診療案内|植木外科クリニック

口コミ 2
写真 11
福岡県福岡市中央区白金2-11-9 CR福岡ビル (地図)
  • 土曜診療
ネット受付

西鉄平尾駅[福岡県]

植木外科クリニック

電話問合せ

092-534-5200

 
 

消化器内科

消化器疾患全般を診療。胃・大腸内視鏡検査、人間ドックにも対応

胸やけ、胃もたれ、吐き気、食欲不振、胃痛、腹痛、便秘、下痢、血便などの症状がある場合は、消化器の異常が疑われます。主な消化器疾患としては、食道炎、食道がん、胃炎、胃ポリープ、胃潰瘍、胃がん、十二指腸潰瘍、ヘリコバクター・ピロリ菌感染症、大腸ポリープ、過敏性大腸炎、腸閉塞(ちょうへいそく)、潰瘍性大腸炎、大腸がん、閉塞性黄疸(へいそくせいおうだん)、急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、膵炎(すいえん)、胆のう炎、胆管炎、胆のうがん、胆管がんなどがあります。

当クリニックでは、胃・大腸内視鏡検査による消化器疾患に早期発見・早期治療に注力しています。胃がんの原因となるピロリ菌の検査にも対応いたします。人間ドック(※)を中心に、内視鏡検査やCT検査などの各種検査を組み合わせたコースもご用意しており、ご希望に応じて患者さまお一人おひとりに合ったコースのご提案もさせていただきます。

(※)は自由診療です。料金表をご確認ください。

胃内視鏡検査

胃カメラの検査は苦しそうなイメージがあるので抵抗があります。

径の細いカメラを鼻から挿入する経鼻内視鏡や鎮静剤の使用により、検査の負担軽減に努めています。


当クリニックでは、口からカメラを挿入する経口内視鏡のほか、径の細いカメラを鼻から挿入する経鼻内視鏡を導入しています。狭帯域光観察(NBI)内視鏡システムを活用した詳細な検査が可能です。また、ご希望に応じて鎮静剤を使用することで、眠っているような状態で検査を受けていただけます。

検査の前日は、21時までに食事を済ませていただきます。検査後、診断結果は撮影した画像をモニターでお見せしながらわかりやすくご説明するように心がけております。また、画像の写真もお渡しいたします。鎮静剤を使用した検査後はストレッチャーでお休みいただくだけでなく、必要に応じて別室でお休みいただくことも可能です。

患者さまの負担を軽減した検査に努めております。腹痛や吐き気、胸やけといった症状がある方や、バリウム検査で要精密検査になった方はご来院ください。ピロリ菌検査で陽性となり、萎縮性胃炎が続いているため定期的なフォローをご希望の方にも対応させていただきます。

大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査の流れについて教えてください。

検査前はご自宅か院内で下剤を服用していただきます。ポリープが見つかった際は切除も可能です。


大腸内視鏡検査の当日は、下剤を服用していただきます。下剤の服用は、基本的にはご自宅で済ませていただいておりますが、不安な方は院内で前処置を行っていただくことも可能です。検査の際は炭酸ガス送気装置を用い、検査後の腹部膨満感や不快感の軽減につなげています。なお、多くの場合は鎮静剤も使用して行います。

検査時には、長めの病衣や紙パンツをご用意するなど、プライバシーにも配慮した検査を心がけています。検査中に大腸ポリープが見つかった場合は、基本的には組織検査のみの対応となります。ただし、事前に所定の場所にポリープがあると把握している場合や、大きさなどによっては切除も可能です。

当クリニックで対応が難しいポリープの場合は、総合病院などの医療機関をご紹介いたします。紹介先で切除を行ったあとは、当クリニックでアフターフォローもさせていただきます。

呼吸器内科

呼吸器疾患の2次検査、無呼吸症候群の診察に注力しています

呼吸器内科では咳、痰、血痰、息切れ、呼吸困難、胸痛などの症状がある方、健診で胸部レントゲンの精密検査を依頼された方の診察、検査を行います。

また、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療にも対応しています。睡眠時無呼吸症候群とは睡眠時に気道が閉鎖し、何度も呼吸が止まる状態です。夜間に頻繁に目覚める、日中の眠気などの自覚症状があり、睡眠時の「いびき」をご家族に指摘され、無呼吸症候群がわかった方もいらっしゃいます。放置すると高血圧症や循環器疾患を合併することもありますので、まずは現在の状況を早期に調べることが大切です。

睡眠時無呼吸症候群の検査では専用の器具を取り付け、睡眠中の呼吸の状態を調べます。重篤な症状であれば、必要に応じて精密検査を行います。治療ではCPAP治療(シーパップ:持続陽圧呼吸療法)を行い、機械の圧力で気道を広げることで睡眠時の呼吸を改善させます。

肛門外科

薬物治療、硬化療法、手術など、疾患に応じた治療方法のご提案します

肛門外科では、痔をはじめ、肛門周囲膿瘍、肛門周囲炎、肛門掻痒症(こうもんそうようしょう)などの肛門疾患を診療しています。疾患・症状に応じて、薬物治療、硬化療法、手術など、患者さまの症状やご希望に合った治療方法をご提案させていただきます。肛門の痛みや腫れ、かゆみ、血便などの症状がありましたら、お早めにご相談いただけたらと思います。

痔で悩んでいます。痔にはどのような検査と治療を行っていますか?

内視鏡や肛門鏡、直腸鏡で診断し、痔の種類などに応じて薬物療法や硬化療法を行います。


痔には、内痔核(いぼ痔)、外痔核、裂孔、痔ろうなどがあり、長時間座っていることが多い方や、食物線維の摂取が少ない方などに発症しやすい傾向にあります。診療では、種類や状態に応じた検査・治療方法をご提案いたします。

診断の際は、内視鏡のほか、肛門鏡や直腸鏡を用いて、患部の状態をしっかりと確認します。治療については、症状に応じて最初の2週間は薬を処方して様子を見るほか、手術による治療や、内痔核に対するALTA療法(硬化療法)なども行っています。

ALTA療法は内痔核に注射をして血流を遮断する治療法で、切除することなく改善を目指すことが可能です。日帰りもしくは1泊入院で処置を行い、治療後は経過観察のため翌日にご来院いただきます。その他、肛門周囲に膿(うみ)がたまる肛門周囲膿瘍を発症している場合は、切開による排膿も行います。

外科

お子さまからご年配の方まで、けがや粉瘤の治療に対応しています

外科では、小さなお子さまからご年配の方まで、主に擦り傷や切り傷、やけど、粉瘤などの治療を行っています。症状に応じて、縫合をはじめとする外科処置や日帰り手術にも対応いたします。日帰りでの手術は、経過観察のため定期的な通院が必要となります。

手・指については、浅い傷であれば縫合処置などにも対応しておりますが、腱(けん)や筋などが切れているような場合は、整形外科などをご紹介させていただきます。

粉瘤

皮膚の下に腫瘍のような塊があります。何かの病気でしょうか?

粉瘤が疑われます。粉瘤は日帰り手術による切除が可能ですので、一度ご相談ください。


粉瘤は、CT検査で見つかることも多く、放置してしまうと大きくなるほか、細菌の感染などにより炎症が起こる場合があります。基本的には切除となりますが、炎症が見られる場合は、切除の前に抗生剤による治療も行います。

粉瘤の切除は、日帰りで受けていただくことが可能です。術後については、状態に応じて通院していただき、フォローをさせていただきます。

植木外科クリニックの基本情報

診療科目 消化器内科 呼吸器内科 肛門外科 外科 胃腸内科
診療内容

人間ドック

住所
アクセス
  • 西鉄天神大牟田線西鉄平尾駅 徒歩5分 

西鉄バス 那の川2丁目停留所 下車徒歩約1分
西鉄バス 那の川停留所 下車徒歩約5分

駐車場有り(10台)

診療時間・休診日

休診日

日曜・祝日

土曜診療

9:00~12:30
14:00~18:00

※初診の方は17:30までにご来院ください。

※日曜・祝日は休診になります。

電話番号

092-534-5200

特徴・設備

特徴
  • 院内感染対策 院外待機が可能
待合室
  • 空気清浄器 加湿器 アルコール除菌
設備
  • バリアフリー 個室 駐輪場 駐車場
駐車場

駐車場有り(10台)

サービス
クレジットカード利用可
専門医
  • 日本外科学会認定 外科専門医
健康診断・検査
  • 内視鏡専門(胃または大腸)

掲載している情報についてのご注意

医療機関の情報(所在地、診療時間等)が変更になっている場合があります。事前に電話連絡等を行ってから受診されることをおすすめいたします。情報について誤りがある場合は以下のリンクからご連絡をお願いいたします。

掲載内容の誤り・閉院情報を報告

EPARKスタッフが見た
おすすめポイント

ポイント1

公共交通機関、お車でどちらでもアクセス可能

「西鉄平尾駅」より徒歩約5分、「那の川2丁目停留所」より徒歩約1分です。駐車場は10台あり、お車で来院することができます。

ポイント2

内視鏡検査に注力し、疾患の早期発見に努めます

内視鏡検査をしていただくと、ポリープの切除、炎症性疾患の治療までを一貫して行うことができます。消化器疾患の早期発見、早期治療につながります。

ポイント3

日本外科学会認定外科専門医の院長が診療

消化器疾患の診療に40年以上携わってきた院長が胃腸内科、消化器内科、呼吸器内科、肛門外科と幅広く対応します。

 

お気に入りの登録上限に達しました。
登録できるのは最大30件です。

お気に入り一覧へ