺塞栓症の別名でもあります。血栓は飛行機などの乗り物などに乗った際に長時間同じ姿勢で、水分を取らずにいると静脈内でできることがあります。 また手術や妊娠などが原因の場合もあります。肺動脈が詰まると酸素を血液に取り込めず、全身へ血液を送れないなどの症状がおこります。そのため、命にかかわる病気ともい

市中肺炎

市中肺炎は、肺炎にかかった場所により分類された肺炎の一つです。病院などの医療機関や介護などの環境下ではなく、「日常生活の中でかかった肺炎」は市中肺炎という総称で呼ばれます。 原因は肺炎球菌やマイコプラズマなどの菌やウイルスへの感染によるものが多いです。 また原因菌などにより、症状が異なる可能性があります。市中肺炎の情報まとめ病名 市中肺炎別名 医療・介護との関連が見られない肺炎の総称症状 発熱、咳・痰、呼吸数増加、呼吸困難、胸痛な

胆道閉鎖症

  胆道閉鎖症(たんどうへいさしょう)は胆汁の通り道である胆道が閉じてしまう病気です。胆汁は消化を助ける働きがあり、胆のうから胆道を通って十二指腸で働きます。しかし、胆道が詰まってうまく流れなくなることで肝臓に滞留し黄疸などの症状がおこります。その状態を放置すると肝硬変や脳出血をおこすこともあり、胆汁性肝硬変症になれば回復が難しくなります。 胆道閉鎖症は生後まもなくの子供におこることが多い病気で、生まれつきの場合や生後すぐになんらかの原因によって胆道が詰まることがあります。眼球の白目の部分

レジオネラ肺炎

レジオネラ肺炎とはレジオネラ症の症状の一つです。レジオネラ・ニューモフィラという菌に感染すると、2~10日の潜伏期間の後にレジオネラ肺炎を発症したり、ボンティアック熱などの症状があります。レジオネラ菌は自然界には広く分布しています。温泉やプールの排水溝などぬめりの中などに潜伏し、水しぶきや、プール遊泳などが感染経路になります。エアコンの冷却水に潜んでいることもあります。 レジオネラ肺炎を発症すると高熱や胸痛、呼吸困難などの症状があり、死亡することもあります。一般的な細菌性肺炎に処方される薬で

ニューモシスチス肺炎

【執筆】寺尾 一郎 先生ニューモシスチス肺炎は、ニューモシスチス・イロベチイという真菌に感染することで発症する肺炎です。以前はこの病気の原因菌を発見した博士の名前をとってカリニ肺炎と呼ばれていました。 免疫機能が正常に維持されている状態であれば、ほとんど感染することはないとされています。しかし、AIDSによって免疫機能に異常をきたした状態になると感染率があがり、致死率も高いため、この病気も注目されています。HIVに感染しているなどリスクがある場合は、発症を早期に発見して治療する必要が

心房中隔欠損症

心房中隔欠損症とは? 心房中隔欠損症(しんぼうちゅうかくけっそんしょう)は、「先天性心疾患」の一つです。心臓を構成する4つの部屋のうち右心房と左心房を隔てる「心房中隔」と呼ばれる壁に孔があいている症状です。新生児はもともと母親のおなかの中にいる時にあいているこうした孔が、本来は出生後数時間で自然に閉じていきます。しかし、まれに孔が閉じずに残るのが原因です。 症状は多くの場合、思春期頃までなにもありません。まれに検診の際に聴診器により心雑音が確認されて発覚することがあります。成人し、症状

情報リクエスト

病気スコープは、ユーザーの皆様が求めている情報を可能な限りお届けしたいと思っています。
「掲載されている病気についてより深く知りたい」「新しい情報として掲載してほしい病気がある」どちらの場合も、お気軽にリクエストしてください。
皆様の期待に応え続けることで、より信頼できるサイトとして成長して参ります。

どちらの情報をリクエストしますか?

または

※個別のご病気や治療法などの医療行為にかかわるお問合せには、
お答えできませんのでご了承ください。

送信完了

リクエストいただきありがとうございました。
いただいたご意見を元に、より信頼していただけるサイトとして成長して参ります。