糖尿病腎症

糖尿病腎症の基本情報

 

糖尿病腎症とは?

糖尿病腎症(とうにょうびょうじんしょう)は高血糖が原因でおこる腎臓病です。糖尿病性の腎症は糖尿病の代表的な合併症です。また人工透析を受けている患者さんの中でももっとも多くの割合を占めています。

初期には症状はありませんが、進行していくとむくみや疲労感などが出るようになります。症状が出てきてからは進行を遅らせることは可能ですが治療により元の状態に戻すことは難しくなります。治療には厳格な血糖コントロールが必要になります。

糖尿病腎症の基礎知識

病名

糖尿病腎症

別名

腎症(略称として)

症状

初期は自覚症状がない。
腎症が悪化するとむくみの出現、尿毒症(※1)の症状(吐き気、食欲不振、頭痛、呼吸困難感など)や貧血などの症状が出現する。

罹患者数

不明

発症しやすい年齢と性差

高齢になるほど発症しやすい。
性差はなし。

原因

高血糖後に血糖コントロール、高血圧、脂質管理が不十分な状態を続けることでおこる。
喫煙によって症状が進行する。

受診の必要性

すぐに受診する必要あり。
内科を受診する。

検査内容

血液検査(eGFR(※2)、クレアチニン(※3))、尿検査(尿中アルブミン:※4)などにより1期から5期に分けて病期を分類する。

治療可否

初期ならば、血糖コントロールで悪化を抑えることが可能。
進行した場合、人工透析(※5)を要する。

治療法

血糖コントロール、降圧治療、脂質管理、禁煙はどの病期でも共通して実施する。
病状が悪化するとたんぱく質制限をおこなう。
さらに進行すると透析療法や水分制限が必要となる

治療期間

診断された後は自覚症状がなくても定期的に診察を受ける。
原因疾患に対する継続治療が必要となる。

編集部脚注

※1 尿毒症

尿毒症は、「腎臓の働きが低下したことに起因する諸症状」です。

腎臓は、血液中の不要な物質を濾過(ろか)しています。
血液をきれいに保ち、不要な物質は尿と一緒に排出します。
しかし、腎機能が低下すると、不要な物質を排出することができなくなります。
その結果、血液中に不要な物質が溜まり、身体に害を及ぼします。
このときに現れる症状を「尿毒症」と呼んでいます。

尿毒症の主な症状には、次のようなものがあります。
・貧血
・吐き気
・浮腫(むくみ)
・かゆみ
・呼吸苦
・食欲低下
・頭痛
・意識障害(思考力低下 / ぼんやりするetc.)
・不眠
・全身がだるい

腎臓の働きが低下することを「腎不全」と呼んでいます。
尿毒症は、腎不全にかかったときに現れる症状の1つです。

※2 eGFR

eGFRは、「推算糸球体濾過量(すいさん-しきゅうたい-ろかりょう)」の略称です。
腎臓の「不要な物質を濾過し、尿と一緒に排出する能力がどれくらいか」という指標になります。

eGFRの値を算出するには、血液検査でわかる「血清クレアチニン値(Cr)」の数値を用いる必要があります。

計算式は
男性の場合、「194×【Crの-1.094乗】×【年齢の-0.287乗】」
女性の場合、「194×【Crの-1.094乗】×【年齢の-0.287乗】×0.739」
計算結果の数値がeGFRの値です。

eGFR値が、
・90以上⇒腎機能が正常~高い
・60以上90未満⇒腎機能がやや低下しているが、正常範囲内
・45以上60未満⇒腎機能が軽度~中程度に低下
・30以上45未満⇒腎機能が中等度~重度に低下
・15以上30未満⇒腎機能が著しく低下
・15未満⇒末期腎不全

このように判断することができます。

※3 クレアチニン

クレアチニンは、「筋肉細胞から出る老廃物」です。
筋肉が収縮するときに必要なエネルギー源―クレアチンを代謝したことで生じる物質になります。

クレアチニンは、腎臓の濾過装置―糸球体(しきゅうたい)で濾過されて、尿中に排出されます。
そのため、「体内のクレアニチンがどれくらい排出されているか」を確認することが腎機能の指標になります。

※4 尿中アルブミン

尿中アルブミンは、「尿に含まれるアルブミンの量」です。
アルブミンは肝臓でつくられるタンパク質で、血漿(けっしょう:血液中の液体成分)の中に存在しています。
「血液が血管内にとどまるように浸透圧を調整する」などの役割を負っています。

本来、アルブミンは尿中にはほとんど出てきません。
しかし、腎臓の濾過装置――糸球体が損傷を受けると、アルブミンが尿中に排出されるようになります。
そのため、尿中のアルブミンの量を調べることで、腎機能の指標とすることが可能です。

※5 人工透析

人工透析は、「腎機能の低下が著しい患者さんに対し、人工的に血液を濾過する処置」です。

腎臓は、血液中の老廃物を濾過する役割を負っています。
しかし、末期の腎不全において、腎臓の濾過能力はほとんど失われています。
そこで、「体内の血液を血液透析器(ダイアライザー)に通して体内に戻す」という処置が必要になります。
簡単に表現すれば、「機械に腎臓の代わりをさせる」ということです。
この処置を「人工透析」と呼んでいます。
正式名称では「血液浄化療法」と呼びます。

■医師が推薦する情報サイト
糖尿病ネットワーク 糖尿病による腎臓の病気

■参考サイト
糖尿病ネットワーク 糖尿病による腎臓の病気

【執筆】吉岡 啓 先生

一緒に調べられている病名

糖尿病

慢性腎臓病

腎性貧血

都道府県から病院・クリニックを探す
病院・クリニックを探す
病気スコープ編集部
2018年4月24日

情報リクエスト

病気スコープは、ユーザーの皆様が求めている情報を可能な限りお届けしたいと思っています。
「掲載されている病気についてより深く知りたい」「新しい情報として掲載してほしい病気がある」どちらの場合も、お気軽にリクエストしてください。
皆様の期待に応え続けることで、より信頼できるサイトとして成長して参ります。

どちらの情報をリクエストしますか?

または

※個別のご病気や治療法などの医療行為にかかわるお問合せには、
お答えできませんのでご了承ください。

送信完了

リクエストいただきありがとうございました。
いただいたご意見を元に、より信頼していただけるサイトとして成長して参ります。