糖尿病性網膜症

糖尿病性網膜症の基本情報

 

糖尿病性網膜症とは?

糖尿病性網膜症は、糖尿病の代表的な合併症のひとつです。高血糖が原因で網膜の毛細血管に障害が起き、血管の閉塞や出血などおきます。眼底出血がおこったり、網膜剥離などの目の障害をおこすことがあります。

放っておくと症状が進行するため、早期に発見して治療を開始することで症状を軽度で抑えます。糖尿病の患者さんは自覚症状がなくても眼科で検査を受けることが重要です

糖尿病性網膜症の基礎知識

病名

糖尿病性網膜症

別名

なし。糖尿病網膜症と表記することもある。

症状

糖尿病によって高血糖の状態が続くと、体の中で一番細い血管からダメージを受けはじめる。
体の中で「目」「腎臓」「神経付近」の血管は細い血管で構成されている。そのためこの3か所は症状がおこりやすく、「網膜症」「腎症」「神経障害」は糖尿病三大合併症とよばれ、糖尿病性網膜症はそのうちのひとつ。
症状の機序としては、網膜の血管が障害を受けることで「血管の蛇行」「細くなる」「細かな点状出血」がおこる。
さらに進行し、もろくて出血などがおこりやすい新生血管が現れる。
新生血管の破裂によって眼底出血などを起こし重症化する。程度により軽症のものから重症のものまで大きく以下の3つに分類されている。

単純性網膜症
初期の状態。
血管瘤(毛細血管瘤:もうさいけっかんりゅう)とよばれる細い血管の壁が盛り上がり「こぶができる」「小さな点状出血(斑状出血)がおこる」などの症状がある。
血液内の脂肪やたんぱく質などの成分が血管の壁から漏れ、硬性白斑と呼ばれるシミを作る。

前増殖性網膜症
細い血管が閉塞した状態。血管の閉塞は血流不良による網膜内の酸素不足をひきおこす。
そのため不足した酸素を網膜へ供給しようと新生血管を作る準備が始まる。
この段階で症状を自覚する患者さんが増える。

増殖性網膜症
新生血管が作られ網膜や硝子体に向かって伸びた状態。
新生血管が破裂して硝子体出血を引き起こす。
硝子体は眼球内を満たす透明なゼリー状の組織である。
硝子体出血では視野にあきらかな影響がおこる。
視野に黒い影が見える飛蚊症の出現や、さらに進行して網膜剥離をおこす。

罹患者数

糖尿病を発症して5年で約15%、15~19年で約50%の人に何らかの網膜症が発症するとされる。

発症しやすい年齢と性差

糖尿病に罹患している期間が長いほど発症しやすい。
そのため高齢者ほど発症リスクは高くなる。
性差はない

原因

糖尿病による合併症としておこる。
そのため、血糖コントロール不良が原因となる。

受診の必要性

眼科の受診が必要。
初期の単純性網膜症の段階では症状はあまり自覚できない。
糖尿病であれば、網膜症を早期発見し予防するため、定期的に眼科を受診することが重要である。

検査内容

眼底検査(眼科受診にて)。

治療可否

完全に治すことは難しい。
症状の進行を抑えるための治療をする。

治療法

基本的な治療として、根本的な原因となる高血糖を抑制し、血糖コントロールをおこなう。
血糖値を下げてHbA1c(糖化ヘモグロビン)を下げることが重要となる。
初期の単純性網膜症の段階であれば、血糖コントロールによって症状を改善させることが可能。
また高血圧や高脂血症は網膜症を進行させるリスクがある。
そのため血糖コントロールだけでなく高血圧や高脂血症の治療も必要である。

 前増殖性網膜症まで進行しているのであれば新生血管の増生を抑えるため、レーザー治療により進展を止める。
近年は新生血管の増生を抑える抗血管内皮増殖因子薬(抗VEGF薬)を眼球内に注入する治療法もとりいれられている。
抗VEGF薬は黄斑浮腫、血管増殖の抑制や、硝子体手術の際の補助剤として利用される。
増殖性網膜症では、硝子体出血などを起こした場合は硝子体手術をおこなう。
硝子体出血や網膜剥離の可能性がある場合は、硝子体を吸引し、ガスに置き換える硝子体手術が必要になる。

治療期間

それぞれの治療法は数週間から数か月。
完治する病気ではないため、症状を継続的に見守り対処する必要がある。

■医師が推薦する情報サイト

日本眼科学会 目の病気:糖尿病網膜症

■参考サイト

日本眼科学会 目の病気:糖尿病網膜症
科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン2013 糖尿病網膜症(ダウンロード)

【執筆】広瀬 正和 先生

一緒に調べられている病名

糖尿病

網膜剥離

都道府県から病院・クリニックを探す
病院・クリニックを探す
病気スコープ編集部
2018年7月25日

情報リクエスト

病気スコープは、ユーザーの皆様が求めている情報を可能な限りお届けしたいと思っています。
「掲載されている病気についてより深く知りたい」「新しい情報として掲載してほしい病気がある」どちらの場合も、お気軽にリクエストしてください。
皆様の期待に応え続けることで、より信頼できるサイトとして成長して参ります。

どちらの情報をリクエストしますか?

または

※個別のご病気や治療法などの医療行為にかかわるお問合せには、
お答えできませんのでご了承ください。

送信完了

リクエストいただきありがとうございました。
いただいたご意見を元に、より信頼していただけるサイトとして成長して参ります。