受付予約可

EPARK補助

診療案内 | 永松クリニック

口コミ 5
写真 12
〒659-0094 兵庫県芦屋市松ノ内町10-18 (地図)
  • 土曜診療
ネット受付

電話受付・予約(自動応答) 注意事項

050-5306-9133

芦屋川駅[兵庫県]

永松クリニック

電話受付・予約(自動応答)

050-5306-9133

電話受付・予約(自動応答)についての注意事項【必読】

※公衆電話、非通知によるお電話では、サービスをご利用いただくことができません。

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。

※受付済の内容の変更、キャンセルの場合も必ずお電話をお願いします。

※自動応答での受付方法について

 

電話受付・予約(自動応答)についての注意事項【必読】

※公衆電話、非通知によるお電話では、サービスをご利用いただくことができません。

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。

※受付済の内容の変更、キャンセルの場合も必ずお電話をお願いします。

※自動応答での受付方法について

 

外科

リハビリテーションも自宅で受けていただけます。

在宅治療や在宅でのリハビリテーションなどに力を入れています。

当院では、褥瘡(じょくそう)、切り傷などの外傷の治療をはじめとして、小さな腫瘤の切除や、その他外科的な治療を行っております。すぐ治療に取りかかるのではなく、事前に患者様からも不安や疑問を伝えていただける時間を十分に取ることで、患者様にリラックスして治療に臨んでいただくことが可能になり、治療に対する納得度も高まると考えております。

また、当院では、在宅診療や在宅でのリハビリテーションを行っております。遠方の方や足の不自由な方やご高齢の方の為に、ご自宅まで治療に伺っております。患者様とのコミュニケーションをはかることでどのようなことでも気兼ねなくお伝えいただけるように心がけております。

より詳しい治療が必要だと判断した場合には、対応する医療機関をご紹介するようにしております。症状によっては、自由診療をご提案させていただく場合もございますが、患者様とご相談させていただいたうえで、治療を行っております。

褥瘡

当院は褥瘡(じょくそう)のケアにも力を入れています。褥瘡とはいわゆる床ずれのことです。髄の損傷や脳梗塞などで寝たきりの状態が続く患者様がなりやすい症状です。同じ姿勢が続くことによって、皮膚の同じ場所に圧力がかかることが原因となります。

褥瘡のケアは在宅診療にて行なっております。症状に対して処置を行うだけでなく、再び褥瘡になってしまわないように予防する方法もお伝えしております。

また、寝たきりの患者様がいらっしゃると、一緒に暮らすご家族様にも少なからず負担がかかるものです。当院ではなるべくご家庭での介護が楽になるようなアドバイスも行なっておりますので、ぜひご相談ください。

褥瘡のリハビリテーションにも対応しております。

在宅診療

病院で受けられた医療サービスを高齢の方々が療養している施設や自宅でも提供させて頂くものが「在宅医療」といわれるものです。当院では、近隣の医療機関と連携して、足が不自由な方やご高齢の方や遠方の方のために、通院が困難な患者様に対して、24時間対応の在宅診療を実施しています。

また、ご依頼には可能な限り、お応えできるようにしています。特にご高齢の方やご病気などで、当院への通院が困難な患者様には、在宅での診療を行います。さらに、医療保険で対応できますので、ご家族の方の負担軽減のためにもぜひご利用いただきたいと思います。

また、当院では、患者様の在宅診療を支えるご家族の皆様方へのサポートも実施しています。医療的なご質問だけではなく、疑問点や不安点など小さなことでもご遠慮なくご質問ください。

リハビリテーション治療

当院では、在宅でのリハビリテーション治療を行っています。

本格的なリハビリテーションは、医師が付いていないと難しいと思います。そのため、遠方にお住いの方や足が不自由な方、またはご高齢で腰やひざに大きな負担をかけられない方など、通院が困難な方のために、直接ご自宅まで治療に伺わせていただいております。リハビリテーション治療は、腰や肩、ひざ、骨折など、幅広く行います。

患者様とのコミュニケーションをはかることで、どのようなことでも気兼ねなくお伝えいただけるように心がけております。治療を行ううえで、医師と患者様の意思疎通は大切です。早く症状を良くするためにも、様々なご意見をお聞かせください。

内科

認知症のリスク診断もできます。

認知症やアルツハイマー病の患者様にも対応できる治療をご提供しております

当院では、認知症やアルツハイマー病に対応した治療を提供しております。
実際の治療では、まずMCIスクリーニング検査という、認知症の一歩手前である軽度認知症の兆候を発見することができる血液検査を行います。この検査によってアルツハイマー病を早期発見し、その後の病気進行のリスクを減らすことができます。

また当院では、ご年配の方や遠方に住んでいらっしゃる方のために、24時間対応の在宅訪問診療を行っております。ご自宅に直接伺わせていただきますので、認知症やアルツハイマー病の患者様もご家族様も、皆様で診察や経過を見守っていただけます。ご家族様の側で治療を受けたい場合は、ぜひご利用ください。

さらに、ヘビースモーカーの方や、喫煙歴の長い方への禁煙治療も行っています。この治療を受けられる患者様は、30代から40代の方が多いです。ニコチンへの依存が強い方もニコチンパッチを使うことで禁煙が楽になりますが、最近では飲み薬を用いることが多いです。禁煙治療では、2週間おきにニコチンの抜けと薬が作用しているかを確認しながら、約2ヵ月半の期間をかけて治療していきます。

認知症

MCIとは軽度認知障害のことで、正常な状態と認知症の中間的な段階を意味します。MCIの状態でも問題なく日常生活を送ることができますが、対策を行わなければ、5年程度で半分近くの方が認知症に進行してしまうと言われています。

認知症は突然起こる病気ではありません。MCIの段階で予防や治療を行うことで、認知症の発症を防いだり、遅らせたりすることができるので、早期に対策を行うことが重要です。高齢者の方にとって、認知症は深刻な問題です。早期発見、早期対策に努めましょう。

MCIスクリーニング検査

認知症の中でも多い症例であるアルツハイマー病は、アミロイドβペプチドという老廃物が脳内に溜まっていくことで神経細胞が破壊されて発症する病気です。

当院では、この症状を調べるために、MCI(軽度認知障害)の程度を調べるMCIスクリーニング検査を行っています。この検査は、アミロイドβペプチドを排除する役割を果たす血液中の3つのタンパク質を発見するというものです。これによって、MCIのリスクを調べることができます。

検査は採血のみで行うことができ、2~3週間で結果が出ます。
MCIスクリーニング検査を行うことで、MCIのリスクをA~Dの4段階で判定することができます。MCIのリスクは生活習慣の乱れや加齢によって高まっていくので、健康診断の様に定期的に検査を行うことで発症を予防することができます。前向きな気持ちで予防に取り組んでいきましょう。

掲載している情報についてのご注意

各医療機関の情報(所在地、診療時間等)が変更になっている場合があります。事前に電話連絡等を行ってから受診されることをおすすめいたします。情報について誤りがある場合は以下のリンクからご連絡をお願いいたします。

掲載内容の誤り・閉院情報を報告

永松クリニック周辺のクリニック・病院

    スマートフォンで見る

    QRコード

    現在のページをスマートフォンで見る場合、QRコードを読み込んでください。

     

    お気に入りの登録上限に達しました。
    お気に入りに登録できるのは最大30件です。

    お気に入り一覧へ