宮崎台 新田整形外科の診療案内

口コミ 110
写真 15
神奈川県川崎市宮前区宮崎2-10-2 4F・5F (地図)
  • 土曜診療
ネット受付
0066-9801-0227947

電話問合せの注意事項【必読】

宮崎台駅[神奈川県]

宮崎台 新田整形外科

電話問合せ

0066-9801-0227947

電話問合せの注意事項

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。
※一部回線からはご利用いただけない場合がございます。ご了承ください。

 

電話問合せの注意事項

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。
※一部回線からはご利用いただけない場合がございます。ご了承ください。

 

整形外科

腰痛、肩こり、脊椎脊髄疾患を診療。痛みの緩和と、保存的治療が基本

整形外科では、腰痛、肩こり、首の痛み、関節の痛み、手足のしびれ、骨粗しょう症のほか、頚椎・腰椎の椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)などの脊椎脊髄疾患まで幅広く診療しています。また、スポーツによる外傷、ひじ・ひざの障害、靭帯損傷にも対応しています。

治療は、手術を行わない「保存療法」が基本です。症状や疾患に応じて投薬や、エックス線透視下でのブロック注射、トリガーポイント注射、運動器リハビリテーションを患者さまの状態に合わせてご提案します。リハビリテーションは専用フロアにて、医師、診療放射線技師、理学療法士、柔道整復師などスタッフが協力して患者さまをサポートします。

まずは患者さまの痛みを緩和することを念頭に、ご要望をうかがいつつ、治療方法を決定していきます。

腰痛

原因のわからない腰痛でも治療できますか?

腰痛の原因がどこにあるのかをしっかりと探り、その原因に応じた治療を行うことができます。


腰痛の原因は大きく分けて、筋肉組織、骨・関節、背骨と背骨をつなぐクッションの役割を持つ椎間板のいずれかに問題があることで起こります。その内の一つに問題がある場合や、原因が混在している場合などさまざまです。当院では、どこに腰痛の原因があるのかを見極めたうえで、その原因に応じた治療を行っています。

一般的な腰痛の場合は急性・慢性にかかわらず、痛みに作用する内服薬を用いた薬物療法のほか、トリガーポイント注射、運動器リハビリテーションによる理学療法でしっかりと保存的治療を行います。腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症など、神経障害を伴うような場合は、エックス線透視下での神経根ブロック注射や硬膜外ブロック注射で対応します。

肩こり

頭痛を伴う肩こりを治療してもらえますか?

温熱療法、筋肉マッサージ、トリガーポイント注射、投薬などを組み合わせた治療が可能です。


肩こりというのは、首のつけ根から肩や背中にかけての筋肉に、張り・こりを感じる症状です。筋肉が緊張することで頭痛やめまい、吐き気などを伴う場合もあります。当院では、必要な検査を行ったうえで、各種機器による物理療法、理学療法士による運動器リハビリ、柔道整復師によるマッサージなど病態に合わせたリハビリをご提供します。さらにブロック療法、トリガーポイント注射、投薬などを組み合わせて痛みを緩和させます。

肩こりは予防も大切です。同じ姿勢を長く続けない、適度な運動をする、身体を温めて筋肉の血行をうながすといったことを日頃から意識するように心がけましょう。

骨粗しょう症

骨粗しょう症はどのように対応してもらえるのでしょうか?

DEXA法で骨密度を詳しく調べ、骨の代謝状態も評価し、患者さまに合った治療薬を選択します。


骨粗しょう症の方は、骨の量が減って骨がもろくなっているので、転倒しただけでも骨折しやすい状態と言えます。自覚症状がほとんどなく、骨折をして初めて骨粗しょう症に気づくケースが多いため、早めに発見できるように検査を受けることが重要です。

当院では、DEXA(デキサ)法という骨密度測定検査で詳しく診断を行い、骨粗しょう症の早期発見と予防に努めています。また、治療が必要な患者さまには、血液や尿で骨代謝マーカーを測定し、骨の代謝状態を評価したうえで、複数の治療薬から患者さまに合ったお薬を選択していきます。

スポーツ障害

スポーツで痛めたひじやひざを診てもらえますか?

ひじ・ひざのスポーツ障害に対応しています。診断や治療についてご相談ください。


当院では、スポーツのプレー中に起こった怪我や外傷、同じ動作の繰り返しで生じた障害など、スポーツが原因のトラブルに幅広く対応しています。ひじ・ひざについても障害に応じた治療を行い、早期復帰ができるようにサポートしますので、お困りの方はご相談ください。

ひじの障害としては、野球ひじと呼ばれる投球障害などを診療しており、エックス線検査と超音波検査を行い、軟骨損傷の程度を診断することが可能です。投球の調子が悪い、違和感があるといった場合も気軽にご相談ください。ひざの障害としては、主に半月板損傷や靭帯損傷などを診療しています。手術治療が必要となる場合は、連携している医療機関におつなぎし、術後のリハビリテーションは当院で対応いたします。

リハビリテーション科

リハビリテーション専用のフロアで、理学療法士や柔道整復師がサポートします

当院は、リハビリテーション専用のフロアを設け、広々としたリハビリテーション室を備えています。リハビリテーション科では、物理療法と運動療法、二つのアプローチによって、スポーツ障害や怪我の後の機能改善、ご年配の方の日常生活動作の維持など、幅広いリハビリテーションを提供しています。理学療法士、柔道整復師などの専門スタッフが、リハビリテーションをサポートいたします。

医師による整形外科の診療では、主に怪我や疾患の治療、薬物療法や注射による痛みの改善を行っていきます。リハビリテーションは、治療が終わった後、あるいは治療と並行して、筋力や機能の訓練を行うことで、患者さまがスポーツや日常生活へ復帰することをサポートする役割を担っています。

物理療法は、ウォーターベッドマッサージ器、エアー加圧マッサージ器、干渉波、マイクロ波温熱治療器、電動けん引装置(首・腰)などのリハビリテーション機器を用いて、主に痛みの緩和やリラクゼーションを行います。物理療法だけでは難しい運動機能の維持や改善に向けては、機能訓練や歩行訓練、可動域訓練など、運動器リハビリテーションを行っていきます。

スポーツ障害の患者さまであれば、元のフルパフォーマンスの状態に近づけていくことがリハビリテーションの目標です。ご年配の方であれば、怪我や痛みが生じる前に行えていた日常生活動作を取り戻し、介護のサポートを受けずにできるだけ長く自立した生活を維持できるようにすることが目標です。個々の目標に向けて、理学療法士や柔道整復師などのスタッフが、リハビリテーションのサポートをしてまいります。

宮崎台 新田整形外科の基本情報

診療科目 整形外科 リハビリテーション科 リウマチ科
住所
アクセス
  • 東急田園都市線宮崎台駅南口 徒歩1分 
  • 東急田園都市線宮前平駅 徒歩13分 
  • 東急田園都市線梶が谷駅 徒歩17分 
診療時間・休診日

休診日

水曜・日曜・祝日

土曜診療

9:00~12:30
15:00~19:00
9:00~13:00

※新患の受付はAMは12:30、PMは18:15までとさせていただきます。

電話番号

044-750-0666

特徴・設備

設備
  • バリアフリー リハビリ設備
専門医
  • 日本整形外科学会認定 整形外科専門医

掲載している情報についてのご注意

医療機関の情報(所在地、診療時間等)が変更になっている場合があります。事前に電話連絡等を行ってから受診されることをおすすめいたします。情報について誤りがある場合は以下のリンクからご連絡をお願いいたします。

掲載内容の誤り・閉院情報を報告

EPARKスタッフが見た
おすすめポイント

ポイント1

「宮崎台駅」徒歩約1分、通いやすい立地です

東急田園都市線「宮崎台駅」南口から徒歩約1分と便利な立地です。水曜を除く平日の月・火・木・金曜は19時まで診療。仕事や学校の帰りにも通院しやすい整形外科です。

ポイント2

院長は日本整形外科学会認定 整形外科専門医

脊椎疾患を得意とする院長は「日本整形外科学会認定 整形外科専門医」です。頚椎・腰椎の椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症など脊椎疾患の専門的な診察を受けられます。

ポイント3

理学療法士がリハビリテーションをサポート

広いリハビリテーション室があり、さまざまなリハビリ機器が備えられています。スポーツ障害、関節の痛みなどに、常勤の理学療法士が対応。運動療法をサポートします。

 

お気に入りの登録上限に達しました。
登録できるのは最大30件です。

お気に入り一覧へ