ひとつのIDでさまざまな施設の順番待ち・予約が可能

EPARKグループ

寺尾一郎 先生

寺尾 一郎先生

寺尾クリニカ

東京都新宿区百人町3丁目28-5グランドヒルズA

医院HP(PC)

医院HP(SP)

メッセージ

ささいなことでも、体について不安に思うことがありましたら、ぜひ当院にご相談ください。
小さなサインであっても見逃さずに対応することが、早期発見・早期治療につながります。
症状を改善することはもちろんですが、病気に対し不安を感じる患者さまの精神的サポートも大切にしております。
そのため、症状のヒアリングや病気のご説明も丁寧におこない、患者さまの不安を軽減するのための努力は惜しみません。
当院は、優しいスタッフが揃うアットホームな医院です。
患者さまに満足していただけるだけでなく、心も満たされる医療をご提供したいと考えております。
どうぞお気軽にご来院ください。

専門科目

内科
アレルギー科
心療内科
呼吸器内科

経歴

東海大学医学部 卒業
日大板橋病院 勤務
日赤医療センター 勤務
国立病院東京災害医療センター 勤務
東大和病院 勤務

資格・所属学会など

日本呼吸器内視鏡学会認定 気管支鏡専門医

執筆・監修記事

病気

  • 誤嚥性肺炎

    誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)は食べ物や飲み物を飲みこむ機能(嚥下(えんげ)機能)の障害がきっかけでおこります。飲み込んだものは本来は食道を通って胃に落ちていきますが、嚥下機能障害になると飲み込んだものが気道へ入いる誤嚥(ごえん)とよばれる状態になります。誤嚥した際に一緒に細菌なども肺…

    更新日: 公開日:

  • 好酸球性肺炎

    好酸球性肺炎(こうさんきゅうせいはいえん)は、好酸球(白血球の一種)が起因したアレルギー反応でおこる肺炎です。なぜおこるのかはっきりとした原因はわかっていません。ほこりや薬品、カビなど、アレルギーの抗原になるものを吸い込んでひきおこされていることが確認されることもあります。

    更新日: 公開日:

  • ニューモシスチス肺炎

    ニューモシスチス肺炎は、ニューモシスチス・イロベチイという真菌に感染することで発症する肺炎です。以前はこの病気の原因菌を発見した博士の名前をとってカリニ肺炎と呼ばれていました。AIDSによって免疫機能に異常をきたした状態になると感染率があがり、致死率も高いため、この病気も注目されています。

    更新日: 公開日:

  • 慢性疲労症候群

    慢性疲労症候群(まんせいひろうしょうこうぐん)は、原因不明の疲労感が日常的におこる症状です。体温が高くなり、筋肉痛や気分の落ち込み、認知症のような症状がおこることもあります。あくまで慢性的に疲労した状態とは異なりこうした症状が確認されます。ストレスや遺伝など原因について推測されていまるも…

    更新日: 公開日:

  • レジオネラ肺炎

    レジオネラ肺炎とはレジオネラ症の症状の一つです。在郷軍人病ともよばれています。 レジオネラ・ニューモフィラという菌に感染すると、2~10日の潜伏期間の後にレジオネラ肺炎を発症したり、ボンティアック熱などの症状があります。発症すると高熱や胸痛、呼吸困難などの症状があり、死亡することもあります。

    更新日: 公開日:

  • アナフィラキシー

    アナフィラキシーは急性のアレルギー反応のひとつです。原因抗体が体内に入ることをきっかけに、抗原抗体反応がおこります。アナフィラキシーは即時型アレルギー反応に分類されますが、体の一部分におこるのではなく、全身に症状がおこるのが特徴です。

    更新日: 公開日:

  • 摂食障害

    摂食障害(せっしょくしょうがい)は、主に2つの症状があります。食事を極端にとらなくなる「拒食症」と食事を大量に摂取することがやめられない「過食症」です。 日常の出来事に影響されて食事を受け付けなくなったり、逆に食べ過ぎてしまうということは誰にでもあります。そうした行動が極端になったものが摂…

    更新日: 公開日:

  • 咳喘息

    咳喘息(せきぜんそく)は、気管支喘息のような喘鳴(ぜんめい)は見られない症状です。その名前も咳を主症状とした喘息だからです。気管支喘息の初期の症状と考えられています。「夜になると出る」「季節によって出る」などの傾向があることもあります。原因は花粉やハウスダストや温度差などでアレルギー症状…

    更新日: 公開日: