顔の病気一覧

部位から調べる

肝斑

肝斑とは? 肝斑(かんぱん)は頬骨あたりに左右対称でできるシミです。原因はわかっていませんが、成人女性に多く、淡い褐色のシミがあらわれます。皮膚の炎症や女性ホルモンのバランス、紫外線、ストレスが関係しているのではないかとされています。 30~40歳代に多くみられますが、60歳以降では発症することはほとんどなく、逆にシミが薄くなったり消えたりすることもあります。シミが出る以外の症状は特になく、薬の内服や外用薬、イオン導入、ケミカルピーリングなど治療法があります。 肝斑の基礎知識 病名

はしか(麻疹)

【執筆】大利 昌久 先生麻疹(ましん / はしか)とは? 麻疹(ましん)は「はしか」という名でも知られている感染症です。現在の日本では感染の広がりは珍しくなり、コントロールされた状態といえます。世界的にみるとまだまだ流行している地域は多く、患者さんの命を奪うこともある病気です。 麻疹の症状の特徴は発熱と発疹です。ウイルスに対する効果的な治療薬はありませんが、多くは安静にすることで治癒します。また予防接種を受けることで感染を防ぐことが最も効果的な対策です。 麻疹の基礎知識 病名

市中肺炎

市中肺炎は、肺炎にかかった場所により分類された肺炎の一つです。病院などの医療機関や介護などの環境下ではなく、「日常生活の中でかかった肺炎」は市中肺炎という総称で呼ばれます。 原因は肺炎球菌やマイコプラズマなどの菌やウイルスへの感染によるものが多いです。 また原因菌などにより、症状が異なる可能性があります。市中肺炎の情報まとめ病名 市中肺炎別名 医療・介護との関連が見られない肺炎の総称症状 発熱、咳・痰、呼吸数増加、呼吸困難、胸痛な

レジオネラ肺炎

レジオネラ肺炎とはレジオネラ症の症状の一つです。レジオネラ・ニューモフィラという菌に感染すると、2~10日の潜伏期間の後にレジオネラ肺炎を発症したり、ボンティアック熱などの症状があります。レジオネラ菌は自然界には広く分布しています。温泉やプールの排水溝などぬめりの中などに潜伏し、水しぶきや、プール遊泳などが感染経路になります。エアコンの冷却水に潜んでいることもあります。 レジオネラ肺炎を発症すると高熱や胸痛、呼吸困難などの症状があり、死亡することもあります。一般的な細菌性肺炎に処方される薬で

溶連菌感染症

【執筆】広瀬 正和 先生溶連菌感染症の情報まとめ病名 溶連菌感染症別名 溶血性レンサ球菌感染症症状発熱、のどの痛みが主な症状。扁桃腺が腫れるのが特徴で、ひどい場合はのどの奥の扁桃に膿(うみ)が付着することがある。 溶連菌感染症に特徴的な症状として、「イチゴ舌」がある。 「イチゴ舌」とは舌の表面にブツブツと細かい隆起が現れることである。 赤く、イチゴの表面のように見えるのでイチゴ舌と呼ばれる。 また、発疹が体に出ること

アナフィラキシー

アナフィラキシーとは? アナフィラキシーは急性のアレルギー反応のひとつです。原因抗体が体内に入ることをきっかけに、抗原抗体反応がおこります。アナフィラキシーは即時型アレルギー反応に分類されますが、体の一部分におこるのではなく、全身に症状がおこるのが特徴です。皮膚の発赤やじんましん、粘膜の腫れ、めまい、意識障害がおこります。重症の場合は血圧が一気に低下するショック症状とよばれる状態になり、命にかかわります。 アナフィラキシーを起こす物質として有名なものはハチの毒です。ハチの毒によるアナフ

食物アレルギー

【執筆】杉村 久理 先生 食物アレルギーは、「特定の食物が原因物質となるアレルギー疾患」です。蕁麻疹(じんましん)、発赤などの皮膚症状を中心に、さまざまな症状をきたします。腹痛などの消化器症状、喘息(ぜんそく)のような呼吸器症状が出るケースもあります。 同時に複数のアレルギー症状が出た状態をアナフィラキシーといいます。もっともリスクが高いのは、血圧が急激に低下するアナフィラキシーショックです。食物アレルギーの情報まとめ病名 食物アレルギー別名

狭心症

狭心症とは? 狭心症(きょうしんしょう)は動脈硬化によって心臓の血流が悪くなることで心臓の筋肉(心筋)に酸素が十分に行き渡らなくなることで発症します。心筋梗塞と同じく虚血性心疾患のひとつです。血流が詰まって止まってしまう状態が心筋梗塞で、狭心症は血管が狭くなっている状態です。 また狭心症も症状によって複数に分類されています。高血圧や糖尿病などが原因となり根治は難しいとされています。治療は薬での治療が原則的に用いられますが、心筋に血液を送る冠動脈で狭窄が起きている場合はカテーテルによる治

鉄欠乏性貧血

【執筆】加賀 康宏 先生鉄欠乏性貧血の情報まとめ病名 鉄欠乏性貧血別名 特になし症状 全身倦怠感(けんたいかん)、めまい、疲労感、頭痛、息切れ、氷や土を摂取する異食症がおこることもある。罹患者数 厚生労働省の患者調査によると年間約10万人前後で推移している。発症しやすい年齢と性差 平成17年の国民栄養調査結果では20代~40代の女性に多いと報告されている。原因胃潰瘍(い-かいよう)や十二指

声帯結節

声帯結節とは? 声帯結節(せいたいけっせつ)は声の出しすぎなどで、のどの奥にある声帯にできる結節です。結節によって声帯の振動に影響が出て、「声が枯れる」「声が出ないなどの症状がおこります。よく似たものに声帯ポリープがありますが、これは粘膜下の筋肉組織によるものです。それに対し、結節は表皮細胞が分厚くなるという違いがあります。 無理な大声を出していると声帯結節ができやすくなります。治療は大声を控えるなどの保存的治療法がほとんどですが、まれに手術をして切除する患者さんもいます。また同じよう

情報リクエスト

病気スコープは、ユーザーの皆様が求めている情報を可能な限りお届けしたいと思っています。
「掲載されている病気についてより深く知りたい」「新しい情報として掲載してほしい病気がある」どちらの場合も、お気軽にリクエストしてください。
皆様の期待に応え続けることで、より信頼できるサイトとして成長して参ります。

どちらの情報をリクエストしますか?

または

※個別のご病気や治療法などの医療行為にかかわるお問合せには、
お答えできませんのでご了承ください。

送信完了

リクエストいただきありがとうございました。
いただいたご意見を元に、より信頼していただけるサイトとして成長して参ります。