専門医インタビュー

専門医インタビュー(荻原 泰先生)|荻原医院

口コミ 4
写真 22
神奈川県横浜市港北区大倉山3丁目7-17 (地図)
  • 土曜診療
ネット受付
0066-9809-0000056

電話問合せの注意事項【必読】

大倉山駅(神奈川県)[神奈川県]

荻原医院

電話問合せ

0066-9809-0000056

電話問合せの注意事項

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。
※一部回線からはご利用いただけない場合がございます。ご了承ください。

 

電話問合せの注意事項

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。
※一部回線からはご利用いただけない場合がございます。ご了承ください。

 
荻原医院 大倉山駅(神奈川県)_専門医インタビュー(荻原 泰先生)の写真 内視鏡によって胃や腸の病気を早期発見し、早期治療に力を注ぐ医師
理事長・院長 荻原 泰
取材日:2022年11月10日

荻原 泰先生(日本消化器内視鏡学会認定 消化器内視鏡専門医)にインタビュー

父親が築き上げた地域住民との信頼関係をさらに深めていきたい

消化器内科の分野に進もうと思ったきっかけについて教えてください。
荻原医院 大倉山駅(神奈川県) 消化器内科の分野に進もうと思ったきっかけについて教えてください。の写真
私が生まれ育った大倉山にある丘には、防空壕の穴が掘られていたのですが、小さい頃はその穴を目指して探検に出掛けるのが好きでした。いま振り返ってみると、表面上では見えない部分を探るという点では、内視鏡カメラに共通するものがあったのかなと思います。

本格的に消化器内科の道へ進もうと思ったのは、研修医時代に内科の先生が内視鏡を行う姿に憧れたのがきっかけです。私が大学を卒業した1981年頃に、内視鏡のカメラや検査技術の発達が進んだこともあり、将来がんの撲滅を目指すためには、内視鏡検査が重要な役割を担うだろうと考え、内科に行った後消化器内科を専門とすることを決めました。

その後、消化器内科に入り、学生時代の先輩から「内視鏡の研鑽に来ないか」と誘われ、1984年から約1年間国立がん研究センターの内視鏡室で胃カメラについて日々研鑽を積みました。国立がん研究センターでは、検査の技術だけでなくがん早期発見のために必要な診断力を身に着けられたと思います。当時の研修医仲間とは現在も交流が続いていますよ。 国内留学をしたことや内科でも診療経験を積めたことは、キャリアを形成する上でとても役に立ちましたね。
どのような思いで、お父さまからクリニックを継承されたのでしょうか?
荻原医院 大倉山駅(神奈川県) どのような思いで、お父さまからクリニックを継承されたのでしょうか?の写真
うちは父親の代から内科と小児科をメインに大倉山で診療を行っていましたので、自然な流れで家業を継いだというところが大きいかと思います。私が継承してからは、内視鏡検査も行うようになりましたので、地域のクリニック同士で診診連携を行い、当院で内視鏡検査の依頼を受けることができるよう体制を整えてきました。検査の依頼を受けたら一週間以内に検査をして、結果をお出しするように努めています。

やはり検査のために病院へ行くとなると、結果が出るまでどうしても時間がかかってしまうので、クリニック同士で連携して、患者さまの負担も減らしていければと思っています。荻原医院は、父親が開業してから現在まで約50年にわたる歴史があり、大倉山周辺の医療機関とは長い付き合いがあります。私が医院を引き継いだ後も、周辺の医療機関とのコミュニケーションをとりながら、地域の方々が気兼ねなく来られる医院でありたいと思っています。現在も父親が築いてきた信頼関係を守り続けたいという気持ちで診療を続けていますよ。

自分自身の身体の健康を守るためには、早期発見・早期治療が大切

ピロリ菌の除菌と診断に力を入れているようですが、どのようなきっかけでご来院される方が多いでしょうか?
荻原医院 大倉山駅(神奈川県) ピロリ菌の除菌と診断に力を入れているようですが、どのようなきっかけでご来院される方が多いでしょうか?の写真
自覚症状を訴えて来るというよりも、人間ドックや健診のバリウムの検査で慢性胃炎の疑いがあると通知がきている方や、胃がんのABC検診でピロリ菌陽性と結果が出たりしていらっしゃる方が多いです。また、内視鏡検査を行ったらピロリ菌感染が疑われて、そのまま除菌治療へ進まれる方もいらっしゃいますね。

ヘリコバクターピロリ菌感染症というのは、放置してしまうと胃がんになるリスクが高まってしまうので、感染が疑われる場合は放置せずに早めにご来院いただきたいです。治療としては、内視鏡検査を行い、必要に応じて除菌治療を受けていただいております。なかには一度の除菌ではピロリ菌が残ってしまう場合もありますので、呼気テストを行いピロリ菌がいなくなっているかどうかを都度しっかりと確認するようにしています。ピロリ菌の除菌は2回目までは保険で治療ができますので、1回では不十分だだった患者さまにはもう一度除菌治療を受けていただくようにしています。
患者さまのニーズに応えるため、取り組んでいることはありますか?
荻原医院 大倉山駅(神奈川県) 患者さまのニーズに応えるため、取り組んでいることはありますか?の写真
当院では横浜市が実施している胃がん検診(※)に対応しており、70歳以上の方は無料で受診できることから、内視鏡検査を受けに来る方も多いですね。市の検診の場合は私が撮った内視鏡カメラの画像をダブルチェックのためにほかの先生方に見られる機会があるので、私自身もより見やすい画像を撮影できるようにと、検査技術向上に努めています。また、最近では、メタボリック症候群の患者さまが来院される機会が増えていることから、超音波で脂肪肝の定量検査ができる機器を新たに導入しました。肝臓の硬さがわかる検査が実施できるのも特徴のひとつだと思います。このように、患者さまの健康をお守りするべく、新しい機器も導入しながら、詳細な検査に取り組んでおります。

(※)は、お住まいの市区町村によっては補助制度を利用できます。自由診療となる場合もありますので、料金表をご確認ください。
逆流性食道炎でお困りの患者さまに対してはどのように対応されていますか?
荻原医院 大倉山駅(神奈川県) 逆流性食道炎でお困りの患者さまに対してはどのように対応されていますか?の写真
近頃では、在宅勤務の普及に伴い、運動不足から体重増加やメタボリック症候群の状態になる方が増加しているように感じます。これに伴い、肥満などが起因となる逆流性食道炎を発症する方も増えてきています。このような方に対しては、疾患の説明と診断的治療を中心に、「食べ過ぎや油っぽいものは控えましょうね」というように、お薬だけに頼らない生活習慣の指導も行っています。

また、アルコールが原因の脂肪肝に関しても注意が必要です。コロナ禍の影響から家飲みによる個人の飲酒量が増え、脂肪肝を起こす方がいらっしゃいます。脂肪肝は放置しておくと悪化してしまい、肝硬変に発展する恐れがあります。健診などで異常を指摘された場合は、早めの検査をお願いしたいですね。

がんの早期発見につながる取り組みに力を入れていきたい

先生がこれから、治療や疾患などで注力していきたい部分はありますか?
荻原医院 大倉山駅(神奈川県) 先生がこれから、治療や疾患などで注力していきたい部分はありますか?の写真
膵臓がんの早期発見に取り組んでいきたいと思っています。膵臓がんは自覚症状に乏しく、発見や治療が困難と言われているがんです。先日も医師仲間同士で、「膵臓がんを早期に発見し、救命に貢献しなればいけない」と話していたところです。そのために、新たな知識を吸収し、機器をそろえるだけでなく、私たち医師の診断力も上げていかなければならないと感じています。

また、胃がん患者さまを減らすことにも引き続き注力していきたいと思っています。ピロリ菌除菌をすすめていくことで胃がんのリスクがある患者さまの人数は減少傾向にありますが、今度はピロリ菌が陰性で胃がんを発症してしまう患者さまへの診断が問われる時代になりつつありますね。膵臓がんや胃がんの早期発見および診断にこれからも一層励んでいく所存です。
先生が消化器や内視鏡の分野で注目していることがあればお聞かせください。
荻原医院 大倉山駅(神奈川県) 先生が消化器や内視鏡の分野で注目していることがあればお聞かせください。の写真
今後は人工知能(AI)を活用する時代が到来するでしょうね。コンピューターが発達すれば、ヒューマンエラーを未然に防ぐことができます。この先、保険が適用できる領域が広がればAIを取り入れる診断が必須になると考えています。

また、「超音波内視鏡検査」という、内視鏡の先端にエコーが付いたカメラが医師の間で普及していくことを望んでいます。先ほども申しましたが、がんの中でも膵臓がんは発見率が特に低いと言われていますから、早期発見のために医師と医療機器双方の診断力を上げていかなくてはいけないと考えています。
今後どのようなクリニックにしていきたいとお考えでしょうか?
荻原医院 大倉山駅(神奈川県) 今後どのようなクリニックにしていきたいとお考えでしょうか?の写真
「日本消化器内視鏡学会認定 消化器内視鏡専門医」の専門性を生かしながらも、地域のかかりつけとしての役割を担っていければと思います。胃や大腸に限らず、何かしらの不安がある方は、遠慮なくいつでも相談に来てください。

私が患者さまに望むことは、年に1度はエコー検査をして、膵臓がんの疑いがないかどうかを確かめてほしいということです。また、ピロリ菌が存在しているかの検査もしていただければうれしいですね。がんの早期発見のために、患者さまご自身にも定期的な検査に関心を持っていただければと思います。

荻原医院の基本情報

医院名 荻原医院
診療科目 消化器内科 内科
診療内容

インフルエンザ予防接種 おたふくかぜ予防接種 MRワクチン予防接種 水痘・帯状疱疹予防接種 B型肝炎予防接種 成人用肺炎球菌予防接種 胃がん検診(胃内視鏡検査) 大腸がん検診(便潜血検査)

肺がん検診(胸部2方向XP)

ネット受付
電話問合せ

0066-9809-0000056

電話問合せの注意事項 【必読】

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。
※一部回線からはご利用いただけない場合がございます。ご了承ください。

住所
アクセス
  • 東急東横線大倉山駅(神奈川県)西口 徒歩3分 
  • 東急東横線菊名駅 徒歩15分 
  • 横浜線菊名駅 徒歩15分 
  • ブルーライン北新横浜駅 車13分 
  • ブルーライン新羽駅 車10分 
  • 横浜線新横浜駅 車6分 
  • 東急東横線綱島駅 車12分 
  • 東急東横線妙蓮寺駅 車12分 
  • ブルーライン岸根公園駅 車12分 

駐車場有り(1台)

診療時間・休診日

休診日

日曜・祝日

土曜診療

9:00~12:30
15:00~18:30

休診日:水曜午後・土曜午後・日曜・祝祭日
※急患や混雑時は、予約時間に診療開始できないことがあり30分の枠内でお待ちいただくことになりますのでご了承ください。

電話番号

045-531-3195

特徴・設備

電話診療/
オンライン診療
電話診療/オンライン診療対応可
特徴
  • 院内感染対策
待合室
  • 空気清浄器 加湿器 アルコール除菌
設備
  • バリアフリー 駐輪場 駐車場
駐車場

駐車場有り(1台)

専門医
  • 日本消化器内視鏡学会認定 消化器内視鏡専門医
  • 日本消化器病学会認定 消化器病専門医
健康診断・検査
  • 内視鏡専門(胃または大腸)
  • 麻酔下胃カメラ(内視鏡)
  • 麻酔下大腸内視鏡

対応可能な症状・疾患など

症状・疾患
  • 糖尿病
  • 脂質異常症
治療
  • 高血圧

掲載している情報についてのご注意

医療機関の情報(所在地、診療時間等)が変更になっている場合があります。事前に電話連絡等を行ってから受診されることをおすすめいたします。情報について誤りがある場合は以下のリンクからご連絡をお願いいたします。

掲載内容の誤り・閉院情報を報告

 

お気に入りの登録上限に達しました。
登録できるのは最大30件です。

お気に入り一覧へ