適応障害

適応障害はどのような病気ですか?診断基準はありますか?

【監修】板東 浩 先生(医学博士、内科医)

 

適応障害の原因は、(多くは環境の変化に伴う)ストレスです。「抑うつ状態になって塞ぎこむ」「強い不安で社会生活が困難になる」「睡眠障害に陥る」など、情緒面と行動面に影響を及ぼします。ストレスの要因を取り除くなど、環境調整が重要になります。

適応障害の場合、環境を調整してストレス要因が取り除かれれば、6か月以内に軽快します。しかし、抑うつ状態が長期化すれば「うつ病」になり、回復まで時間がかかる恐れもあります。

ちなみに、ストレス要因が日常から乖離している(大事故で生き残る / 犯罪に巻き込まれる / 大災害で家などを失うetc.)場合、急性ストレス障害と呼んで区別します。急性ストレス障害の状態が長期化した病態は、心的外傷後ストレス障害(PTSD)と呼ばれます。

適応障害の基本知識

適応障害とは、生活が変化することにストレスを感じ、そのストレスに適応できずに生じる心の症状です。
「学校に行けない」「無気力でやる気が出ない」などの症状があらわれ、社会生活に影響します。悪いことだけでなく、進学や部署異動、結婚などの一般的に良いとされる出来事での変化でも適応障害は起こりうるのです。

環境が変化しても特に問題なく適応できる人もいますが、その一方で同じ環境の変化に苦痛を感じて、社会生活を健康的に送れなくなってしまう人もいます。

説明

症状

「適応障害」にはさまざまな症状があります。
それらはどれもストレスに適応できない心の反応によるものです。

また、健康かどうかの判断は社会生活を維持できているか否かによって決まります。

適応障害の精神症状では、不安や抑うつ、焦燥感、敏感、混乱などがみられます。
一方で身体的にあらわれる症状は、倦怠感や頭痛、腹痛などで、行動面では遅刻や欠勤、不眠、犯罪行為などが挙げられます。

適応障害のタイプ

「適応障害」の症状は、主な症状から下記の6つに分けられます。

抑うつ気分を伴うタイプ

憂鬱感、涙もろくなる、絶望感、思考力・判断力の低下、感情のコントロールが難しくなるなどの症状です。
こうした症状を同様に示す「気分障害」とは区別されます。
気分障害とは抑うつ気分を主症状とする精神疾患のグループです。代表的なものは「うつ病」です。
うつ病と診断されると、適応障害とは診断されなくなります。

不安を伴うタイプ

漠然とした不安感があり、災害、病気、死などを心配しすぎる、精神が過敏になり不安から呼吸困難に陥いる、軽いパニック発作を起こす、などで社会生活を送ることが困難な状態になります。
これと似たものに「不安障害」がありますが、不安障害と診断された場合は、適応障害の診断から除外されます。
不安障害は神経症ともよばれ病的な不安感が高まり社会生活が困難になる症状です。

抑うつと不安を伴うタイプ

不安と心配、気分の落ち込みなど、「抑うつ気分を伴うタイプ」と「不安を伴うタイプ」が複合的にあらわれます。

素行の障害を伴うタイプ

万引き、酒の飲みすぎ、暴力、無断欠席・無断欠勤、公共の場へのいたずらなどの行動を伴うタイプです。

情動と行為の障害が混合したタイプ

素行の障害に加えて、感情のコントロールが効かない症状が混合したタイプです。
引きこもりや自殺行為などの行動は、感情のコントロール不能に加えて、素行の障害が見られることがあり、このタイプに分類されます。

特定不能のタイプ

肩こり、頭痛、疲労感などの身体症状を主に訴えたり、主症状がひきこもりだったりする例です。

さまざまな症状がありますが、どれも適応障害特有のものではないため、医師は患者さんの病歴や環境などから診断を進める必要があります。

適応障害の診断基準(DSM-5より)

2013年に発表されたアメリカ精神医学会のDSM-5による適応障害と診断される基準では以下のA~Eのすべてを満たす必要があります。

■A
はっきりと確認できるストレス因子に反応して、そのストレス因子の始まりから3ヶ月以内に症状が出現

■B
これらの症状は以下のどちらかによって裏付けられている

(1)そのストレス因子に暴露されたときに予測されるものとつりあわない苦痛
(2)社会的または職業(学業)などの生活に重要な機能の著しい障害

■C
他の精神疾患では説明することができない。

■D
症状が、正常の死別反応を示すものではない

■E
そのストレス因子(またはその結果)がひとたび終結すると、症状がその後さらに6ヶ月以上持続することはない

適応障害と診断されると前述の適応障害のどのタイプにあたるのかの分類を確認します。

参考:飯田橋東口診療所 気分障害と適応障害

原因

適応障害の原因はストレス

日常生活において大きなストレスになる出来事が起こると、身体にさまざまな反応が出ます。
これは普通のことですが、これが「反応」を超えて「症状」にまで至った状態が適応障害です。

誰でもショックな出来事に遭遇すれば驚いたり、あるいは悲しんだりします。
環境の変化があれば緊張したり不安を感じたりします。
はじめはこのような心の動揺があっても、だんだん気持ちがこの状況に適応してきて、環境に馴染んだり、価値観を変えてみたり、新たな楽しみとして受け取るなど問題解決の方法を考えはじめます。
適応障害は、このような出来事への心理的な反応がうまくいかなかったために起こります。

身のまわりのさまざまなストレス

ストレスを感じるのは、つらいことや悲しいことだけではありません。結婚や引っ越し、昇進など、プラスなことも心のストレスの原因になります。
あるいは、プラスな変化であっても、それらの受け取り方によってマイナスのストレスにもなります。
また、少しのストレスは生活の「はりあい」にもなりますが、これが過度になってしまうと心にとって大きな負担となっていきます。

住居や経済的な問題といった環境的なストレス、病気や食習慣といった健康面のストレス、家族や学校、職業、文化など心理社会的なストレス、対人関係のストレス、一般的には良いことと思われていることへのストレス(結婚、出産、就職、子どもの独立、定年退職など)もあります。
同じ環境下でストレスを受けても、適応障害になる人とならない人がいます。
こうした差はストレスを乗り越える力が人によって異なるためにおこるのです。

ストレスへの耐性が弱いと適応障害になりやすい

ストレスの耐性は個人の資質によるところもあります。
よく「がんばりやさん」は適応障害になりやすいといわれています。
まじめで努力家、他者からの評価を気にかけ、仕事も多少無理をしてでもこなす、自分を抑えてでも相手に合わせようとするタイプの人です。
子どもの頃からわがままを言わず、聞き分けがよく、自分を抑えて生きてきた人が少なくありません。

そうした人は反面、自己主張ができず、感情や欲求の表し方がわからなくなっている可能性があります。
一見、「いい人」のようですが、とてもストレスをためています。
資質的な傾向としては下記が挙げられます。

・感情の表し方がわからない

・傷つきやすい(周囲の人が理解できないほどささいなことで傷ついてしまう)

・白黒思考(100点でなければ0点と同じ)

・まじめだけどがんこ(いいかげんなことが許せない、これと思ったら変更できない)

・断れない(無理なことや嫌なことも自分を抑えてしまい断れない)

・自律神経失調傾向(もともと自律神経のバランスが乱れやすい)

治療と治療薬

最初はひとりで我慢したり、家族や友人に相談したりするでしょう。
ストレスはこの段階で解消することも多くあります。
ですが、それができない状態が続き、抑うつ状態が続くようであれば、カウンセリングや医療機関での受診を検討しましょう。
医師は上記のような個人の資質やその他の精神疾患を念頭におきながら患者さんの話を聞きます。

治療では適応障害の原因になっているストレスの原因をつきとめ、解決したり避けたりすることを手助けします。原因になっていることに物事の考え方や解釈を修正できるように促したり、感情をコントロールする技法などを患者さんが学ぶことで改善を目指します。

また、適応障害に抗不安薬や睡眠薬、抗うつ薬が処方されることもあります。
薬はあくまで症状を和らげるための対処療法として処方されます。
治療としては再発を防止するという意味も含めて、心理的な方法や、環境の調整などが重要となります。

いずれの治療も、社会生活が送れるようにすることを目的としています。
適応障害ではストレス因子が改善されれば、6か月以内に症状は改善されるとされています。

一緒に調べられている病気

うつ病

睡眠障害

監修/板東 浩 先生
医学博士/内科医

都道府県から病院・クリニックを探す
病院・クリニックを探す
病気スコープ編集部
2017年10月25日

情報リクエスト

病気スコープは、ユーザーの皆様が求めている情報を可能な限りお届けしたいと思っています。
「掲載されている病気についてより深く知りたい」「新しい情報として掲載してほしい病気がある」どちらの場合も、お気軽にリクエストしてください。
皆様の期待に応え続けることで、より信頼できるサイトとして成長して参ります。

どちらの情報をリクエストしますか?

または

※個別のご病気や治療法などの医療行為にかかわるお問合せには、
お答えできませんのでご了承ください。

送信完了

リクエストいただきありがとうございました。
いただいたご意見を元に、より信頼していただけるサイトとして成長して参ります。