ひとつのIDでさまざまな施設の順番待ち・予約が可能

EPARKグループ

蒙古斑

もうこはん

更新日: 公開日:
24,641view
目次
  1. 概要
  2. 症状
  3. 診療科目・検査
  4. 原因
  5. 治療方法と治療期間
  6. 治療の展望と予後
  7. 発症しやすい年代と性差
稲葉岳也 先生

【執筆・監修ドクター】

いなばクリニック 稲葉 岳也 先生

概要

蒙古斑とは?

蒙古斑(もうこはん)は主に黄色人種の赤ちゃんのお尻にできる青い斑です。黄色人種の赤ちゃんの多くは、皮膚の下にメラノサイトと呼ばれる色素があり、これが蒙古斑の原因となります。成長すると次第に消えてなくなりますが、まれに大人になっても消えないことがあります。大人になっても消えない場合、気になるようなら皮膚科形成外科を受診し、レーザーなどで蒙古斑を消す治療を受けます。

症状

主に黄色人種の赤ちゃんのお尻から背中にかけて、青アザがあり、これを蒙古斑といいます。

通常は成長とともに消失するが、まれに成人しても残る場合があります。

診療科目・検査

蒙古斑の大部分は10歳前後に消失します。そのため小児期にレーザー治療を行なう必要はありません。

大人になっても消えない蒙古斑を消すためには治療が必要となります。治療は皮膚科形成外科でおこないます。

検査では主にダーモスコピーを実施します。

原因

通常、真皮にはメラノサイト(色素細胞)が存在しません。

しかし、日本人など黄色人種の赤ちゃんの多くはお尻から背中の真皮にメラノサイトがあるため生じる原因となります。

治療方法と治療期間

Qスイッチ・レーザーによる治療を5~6回以上行えば蒙古斑はほとんど目立たなくなります。

Qスイッチレーザーにはいくつか種類がありますが、現在Qスイッチ・ルビーレーザーとQスイッチ・アレキサンドライトレーザーがあり、青アザに対してのみ保険の適応があります。

レーザー治療は1度行なうと次回まで3~4ヶ月以上あける必要があります。

治療の展望と予後

Qスイッチ・レーザーによる治療が可能です。

発症しやすい年代と性差

通常は10歳前後に消失するが、約3%が成人になっても残ります。

生後2歳頃までに青色調が強くなります。その後、徐々に薄くなり10歳前後までにはほとんどの場合、蒙古斑は消失します。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):