ひとつのIDでさまざまな施設の順番待ち・予約が可能

EPARKグループ

顔が痛い症状から病気を調べる

「顔が痛い」症状は、主に顔の一部がズキズキする、ずんずん響くように痛む。また、頰や鼻、目の奥が痛む、顔の片側だけ痛みがあるといった違和感がある状態です。また、時には歯の痛みと間違うような、刺すような電激痛を感じることもあります。このような顔の痛みが継続している、または断続的に起こるなどの状態にあたります。
疑われる病気は、副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、蓄膿症、帯状疱疹、歯性上顎洞炎などが考えられます。
主な受診科目は、耳鼻咽喉科、神経内科、歯科です。
医院・クリニックでは顔が痛いと訴える場合には問診、触診、CT検査、MRI検査など、副鼻腔炎、蓄膿症が疑われる場合には、問診、鼻腔ファイバースコープ、画像検査(副鼻腔レントゲン、CT検査、MRI検査)など、アレルギー性鼻炎が疑われる場合には、問診、鼻腔ファイバースコープ、画像検査(副鼻腔レントゲン、CT検査、MRI検査)、血液検査など、帯状疱疹が疑われる場合には、問診、血液検査など、歯性上顎洞炎が疑われる場合には問診、CT検査、レントゲン検査、培養検査などを実施する可能性があります。
症状によって考えられる病気は年齢や持病歴によってさまざまです。
症状がひどい、症状が続くなどございましたら、お早めに地域の医院を受診するようにしてください。

顔が痛い症状の病気