血液内科の病気一覧

鉄欠乏性貧血

鉄欠乏性貧血とは? 鉄欠乏性貧血(てつけつぼうせいひんけつ)は、鉄分不足が原因でおこる貧血です。鉄分が不足することで、全身に酸素を届けるために必要な赤血球が作れずに不足します。症状はだるさ、めまいや頭痛などです。 鉄分不足がおこる原因は、胃潰瘍(いかいよう)や痔核など、出血のある疾患や月経、妊娠などが一般的です。そのため女性に多い症状とされています。また偏食や過度なダイエットによる鉄分摂取不足なども原因になります。 鉄欠乏性貧血の基礎知識 病名 鉄欠乏性貧血 別名 特になし

慢性骨髄性白血病(まんせいこつずいせいはっけつびょう)

慢性骨髄性白血病とは? 慢性骨髄性白血病(まんせいこつずいせいはっけつびょう)は「血液のがん」と呼ばれる白血病の一種です。白血病の中でも骨髄系の造血幹細胞の異常で、慢性的におこるものを「慢性骨髄性白血病」と分類します。 この分類の白血病の患者さんの95%にフィラデルフィア染色体と呼ばれる染色体異常が確認されます。このフィラデルフィア染色体は遺伝性ではなく、患者さんの体内でどのようにして生まれるのかは不明です。この病気については効果的な治療薬も開発され、早期に発見できれば治療できる可能性

白血病

【監修】板東 浩 先生(医学博士、内科医)白血病は、「血液細胞が生命維持に必要な役割を果たさなくなる病気」です。病気の進行速度によって急性白血病と慢性白血病、病気になる細胞の種類によって骨髄性白血病とリンパ性白血病に分類されます。 白血病は、血液のがん 白血病を一言で表現するなら、「血液のがん」です。 血液細胞が「白血病細胞(がん細胞)」になり、生命維持に必要な役割を果たさなくなります。 まずは、「血液細胞」にどのような種類が存在するのかを解説します。 血液の役割を知るこ

情報リクエスト

病気スコープは、ユーザーの皆様が求めている情報を可能な限りお届けしたいと思っています。
「掲載されている病気についてより深く知りたい」「新しい情報として掲載してほしい病気がある」どちらの場合も、お気軽にリクエストしてください。
皆様の期待に応え続けることで、より信頼できるサイトとして成長して参ります。

どちらの情報をリクエストしますか?

または

※個別のご病気や治療法などの医療行為にかかわるお問合せには、
お答えできませんのでご了承ください。

送信完了

リクエストいただきありがとうございました。
いただいたご意見を元に、より信頼していただけるサイトとして成長して参ります。