部位から調べる×

顔の病気一覧

部位から調べる

はしか(麻疹)

【執筆】大利 昌久 先生 感染症の1つ、麻疹(ましん/はしか) 麻疹ウイルスに感染することで発症し、高熱や全身に発疹(ほっしん/皮膚が腫れてできるもの)といった症状が出てきます。 日本では和名で「はしか」として一般的に知られていますが正式な病名は麻疹(ましん)です。 麻疹は、ウイルスに感染した人の90%が発症します。 基本的には7~10日ほどで軽快します。 しかしながら、稀(まれ)に肺炎・脳炎といった合併症をきたし、生命にかかわる恐れもあります。 先進国における麻疹患者の死

溶連菌感染症

【執筆】広瀬 正和 先生溶連菌感染症の情報まとめ病名 溶連菌感染症別名 溶血性レンサ球菌感染症症状発熱、のどの痛みが主な症状。扁桃腺が腫れるのが特徴で、ひどい場合はのどの奥の扁桃に膿(うみ)が付着することがある。 溶連菌感染症に特徴的な症状として、「イチゴ舌」がある。 「イチゴ舌」とは舌の表面にブツブツと細かい隆起が現れることである。 赤く、イチゴの表面のように見えるのでイチゴ舌と呼ばれる。 また、発疹が体に出ること

アナフィラキシー

【執筆】寺尾 一郎 先生アナフィラキシーの情報まとめ病名 アナフィラキシー別名 なし症状「皮膚・粘膜症状」「呼吸器症状」「循環器症状」「消化器症状」のうち、2つ以上の症状が現れる。 呼吸器症状として「咳」「喘鳴」、消化器症状として「繰り返す嘔吐」がある場合、アナフィラキシーの恐れが強い。 アナフィラキシー患者の80~90%に「皮膚・粘膜症状」、約70%に「呼吸器症状」、最大45%に「消化器症状」「循環器症状」が現れる。

食物アレルギー

【執筆】杉村 久理 先生 食物アレルギーは、「特定の食物が原因物質となるアレルギー疾患」です。蕁麻疹(じんましん)、発赤などの皮膚症状を中心に、さまざまな症状をきたします。腹痛などの消化器症状、喘息(ぜんそく)のような呼吸器症状が出るケースもあります。 同時に複数のアレルギー症状が出た状態をアナフィラキシーといいます。もっともリスクが高いのは、血圧が急激に低下するアナフィラキシーショックです。食物アレルギーの情報まとめ病名 食物アレルギー別名

狭心症

【執筆】久保田 芳明 先生狭心症の情報まとめ病名 狭心症別名 虚血性心疾患、冠動脈狭窄症状 息切れや胸が締め付けられるように痛くなる、同時に歯が痛む、肩が痛むなどの放散痛を伴うこともある。罹患者数 動いたときに狭心症の症状が現れる労作性狭心症の場合、男性は1000人あたり11.8人、女性は1000人あたり9.7人(調査対象2558人に対し)。発症しやすい年齢と性差 中年以降の男性に多く発症している傾向。女性は

鉄欠乏性貧血

【執筆】加賀 康宏 先生鉄欠乏性貧血の情報まとめ病名 鉄欠乏性貧血別名 特になし症状 全身倦怠感(けんたいかん)、めまい、疲労感、頭痛、息切れ、氷や土を摂取する異食症がおこることもある。罹患者数 厚生労働省の患者調査によると年間約10万人前後で推移している。発症しやすい年齢と性差 平成17年の国民栄養調査結果では20代~40代の女性に多いと報告されている。原因胃潰瘍(い-かいよう)や十二指

声帯結節

【執筆】小形 章 先生声帯結節の情報まとめ病名 声帯結節別名 -症状 声枯れ、咽頭痛罹患者数 -発症しやすい年齢と性差 青年期から壮年期、および小児(小児声帯結節)。原因 声の出しすぎ。 保育士、教師、スポーツインストラクター、歌手など声を酷使する職業の人に多い。 児童の声の出しすぎ。 声帯の一部が硬くなってしまい声が枯れてしまう。受診の必要性 声枯れが1か月以上長引く

急性扁桃炎(きゅうせいへんとうえん)

【執筆】小形 章 先生急性扁桃炎(きゅうせいへんとうえん)の情報まとめ病名 急性扁桃炎(きゅうせいへんとうえん)別名 扁桃腺炎症状 咽頭痛、発熱、嚥下時痛(えんげじつう)、首のリンパ節の腫れ。罹患者数 -発症しやすい年齢と性差 筆者の診療経験として小児と青年期に多く男女差はない印象。原因 感冒、疲労がきっかけで溶連菌、肺炎球菌などの細菌やウィルスの感染が原因となり発症する。 EBウィルスによ

心筋炎

【執筆】久保田 芳明 先生心筋炎の情報まとめ病名 心筋炎別名 なし症状 発熱、咽頭痛などのかぜ症状の後、胸の痛みや息苦しさなどが見られる。 また急速な病気の悪化から、血圧低下、意識障害、突然死を引き起こすこともある。罹患者数 軽症例は確定診断が困難。 本邦での発症率や死亡率の詳細不明。発症しやすい年齢と性差 発症頻度が不明なため、定かではない。原因 ウイルス感染が最も多く、細菌感染、薬剤

髄膜炎

【執筆】加賀 康宏 先生髄膜炎の情報まとめ病名 髄膜炎(ずいまくえん)別名 脳脊髄膜炎(のうせきずいまくえん)症状 発熱、頭痛、悪心、嘔吐。首が硬くなり下顎を胸につけることができなくなる項部硬直(こうぶ-こうちょく)が起きる。 けいれんや意識障害も起こる。罹患者数 厚生労働省の患者調査では年間約2千人である。発症しやすい年齢と性差 性差はないが、乳児、幼児期に多い。また感染防御能が低下してくる50歳以上で

情報リクエスト

病気スコープは、ユーザーの皆様が求めている情報を可能な限りお届けしたいと思っています。
「掲載されている病気についてより深く知りたい」「新しい情報として掲載してほしい病気がある」どちらの場合も、お気軽にリクエストしてください。
皆様の期待に応え続けることで、より信頼できるサイトとして成長して参ります。

どちらの情報をリクエストしますか?

または

※個別のご病気や治療法などの医療行為にかかわるお問合せには、
お答えできませんのでご了承ください。

送信完了

リクエストいただきありがとうございました。
いただいたご意見を元に、より信頼していただけるサイトとして成長して参ります。