ひとつのIDでさまざまな施設の順番待ち・予約が可能

EPARKグループ

橋村 裕也先生

はしむら小児科

兵庫県西宮市深津町7-21 阪急西宮ガーデンズ別館1F

医院HP(PC)

医院HP(SP)

メッセージ

執筆活動を通じて.保護者の方が病気についての理解を深める手助けになればと原稿と向き合っております。

専門科目

小児科
腎臓内科

経歴

2003年 関西医科大学 卒業
2003年 神戸大学医学部付属病院小児科入局
2004年 六甲アイランド病院小児科
2005年 愛仁会千船病院小児科
2007年 神戸大学医学部附属病院小児科 医員/神戸大学大学院医学系研究科医科学専攻(博士課程)小児科学 入学
2010年 神戸大学医学部附属病院こども急性疾患学講座 特命助教 
2011年 神戸大学大学院医学系研究科医科学専攻(博士課程)小児科学 卒業
2012年 兵庫県立こども病院小児科
2012年 愛仁会高槻病院小児科医長 2017年より小児科部長
2018年 はしむら小児科 開院

資格・所属学会など

日本小児科学会認定 小児科専門医
日本腎臓学会認定 腎臓専門医
医学博士

執筆・監修記事

病気

  • 夜尿症

    夜尿症(やにょうしょう)とは、いわゆるおねしょとよばれる症状を繰り返してしまう症状のことです。おねしょは年齢とともに改善していきます。しかし、中にはある程度の年齢に達しても症状をくりかえしてしまう場合があり、この場合に夜尿症と診断されます。「夜尿症診療のガイドライン」では5歳以降の年齢に達…

    更新日: 公開日:

  • 川崎病

    川崎病は乳幼児におこる病気です。主な症状は、全身の血管に炎症がおこります。その結果、発熱や発疹、目が赤くなるなどの症状があらわれます。まれではありますが、後遺症として冠動脈障害が発症します。急性期の治療がうまくいけば冠動脈障害をおこす可能性は格段に低くなります。

    更新日: 公開日:

  • クループ症候群

    クループ症候群の特徴的な咳(せき)は犬やオットセイの吠え声に形容されるため、「犬吠様咳嗽」(けんばいようがいそう)と呼ばれています。ウイルスや細菌などの感染によりクループ症候群を発症します。最も頻度の多いウイルス性クループは1~3日前の上気道症状に引き続き,特徴的な犬吠様咳嗽が認められます。

    更新日: 公開日:

  • りんご病

    りんご病の正式な名称は伝染性紅斑です。ヒトパルボウイルスB19というウイルスによる感染症です。発症すると頬が赤くなる姿がりんごのようになることから、りんご病とよばれています。頬以外に紅斑(こうはん)は足や臀部など顔以外の部位に、網状にあらわれることがあります。紅斑出現時はすでに感染力は失って…

    更新日: 公開日:

  • アデノウイルス

    アデノウイルスとは、80種類以上の型をもつウイルスです。その遺伝子型によって感染した場合に症状があらわれる部位も症状も違います。その中でも夏に流行する傾向が強いのが、主に3型によって発症する発熱、咽頭痛、結膜炎(流行性角結膜炎)を三大症状とする「咽頭結膜熱(プール熱)」です。発熱は39~40度と…

    更新日: 公開日: