受付予約可

診療案内 | 川崎おおつか内科・消化器内科

口コミ 4
写真 11
〒210-0006 神奈川県川崎市川崎区2-6-2川崎三恵ビル4F (地図)
  • 土曜診療
ネット受付

電話問合せ 注意事項

0066-9801-0115914

川崎駅[神奈川県]

川崎おおつか内科・消化器内科

電話問合せ

0066-9801-0115914

電話問合せについての注意事項【必読】

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。
※一部回線からはご利用いただけない場合がございます。ご了承ください。

 

電話問合せについての注意事項【必読】

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。
※一部回線からはご利用いただけない場合がございます。ご了承ください。

 

消化器内科

3つの専門医資格を持つ院長が症状により内視鏡で検査します

消化器内科では、口・食道・胃・小腸・大腸・肛門の消化管や胆のうやすい臓、肝臓などの疾患を診ています。腹痛・下痢・嘔吐(おうと)・胸やけ・血便など気になる症状がありましたら、ご相談ください。

診療では、日本消化器病学会認定の消化器病専門医と日本消化器内視鏡学会認定の消化器内視鏡専門医の資格を保有する院長が担当します。また、健康診断でピロリ菌や陽性の潜血の指摘を受けた方、便通異常・胸焼け・胃の痛みがある方は、内視鏡の検査をご検討ください。不明な体調不良も、消化器からくる病気が原因の場合もありますので、受診いただければと思います。

Q.胃内視鏡検査ではどのような病気が見つかりますか?

胃カメラ

A.胃がんや食道がん、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎潰瘍などが見つかります。


胃内視鏡(胃カメラ)検査(※)は、胃がん、食道がん、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、急性・慢性の胃炎や胃・食道ポリープなどの病気が見つかるケースがあります。このような病気は早期発見が大切です。

胃がおかしい、胸やけがする、喉や胸がつかえる、みぞおち周辺が痛い、塩っ辛い食べ物を好む、急激に痩せた、吐き気がある、胃潰瘍、十二指腸潰瘍を繰り返しているなどの症状がございましたら、胃内視鏡検査をご検討ください。

(※)は自由診療の場合があります。料金は料金表をご確認ください。

Q.胃内視鏡の検査では、経口内視鏡と経鼻内視鏡ではどちらがよいのでしょうか?

A.経口内視鏡検査の方が、見つかりにくい病変も鮮明にとらえます。


当院では、口からチューブを挿入する経口内視鏡(※)と、鼻からチューブを入れる経鼻内視鏡(※)の2種類をご用意しています。経鼻内視鏡を挿入する場合、舌の付け根に触れないので、嘔吐反射が軽減できます。しかし、個人的な見解になりますが、画質がやや劣りさらに拡大機能がついていないので、疑わしい病変を見つけた時に拡大して確認ができません。その場合、気になる病変部分の組織を取って検査をする必要があり、すぐに判断できないデメリットがあります。このような理由から、当院ではしっかりと検査できる経口内視鏡をおすすめしています。

(※)は自由診療の場合があります。料金は料金表をご確認ください。

Q.経口内視鏡検査は苦しくないか不安です。

A.苦しいと感じる方には経鼻用の細い内視鏡を口から入れたり、鎮静剤や鎮痛剤を使用する選択肢もございます。


経口内視鏡(※)に苦痛を感じている方、鎮静剤を使って休んでいる時間がない方、経鼻が狭く挿入できない方は、経鼻用の細いファイバーを経口から入れることもできます。検査自体は5分程度で終わります。

また、鎮静剤や鎮痛剤を使う選択肢もございます。その場合検査後には、院内にあるリカバリールームで1時間ほど落ち着くまでお休みいただいてから、ご帰宅することができます。

(※)は自由診療の場合があります。料金は料金表をご確認ください。

Q.大腸内視鏡検査はどんなことができて、何が分かるのでしょうか?

大腸カメラ

A.直腸から盲腸までのがんや腫瘍、ポリープ、炎症の早期発見・治療が可能です。


大腸内視鏡(大腸カメラ)検査(※)は、小腸の一部と大腸の内側を検査していきます。肛門から内視鏡を入れて観察することにより、大腸がんや潰瘍性大腸炎、虚血性腸炎、潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患、ポリープなどが見つかるケースがあります。

また、検査自体は10~15分ほどで終わります。大腸ポリープを発見した場合、切除ができるかその場で判断し、可能な場合はその日の内にポリープを切除いたします。ポリープを切除した場合は、約1週間の食事調整が必要となります。

(※)は自由診療の場合があります。料金は料金表をご確認ください。

Q.大腸内視鏡検査の際に、気を付けていることはありますか?

A.ヒダ裏のポリープをできるだけ見逃さないように心がけています。


大腸は曲がりくねった構造になっているので、検査の際、腸の内側にあるヒダの裏のポリープを見逃さないように気を付けています。しかし、2~3mmほどの小さいポリープはとても見つかりにくいため、腸内にあるポリープをすべて切除することは不可能で、見逃す確率がゼロとは言えないのが現状です。

また、ポリープの手術や内視鏡検査(※)をおこなった後は、定期的な便潜血の検査をお願いしています。

(※)は自由診療の場合があります。料金は料金表をご確認ください。

Q.忙しくて時間がありませんが、どうしても検査は必要ですか?

A.ご自身の健康のため、40歳を節目に一度健診や人間ドックなどをおすすめします。


忙しい日常生活の中で、症状や不調がない場合は「検査に行こう」という気持ちにはならないと思います。しかし、40歳を節目のタイミングに、健康診断(※)や人間ドック(※)などで病気の有無を確認することが大切です。

自覚症状が無いのに、いきなり内視鏡検査(※)はハードルが高いと思いますので、便潜血の検査や血液検査でピロリ菌のチェックをするなど、内視鏡以外の検査からはじめてみてはいかがでしょうか。それで指摘を受けたら、再検査にお越しいただくということで良いと思います。

(※)は自由診療の場合があります。料金は料金表をご確認ください。

内科

一般的な内科診療をはじめ、生活習慣病など幅広く診療しています。

内科では、咳・のど・発熱といった風邪の症状から、腹痛、下痢、吐き気、動悸、むくみ、発疹。さらにインフルエンザ・扁桃炎といった急性疾患、生活習慣病・痛風などの慢性疾患まで幅広く診療しております。咳が出る、喉が痛い、頭痛、熱、貧血などお困りの症状がございましたら、お気軽ご来院ください。

また、はっきりとした症状がなくて、原因が分からない体調不良の場合も、まずは総合窓口として内科に受診いただければと思います。

Q.どうしたら自分が生活習慣病だと分かりますか?

生活習慣病

A.検査結果の数値から生活習慣病だと分かります。


健康診断などで指摘を受けて生活習慣病だと判明し、当院にお越しいただくことが多いですね。40歳を超えた患者さまが多いですが、30代の方でも生活習慣病を患う方はいらっしゃいます。生活習慣病は自覚症状がないので、年齢のせいかと思われる方もいらっしゃるようです。

当院では、採血検査をおこない、結果をもとに治療計画を立てています。また特殊な肝機能や腎機能の検査に関しては、他の医療機関に依頼しています。

Q.生活習慣病の患者さんには、どのような治療をされるのですか?

A.まずは運動療法と食事療法をおこない、改善されなければ薬物療法を検討します。


当院では、まず運動療法と食事療法で治療していきます。改善がみられなかったら、薬物療法を取り入れます。お薬を処方する際にも、漠然とお出しするのではなく、一つの薬をどのくらい服用するかなど目標をたてて、改善されなければ、お薬を継続します。このように、患者さまの症状や生活環境に合わせて目標を設定していきます。

Q.生活習慣病を改善するには、激しい運動が必要ですか?

A.自分の体と相談しながら、“できる”運動からはじめましょう。


いきなり「激しい筋トレをしなさい」ということではありません。食事療法を進めながら、今までされていなかった運動を始めていただければ大丈夫です。

高齢の方であれば、ウォーキングでもよく、身体を動かしていただくだけでかまいません。また、膝が思うように動かなかったり、腰が悪かったりと、体が思うようにコントロールできないという方もいらっしゃると思います。そのような患者さまには、プールでウォーキングなど膝・腰に負担をかけない運動をお願いしています。

掲載している情報についてのご注意

各医療機関の情報(所在地、診療時間等)が変更になっている場合があります。事前に電話連絡等を行ってから受診されることをおすすめいたします。情報について誤りがある場合は以下のリンクからご連絡をお願いいたします。

掲載内容の誤り・閉院情報を報告

川崎おおつか内科・消化器内科周辺のクリニック・病院

    スマートフォンで見る

    QRコード

    現在のページをスマートフォンで見る場合、QRコードを読み込んでください。

     

    お気に入りの登録上限に達しました。
    お気に入りに登録できるのは最大30件です。

    お気に入り一覧へ