専門医インタビュー

湘南藤沢形成外科クリニックRの専門医インタビュー(山下 理絵先生)

口コミ 211
写真 16
神奈川県藤沢市藤沢571 荒井ビル1F (地図)
  • 土曜・日曜診療
ネット受付
050-5212-4426

電話受付・予約(自動応答)の注意事項【必読】

藤沢駅[神奈川県]

湘南藤沢形成外科クリニックR

電話受付・予約(自動応答)

050-5212-4426

電話受付・予約(自動応答)の注意事項

※公衆電話、非通知によるお電話では、サービスをご利用いただくことができません。

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。

※受付済の内容の変更、キャンセルの場合も必ずお電話をお願いします。

※自動応答での受付方法について

 

電話受付・予約(自動応答)の注意事項

※公衆電話、非通知によるお電話では、サービスをご利用いただくことができません。

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。

※受付済の内容の変更、キャンセルの場合も必ずお電話をお願いします。

※自動応答での受付方法について

 
湘南藤沢形成外科クリニックR 藤沢駅_専門医インタビュー(山下 理絵先生)の写真 赤ちゃんから大人の方まで。レーザー治療であざ・しみのお悩みに応える医師
総院長 山下 理絵
取材日:2021年10月13日

山下 理絵先生(日本レーザー医学会認定 レーザー専門医)にインタビュー

レーザー治療の研さんを積んだことで、より多くの選択肢を提示できるように

形成外科・美容外科の道に進まれたのは、どのような理由からでしょうか?
湘南藤沢形成外科クリニックR 藤沢駅 形成外科・美容外科の道に進まれたのは、どのような理由からでしょうか?の写真
実は、もともとは形成外科や美容外科ではなく、小児外科や救急診療の道へ進もうと思っていました。ただ、私が医師になったころは女性が入局できる外科というのがとても少なかったんです。そこで、救急診療や外科も含めてさまざまな科をローテーションで診て回ることができる形成外科に入局を決めました。

実際に研修医になってからは、形成外科以外に麻酔科やERでの診療など、さまざまな経験を積むことができました。また形成外科は、糖尿病神経障害で足の壊疽が進行してしまった方の診療をすることもあるなど、ほかの診療科と重なる部分も多い分野です。複数の診療科を経験できたとともに、そのような別の診療科に関連する診療にも携われたことが、よい学びになったと感じています。
「日本レーザー医学会認定 レーザー専門医」の取得経緯を教えてください。
湘南藤沢形成外科クリニックR 藤沢駅 「日本レーザー医学会認定 レーザー専門医」の取得経緯を教えてください。の写真
医師になって最初に取ったのは、「日本形成外科学会認定 形成外科専門医」の資格でした。何問もあるマークシートでの試験と面接が、そのころの認定審査方法でした。

「日本レーザー医学会認定 レーザー専門医」の資格を取得したのは、「日本形成外科学会認定 形成外科専門医」の取得から数年後のことだったと思います。そのころはまだレーザー治療は一般的ではなく、あざなどの治療法は入院をして手術をするしかない時代でした。そのため、実際に治療をおこなっている医師の元へお話を聞きに行くなど、いろいろな方法で勉強に励みました。
資格を取得したことによる強みや、よかったことはありますか?
湘南藤沢形成外科クリニックR 藤沢駅 資格を取得したことによる強みや、よかったことはありますか?の写真
「日本レーザー医学会認定 レーザー専門医」を持っていることのメリットは、患者さまへご提案できる治療の選択肢が広がることだと思います。手術でしか治療できなかったあざが、外来診療で治療できるようになったことも、その一例です。

また、患者さまの中にはあざやしみなどに関して、「治療はできない」とあきらめてしまっている方もいらっしゃいます。そのようなときに、「これは治療できますよ」「赤ちゃんでも治療が可能ですよ」といった選択肢を提示できることも、レーザー治療を専門とする医師としての強みだと思います。お子さまの症状に関し、将来を見越したアドバイスをすることも可能ですので、お肌のことで気になることやお悩みがありましたら、遠慮なく相談にお越しください。

お子さまの治療をライフワークと捉え、生後間もない赤ちゃんのあざにも対応

レーザーによる「太田母斑」「異所性蒙古斑」の治療について教えてください。
湘南藤沢形成外科クリニックR 藤沢駅 レーザーによる「太田母斑」「異所性蒙古斑」の治療について教えてください。の写真
太田母斑や異所性蒙古斑は、いわゆる「青あざ」と呼ばれるあざのことです。太田母斑は目の周りや頬などに、異所性蒙古斑はおしりや背中の下部に見られます。一般的な蒙古斑の場合は幼少期のうちに自然と消えていきますが、 その他の部位にある異所性蒙古斑で濃いあざの場合は残存することが多いので治療の適応になります。学童期になっても残っている場合や、太田母斑のように自然に消えることがないあざの場合は、レーザー治療をご検討ください。当クリニックでは、1歳になる前の生後間もない段階から治療が可能です。

また、「赤あざ」と呼ばれる血管腫や、色素性母斑の治療もおこなっています。これらは太田母斑や異所性蒙古斑に比べて治療が難しく、症状によってはあざが消えにくい場合もあります。こういった症状を「どう治療していくか」ということが、今後の課題の一つだと考えています。
「雀卵斑(そばかす)」や「肝斑」もレーザー治療ができるそうですね。
湘南藤沢形成外科クリニックR 藤沢駅 「雀卵斑(そばかす)」や「肝斑」もレーザー治療ができるそうですね。の写真
はい。「雀卵斑(そばかす)」は、一般的に「治療をする」という感覚があまりないものかもしれませんが、レーザーでの治療が可能です。遺伝性で4-5歳から発症しますので、ご希望があれば、お子さまのうちから治療を受けていただくこともできます。また、レーザーではありませんが、ボトックスによる多汗症治療もおこなっており、大人の方はもちろん、ダンスをしているお子さまなどで治療を受けられる方もいらっしゃいます。お子さまの治療は、私にとってライフワークです。自分の生活を捧げるテーマとして力を入れて取り組んでおりますので、ぜひご相談ください。

肝斑は、内服外用の保存的治療を行い、難治性のものに対してレーザートーニング(※)の治療が可能です。お子さまの治療がライフワークだとすれば、しみや肝斑などは、私にとって趣味と実益を兼ねた治療です。「実益があるものは、患者さまにもどんどん提供していきたい」という思いで診療をおこなっています。

(※)は自由診療です。料金は料金表をご確認ください。
患者さまや親御さまへの説明などで大切にしていることはありますか?
湘南藤沢形成外科クリニックR 藤沢駅 患者さまや親御さまへの説明などで大切にしていることはありますか?の写真
基本的にお伝えしているのは、「一緒に頑張りましょう」という言葉ですね。レーザー治療の後は紫外線を避ける生活が求められるなど、よりよい結果を得るためには、私だけではなく患者さまや親御さまにも頑張ってもらう必要があるからです。また、最近ではSNSなどで治療に関するさまざまな情報が流れています。正しいものもあれば、間違った情報もたくさんありますので、症状や治療に関する説明にも力を入れています。

レーザー治療を広めることで、皮膚のお悩みを抱える方を一人でも少なく

レーザー治療を専門とする医師として力を入れていきたいことはありますか?
湘南藤沢形成外科クリニックR 藤沢駅 レーザー治療を専門とする医師として力を入れていきたいことはありますか?の写真
治療の基本的なスタンスとしては、これまでと変わらずに「お越しになった患者さまに対してきちんと治療をしていく」ということです。できないことはできないと偽りなくお伝えするなど、患者さま一人ひとりに誠実に向き合っていきたいと思っています。

形成外科全般に関していえば、レーザー治療をもっと広めていきたいですね。赤ちゃんのあざでお悩みの方は多くいらっしゃいますので「レーザーで治療ができますよ」「生まれてすぐにでもお越しください」と伝えていきたいです。美容診療に関しては、エイジングケアにもっと力を入れていきたいと思っています。日本人の肌は少し特殊で、一つのレーザー機器だけでは思った通りの改善が見込めないこともあります。治療法を組み合わせるなど工夫をすることで、より多くの患者さまのご期待に応えていければと考えています。
今後の課題として捉えていることがあれば、教えてください。
湘南藤沢形成外科クリニックR 藤沢駅 今後の課題として捉えていることがあれば、教えてください。の写真
皮膚のお悩みに対応できる機器が、もっと増えることに期待しています。日本には「PMDA」という医療機器や医薬品の審査・承認をおこなう機関がありますが、その審査を通るのはそう容易なことではありません。同様の業務をおこなうアメリカのFDAという機関で認可が下りているお薬や機器でも、PMDAでは認可が下りていないものはたくさんあります。もちろん、人種や生活環境などによって「合う・合わない」はありますし、厳しい審査によってリスクが軽減されている側面もありますが、より多くのよい機器が日本でも使えるようになればと思っています。そのために、今もおこなっているPMDAへの承認を求めるための活動を、今後も続けていきたいと考えています。
皮膚に関する症状でお悩みの方へ、メッセージをお願いします。
湘南藤沢形成外科クリニックR 藤沢駅 皮膚に関する症状でお悩みの方へ、メッセージをお願いします。の写真
今できることは、できるだけ今したほうがいいと思いますので、気になった段階でご相談にお越しください。あざやしみの治療に関して、「後からやったほうがいい」ということはほとんどありません。特にお子さまの場合は、目立つ場所にあるあざなどが集団生活に影響を及ぼす場合もありますので、早めにご相談いただければと思います。

また、小さなお子さまが治療を受けることへの不安や、金銭的な不安を抱えている方もいらっしゃるかと思います。ご説明の際は、手書きの資料や画像、パンフレットなどを用いて、患者さまが抱える不安や疑問をなくせるよう努めています。はじめは軽い気持ちでも構いませんので、皮膚に関して気になることがあれば遠慮なくご相談ください。

湘南藤沢形成外科クリニックRの基本情報

医院名 湘南藤沢形成外科クリニックR
診療科目 形成外科 皮膚科 美容外科 小児外科 美容皮膚科
標榜科目 形成外科 / 美容皮膚科 / 皮膚科 / 美容外科 / 小児形成外科
ネット受付
電話受付

050-5212-4426 (自動応答)

電話受付・予約(自動応答)の注意事項 【必読】

※公衆電話、非通知によるお電話では、サービスをご利用いただくことができません。

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。

※受付済の内容の変更、キャンセルの場合も必ずお電話をお願いします。

※自動応答での受付方法について

住所
アクセス
  • 東海道本線藤沢駅北口 徒歩3分 
  • 江ノ島電鉄線石上駅 徒歩14分 
  • 小田急江ノ島線藤沢本町駅 徒歩21分 
  • 江ノ島電鉄線柳小路駅 徒歩21分 
  • 小田急江ノ島線本鵠沼駅 徒歩24分 
  • 江ノ島電鉄線鵠沼駅 車12分 
  • 湘南モノレール片瀬山駅 車12分 
  • 小田急江ノ島線鵠沼海岸駅 車17分 
  • 湘南モノレール西鎌倉駅 車14分 
診療時間・休診日

休診日

祝日

土曜・日曜診療

8:00~19:00
10:00~19:00
10:00~14:00
8:00~18:00
電話番号

0466-54-4374

特徴・設備

待合室
  • アルコール除菌
設備
  • バリアフリー 個室 ベビーカー置き場 駐輪場 おむつ交換台 ベビーキープ 手術設備
サービス
  • クレジットカード利用可 ( VISA MasterCard  ) 美容の患者さまご利用可

専門医
  • 日本形成外科学会認定 形成外科専門医
  • 日本レーザー医学会認定 レーザー専門医
  • 日本熱傷学会認定 熱傷専門医

対応可能な症状・疾患など

症状・疾患
  • 腋臭(わきが)・多汗症
治療
  • レーザー(あざ/ほくろ)

掲載している情報についてのご注意

医療機関の情報(所在地、診療時間等)が変更になっている場合があります。事前に電話連絡等を行ってから受診されることをおすすめいたします。情報について誤りがある場合は以下のリンクからご連絡をお願いいたします。

掲載内容の誤り・閉院情報を報告

 

お気に入りの登録上限に達しました。
登録できるのは最大30件です。

お気に入り一覧へ