診療案内|浅野眼科クリニック

口コミ 64
写真 31
愛知県春日井市南下原町4丁目9-6 (地図)
  • 土曜診療
ネット受付
0066-9801-0027904

電話問合せの注意事項【必読】

春日井駅(JR)[愛知県]

浅野眼科クリニック

電話問合せ

0066-9801-0027904

電話問合せの注意事項

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。
※一部回線からはご利用いただけない場合がございます。ご了承ください。

 

電話問合せの注意事項

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARKクリニック・病院利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。
※一部回線からはご利用いただけない場合がございます。ご了承ください。

 

眼科

「一緒に治療をしていく」という想いを大切にしています

患者さま一人ひとりに合わせた治療を行います

当クリニックでは、患者さまの症状に適した治療ができるように、しっかりとしたコミュニケーションを取ることを心掛けています。診察の際にはご要望やご不安に応じた提案を行い、納得していただいたうえで治療に進むようにしています。また、患者さまの意見もしっかり聞き、さらにその意見を尊重して治療を進めます。これは、それぞれの患者さまに合った治療法が違うためであり、患者さまの求める治療を一緒に検討していきたいと考えているためです。

曜日によっては女性医師が診療している日もありますので、ご希望の方は一度お尋ねください。

白内障

目の中のレンズの役割をする水晶体が濁ってしまう病気を白内障と呼びます。当クリニックは高度先進医療施設にであるため、医療保険で先進医療特約がある方は手術代金の給付が受けられます。手術は局所麻酔、日帰りで行っております。(アフターケアなどがある場合は術後に通院が必要になります。)自動車免許の更新が迫っているなど、早く手術を受けられたい方は、お気軽にご相談ください。

白内障の治療では濁ってしまった水晶体の代わりに、人工のレンズを挿入する手術を行います。手術に使用するレンズは「単焦点眼内レンズ」と「多焦点眼内レンズ」があるので、患者さまのニーズに合わせて選ぶことができます。当クリニックでは手術は速さよりも丁寧さを重視しており、手術中は声をかけながら、また進行具合を説明しながら治療を進めています。

緑内障

緑内障とは視神経に障害をきたして、視野が狭くなる病気のことを言います。

緑内障は眼圧が高くなって引き起こされる事が多いですが、眼圧が高くなる要因にはさまざまなことが考えられます。中には眼圧が正常範囲内であるにもかかわらず、緑内障を発症する方もいらっしゃいますので、眼圧が正常な場合でも精密検査が必要な事もあります。

当クリニックでは緑内障の進行を抑えるために「点眼薬(目薬)」や「レーザー」、「手術」といった治療を行います。基本は目薬で眼圧を下げることになりますが、目薬でも成果が見られない場合にレーザーや手術を検討します。緑内障によって視野が狭くなってしまうと、元に戻すことができません。そのため、早期に発見して、患者さまにあった治療を早期に行う必要があるのです。なお、診察時には緑内障の病気や治療法について丁寧に説明いたしますので、何かご質問があればその都度確認していただければ幸いです。

加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性症(かれいおうはんへんせいしょう)は放置しておくと、失明にもつながる病気です。網膜の真ん中にある、色を見分ける「黄斑」に異常が生じる病気で、加齢や偏った食生活が主な原因と言われています。発症すると改善させる事が困難な病気ですので、食生活の改善などによる予防的治療が大切です。症状によっては抗VEGF薬の眼内注射で進行を抑える治療を行います。

基本的には、早期発見・早期治療が大切であり、中には眼内注射で視力が改善される方もいらっしゃいます。患者さまの症状に合わせた治療を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

糖尿病網膜症

目の奥にある網膜は、血管が多い組織です。糖尿病により高血糖の状態が続くと、網膜の血流が阻害され、出血が起きてしまいます。そのままの状態を放置すると、次第に目がかすんだり、視力が落ちたりして、最終的には失明することもあります。これが糖尿病網膜症です。

糖尿病網膜症は大きく分けると三つ(軽症・中等症・重症)の段階がありますが、当クリニックではその進行度の図表をお見せしながら、今の状態について詳しく説明させていただいています。この病気は糖尿病が関わっていますので、内科の医師とも連携し治療にあたらせていただきます。説明の際には内科の医師からも指導されている、「血糖コントロールの重要性」や「食事や運動の必要性」を再度お伝えしたうえで、「どこまで進行したら失明の危険があるか」などについてもお話しします。

患者さまにも現在の状態を知っていただき、失明のリスクを認識していただいたうえで、真剣にそれぞれの病気や治療に向き合っていただいております。

眼精疲労

眼精疲労は「目が疲れている」「目が痛い」などの症状で、場合によっては身体にも異常をきたす病気です。頭痛や吐き気など目に関係ない症状が出ることもあり、目そのものに原因がないことも考えられるので、しっかりと原因を調べる必要があります。

そこで当クリニックでは治療を行う前に問診を丁寧に行って、原因を見極めることに重点を置いています。最近では、スマホやパソコンの普及に伴い、幅広い年齢層(10代~)で、眼精疲労がおこります。眼精疲労がなかなか改善されないと思っていたら、実は原因が眼瞼下垂だったということもあるので、しっかりと原因を見つけたうえで治療を行うようにしています。もし、目に疲れがあるようなお悩みを持っていたら、一度当クリニックまでお越しください。

眼瞼下垂

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、まぶたが上がりにくい状態のことをいい、原因は大きく、先天性と後天性に分けられます。後天性の中でも多いのが加齢性(老人性)眼瞼下垂です。この他に「ハードコンタクトレンズの長期使用」や「神経麻痺(動眼神経麻痺や重症筋無力症)」や「外傷性」のものなどがあります。
問診により「神経麻痺」が疑われる場合は、その原因を調べる為、神経内科などで検査が必要になります。

治療は手術(保険適応)となります。当クリニックでは日帰り(アフターケアなどがある場合は術後に通院が必要になります。)で片眼ずつ、あるいは両眼同時に行っています。

日帰り手術は主に火曜日(第1、3、5週)の16:00~18:00の間に行っており、局所麻酔にて所要時間は片眼20分程度となっています。

浅野眼科クリニックの基本情報

診療科目 眼科
住所
アクセス
  • 中央本線春日井駅(JR)北口 車12分 

駐車場(45台分有り)

診療時間・休診日

休診日

木曜・日曜・祝日

土曜診療

9:00~12:00
15:30~18:30

※月曜日13:00~14:30は白内障の手術
※火曜日16:00~18:00(第1.3.5週)は眼瞼(まぶた)の手術
※木曜日9:00~17:00は白内障・緑内障・硝子体の手術

【通常診療休診日】木・日・祝日・土曜午後

電話番号

0568-83-0008

特徴・設備

特徴
  • 白内障日帰り手術
設備
  • 駐車場
駐車場

駐車場(45台分有り)

対応可能な症状・疾患など

症状・疾患
  • 斜視・弱視

掲載している情報についてのご注意

医療機関の情報(所在地、診療時間等)が変更になっている場合があります。事前に電話連絡等を行ってから受診されることをおすすめいたします。情報について誤りがある場合は以下のリンクからご連絡をお願いいたします。

掲載内容の誤り・閉院情報を報告

 

お気に入りの登録上限に達しました。
登録できるのは最大30件です。

お気に入り一覧へ